FC2ブログ

Home

It's Just Another Day

中嶋イッキュウ(Tricot)



商業化しちゃったイッキュウさん。



一度でいいからこんな女性に困らせてもらいたいと思わせるイッキュウさん。(笑)



サーカスを思い出させるイッキュウさん。



絵音なんて、、どう転んでもあんたのほうがすごいやろって思わせるイッキュウさん。


酔っ払わないと、寝床につけない、だれかさん。。


おやすみ。




Joe Walsh Funk#49



派手なソロとかないものの(だからあまり日本では人気がないのかな)、、
ジョー・ワルシュ、この人もうまいですよね。
イーグルスとでなはく、、ソロのギタリストとして、、また、ミュージシャンとして。



一度聞いたら忘れられないリフにメロディー、独特な声。
一方、ぼくがよくこの手の音楽を聴いていた80年代、、
イギリスがキースリチャードだったら、アメリカはジョーワルシュってくらい、ラリってるミュージシャンの代表格みないな存在で、
それが、この二人、いまも、まだ生きてるってことがすごいです。(もちろん、いいこととしてです。。)



ただ、キースはともかく、ジョーは2000年頃までにドラッグは断ち、
いまでは薬物依存症のリハビリセンターなどで自分の経験談を語る活動を行なっています。
っていうより、そもそもヤク中の頃から、「超」がつくほどいい人だったってよく聞きます。



きっと70くらいだと思いますが、今年はグレンフライ亡き後のイーグルズのツアーに参加したり、
まだまだ精力的に活動しているようです。 
ぼくもみたいなぁ。



ちなみに、、確か大学生の頃だったと思いますが、ぼくこの番組、ナマで見た記憶があります。

この頃は大学寮にいて、いつもどんちゃん騒ぎしていた頃です。

このDavide Lettermen Showってのが、確か夜の11:30くらいから始まって
まあ、夕飯たべてから4、5時間でしょ、、この頃にはお腹が減り始めて、
週に2回くらいはピザの配達お願いしてましたよ。

で、ショーも終わり、腹ごなしも終わり、1時くらいから勉強を始めるわけです。。

あれはもう30年以上も前の話。 

人生なんて、、まじ、うつろい、、、ってのがよくわかります。





Drop's コール・ミー



Drop's 二度目の登場。
これがロックじゃないとしたら、何がロックやねん、、って感じです。

メジャーになって、あまったるい系に走ってもらいたくない一方、
なんで、現時点でもっと有名にならないのか、、まったくをもってわからん。。。



「見たことない場所へ 行きたいと思ってる
終わりは今だけは ない ない ないことにしてさ
はじまりは今 何もかもを捨てたなら どこへだって行けるさ 嘘も本当もとびこえる 」

、、で、ボーカルは際立つ才能だとこと間違い無いんですけれど、、
僕、ギタリストも、すげぇ、、、うまいと思うんですよ。



というのも、僕が初めて買った本当のギターが、彼女が弾いているのと同じ、黒のレスポール。
これが重いんですよ。男の僕でも重いんですから、、
それを、ジミーページ並みに低く構えていて、、それに細身でちょっと猫背ちっくで、
ジミーページっぽくて、、というより絶対に意識してるんだと思うんですけれど。

だけど、真似は弾き方だけで、ページ以上にレズポールのトーンをうまく引き出してますよね。
フェンダーとかじゃ絶対こんな音でない、、 

今時の音楽、いろんなエフェクターにオバーダブされて、こんな音絶対聞けないじゃ無いですか。

最後のビデオは高校生時代のものらしいですけれど、ほんと「原石」って感じ。


僕も高校時代、バンドやっていたことがあるんですけれど、
こんなのを見ると、楽器やバンドのヘタウマとかはさておき、
ぼくらはロックの本質的なものが、まったくわかっていなかったってことが、
あれから35年たって、、改めてきづかせてくれるビデオでした。。




TRICOT おやすみ



ベビメタから始まったぼくの日本のミュージシャン探検。
また、すごいのを発見しました。

あまりにも凄いので一曲目の歌詞も貼り付けさせてもらいました。
いつだって列車は ちょっとも待ってはくれない 大人になりたい私も まだ少女で居たい私も 構いはしない
時刻表には記載されない 月への列車が来ると聞いて いつものエナメル肩から離しはしなかったの
時が過ぎ和らいで 洗いざらい話せたって
幻の駅には 取り残されている 魔法があるのよ 明日からは いつもとは違う景色が見れるから
今日はもう おやすみ
秘密基地に託した パスワードを掘り当てて 感覚さえ取り戻せたら 可能性は薄れたりなんかしな い あの月へゆける
幻の駅には 残されている 魔法があるのよ 貴方だけに こんな時間に起きてちゃ ほらまた泣くでしょう?
今日はもう、おやすみ
いつだって列車はちょっとも 待ってはくれなかった けど また明日、お休み



なんとなく、過去にもテレビやどこぞやで聞いたことがあると思うのですが、
その頃は、日本の音楽なんて、とにかくなんでも違うことやりゃいいじゃん、、
くらいしか考えておらず、まじめに聞いたことなかった、、、のがほんとのところ。



このバンドだって、なんと2010年くらいからやっているんだって。
面白いことに、Youtubeとか見てると、コメント欄はBand-MaidやBabymetalとか同じく、外人ばかり。
、、、って、外人の方が音楽がよくわかるってことを言いたいんじゃなくて、
自国の音楽とは違う、なにかを感じるんでしょうね。



その何か、、ってメロディー的なものじゃなくて、
何か、ロック系の本質的なものというか、、 あちらの音楽はあまりにも商業的なものに走り過ぎてしまった、、
一方で、、これこそゆとり教育が成せる技なのか、商業的な成功はともかく、
とにかく自分の好きなものに突っ走るっていうのか、、



だから、音楽的には全然違うんですが、こちらの音楽も
この前、あげたDrop'sに通じるものを感じます。



にしても、こちらのバンドは、音楽理論とかわかったうえで、こんな音楽やってるんでしょうね。。
変拍子の嵐で、楽譜みて弾こうと思ったら、音楽学校とかいってなきゃ感覚だけじゃ弾けない代物です。
それに、これだけの変拍子つかっていても、それを嫌味なく使えてるってところが凄い。



いやあ、、まじ凄いな。


文桂人(純米酒) 高知 日本酒 

  • Posted by: bonzofire
  • 2018-08-05 Sun 20:59:22
  • 未分類


今日のお酒は、、前回に引き続き、文桂人の純米酒です。
この前のがすっきり爽やか系、、
今回のは、ちょっとねっとり爽やか系、、って感じですかね。

P1540289 (1)
P1540295.jpg
P1540292.jpg

そして、今日の晩御飯。
きゅうりともやしとささみをゴマドレッシングで和えたもの。
刻んだ梅干しにかつをぶしとすりゴマをきゅうりと一緒に和えたもの。
ささみを茹で汁(生姜とネギ)にザーサイのきざんだのとマロニーを投げ込み、最後に溶き卵を投入、、

夜にご飯をいただくことがほとんどなくなってきました。

P1540301.jpg

だけど、お酒はやめれん。。


Index of all entries

Home

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top