FC2ブログ

Home

It's Just Another Day

ショルダーバッグ 三河木綿刺子織



今持っているショルダーバッグが、、かなり年季物で金具の一部が外れて無くなってたりするので、
交替要員としてこちらを購入。
格子模様がかっこいいかなと。

P1680252.jpg

結構分厚い生地なんですが、意外にも柔らかくて、体にフィットするような感じなので、いい感じです。

P1680260.jpg


オランダ・ベルギー 6-6 クレラー・ミュラー美術館 3


DSC_5775.jpg
DSC_5796.jpg
DSC_5836.jpg
DSC_5843.jpg
DSC_5853.jpg
DSC_5855.jpg
DSC_5862.jpg
DSC_5884.jpg
DSC_5887.jpg
DSC_5891.jpg

クレラー・ミュラー美術館、最終回。
ご覧の通り、ゴッホだけでなく、他にも多数印象派の名作を所有しております。
特に点描画のスーラとシニャック、、双方の作品が多数あります。

DSC_5911_20200810014450f88.jpg
DSC_5909.jpg
DSC_5913_20200810012227b30.jpg
DSC_5918.jpg

オランダ・ベルギー 6-5 クレラー・ミュラー美術館 2


DSC_5901_20200809193716df4.jpg

前回のみで、ゴッホを終えるのはもったいない、、と思ったので、もう一回。
上の二枚は、みなさんの知ってるゴッホ的な絵に近づいた象徴的な作品じゃなかったかな。
一般的に知られているゴッホの作品、絵の具べちゃ、大胆な色使いに、筆使い、、的な作品は、
彼の短い生涯でも、最後の5、6年くらいの作品で、それまでは、もっと説明的で、
スケッチ的作品がほとんどで、他の画家とかに比べてもそれほど特徴がある作品じゃなかったんですね。

この上の二枚は、そう言った意味で、ゴッホぽいんですけれど、みなさんの知ってるゴッホじゃないって作品だと思います。
背景はベタ塗りだし、衣服も後期作品に比べると説明的要素が強いといいますか。

そして、こちら(下)は、ごく一般的に知られている、これぞゴッホって作品ですね。

DSC_5814_202008091937203ca.jpg

下の三枚は、、上の一枚からパーツを切り取ったものです。
大胆な色使い、筆使い、、
部分だけみたら、殴り書き程度にしか見えない、、であります。

DSC_5813.jpg
DSC_5812.jpg
DSC_5815.jpg

前ネタでも書いたのですが、ほんとどの展示品も、一度はどこかでみたことのあるような作品ばかり。
日本だったら、、ほとんどこれら一枚だけで、展覧会が開ける、、って感じ。
いつになるのかはともかく、この美術館。絶対にまた行きたいです。

DSC_5801.jpg



山形県産つや姫ごはん無菌パック24個  庄内町  山形


P1680336.jpg

パックご飯って、ずいぶん前に食べた時の印象があまりにも悪くて、それ以来一度も食べたことがなかったんですけれど、
たまたま、うちがよく食べる「つや姫」米を見つけたので、いただいてみました。

で、いただいてみてびっくり。
そりゃ炊きたてとか、、そういうレベルではないし、やはりちょっとパック臭いの気にはなります。
しかし、まずくて食べられないレベルじゃないし
利便性とのトレードオフだと考えれば、普通に食べれるレベルだと思います。

自分が誤った印象を持ち続けていたのか、、時代とともに美味しくなったのか、、は定かじゃないですけれど、、

P1680344.jpg

今日は、Youtubeでみた、コウケンテツさんの10分でできるカレーを参考にカレーをつくってみました。
ポイントは福神漬けを初めからカレーの具として混ぜ込む、、



福神漬けの甘さが先に立って、そのあとに辛さが広がる、
お家で作るカレーにしては、味に厚みがました感がします。
それに、、セロリ、しめじ、余っている野菜も全部みじん切りして放り込めるし、
10分は無理ですけれど、煮込む時間がそれほど必要ないので、それなりに時間もかなり短縮できて、
かかる時間から考えたら上出来だと思います。

しかし、、、今日もっと重要なことを悟り(笑)ました。

僕はキーマ風のカレー、、はそれほど好きじゃないってことに。
キーマ風の方が胃に軽いかなと思ったんですけれど、せっかくカレー食べるんだったら、、どろどろ系の方がいいと。

P1680340.jpg


ふるなび
山形県庄内町
山形県産つや姫ごはん無菌パック24個

Sublime  麻布十番  東京


P1680290.jpg
P1680294.jpg
P1680298.jpg
P1680289.jpg
P1680300.jpg
P1680304.jpg
P1680307.jpg
P1680311.jpg
P1680319.jpg
P1680323.jpg

ちょっと前に訪れた、イノベーティブ、創作料理系レストランが楽しかたので、
またまたそちら系をいただいて来ました。

どちらかというと、こちらの方がイノベーティブ度、分子調理っていうんでしたっけ、、 化学実験度合いが強いかな。
と思えば、鴨のローストは王道フレンチもあり、プラス、ワインも上々、
この日のランチも上々、楽しかったです。
こんなお料理こそ一品ずつ説明できたら、、とも思うのですが、、 と書きつつ、
今日の僕の一番のお気に入りは、なんとサワーチェリーのデザートと、そのあとにでてきたプチフール。
サワーチェリーの方は、チョコとサワーチェリーをエスプーマ仕立てにしたクリーム、
あと、小菓子のチョコ。薄皮のチョコの中にはとろーりとした濃厚のマンゴーソース。 
もう一個ほしかったです。(笑)

食後にはシェフが話しかけてくれて、こういった系統のお料理のお話しなど聞かせてくれたのですが、
やはり、最後には予約が入らないと、、、話されていました。
今日のようなお店は、僕のように訪れる前日にしか予約を入れない人には、無縁のお店(ようは人気店)だと思うのですが、
シェフ曰く、コロナの影響から、今は週末の予約もなかなかままならないって、、
こんなに工夫されているのに、本当に悲しいことです。

Index of all entries

Home

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top