Home > きょうのぐち Archive

きょうのぐち Archive

太田記念美術館 月岡芳年 月百姿展


http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/月岡芳年%E3%80%80月百姿

今日は、明治時代の浮世絵師、よって最後の浮世絵師とも呼ばれる、月岡芳年の月百姿展に行ってきました。
詳しい解説は、上のリンク先で読んでください。

とりあえず、この月百姿展というのは、全部で100枚の月にちなんだ物語や説話を題材とした作品で、
平安時代や戦国時代の武将たちや絶世の美女、幽霊や妖怪、滑稽な戯画など
、様々な題材を用いています。
すべての作品に、画題は句がついていて、その解説を読みながら絵を鑑賞するのが楽しいです。

で、中でも今日見たかった作品はこちら、

tsukihyakushi_tukiokayoshitoshi_038.jpg

『はかなしや波の下にも入ぬへし つきの都の人や見るとて 有子』(1886年) 月岡芳年

描かれている有子さんは、琵琶が得意な厳島の巫女なのですが、都から参詣に来た偉い人に恋をしてしまいます。
しかし所詮は報われぬ恋。悲しみに暮れた有子さんは、琵琶を携えながら入水自殺してしまいます。

(大変恐縮です、イタリックは他のブログより無断で拝借させていただきました。大変申し訳ありません。)

とのことですが、、解説はともかく、この作品でどこに月があるかわかります?
月は、絵の波の左側、月の光が波を照らしているところで表現されています。
とてもいいセンスですよね〜。

tsukihyakushi_tukiokayoshitoshi_015-691x1024.jpg

eb39f8e5bd1713f8b1ddf3768a7dc95f--block-art-japan-design.jpg

adec5a37a53a59bb8164e83723a12875.jpg

lgp01a201403031200.jpg

いやあ、とても楽しかったです。

日本橋

P1460871 (1)
P1460851.jpg
P1460870.jpg

そういえば、この前新聞で、5千億円もかけて、日本橋の景観改善のため、
高速道路を地下化することことが可決される可能性が高い、という記事を読んだ。
そもそも老巧化修繕工事が必要なためで、どのみち工事が必要、
ただ、今のままの高架化のままの修繕工事の約4倍はかかるらしい。

確かに、50年前に、日本橋の上に、高速を通す判断、、ってどういうこと、とは思う。
しかし、だからといって、いまから5000億円をかけるだけの価値はあるのか、、とも思う。
(結局は五輪とかの予算と同じで、当初の見積もりが甘かかっとか想定外のなんちゃらで実費は数倍になるだろうし)

この日はたまたま、日本橋に近いお店で、一杯飲みながら川を眺めていたが、
フランスのセーヌ川沿いのような歴史的な建造物が並んでいるわけでもなく、
高速道路がなくなって見えるのは、雑居ビルばかり、、川もほぼドブ川に近い。
セーヌ川のように、観覧船が通すにも、川幅もないし、橋の高さもないので、できない。
なので、大阪の道頓堀みたいに川の一部を埋めて、歩道をつくれるくらい、

もっと他の使い方があると思うのだが。。

P1460849.jpg

心療内科 1



実は6月にシアトルから帰ってきてから不眠が続いたことから、
睡眠薬を処方してもらおうと近くの病院に行ったところ、
「あなたは軽い鬱の可能性があるので、ぼく(医者)は、睡眠薬を処方できない、、
一度、心療内科に行ってみることお勧めします、、」
なんて、言われまして、、まさか、自分が、、とは思いつつも、
その病院の先生がその時言われてたこと(今となればよくおぼえていないのですが。。)にも説得力があり、
生まれて初めて、心療内科を訪れることにしたのです。

P1450326.jpg

心療内科、といえば聞こえはいいかもしれないんですけれど、
実の話、ぼく的には、精神病院、、ってイメージしかなくて、
なので、ついにぼくもか、、って感じで、病院に行くこともそれなりにプレッシャーだったんですが、
このまま不眠が続くと、いずれつぶれる、、って思いもあり、行ってみることにしました。

P1450335.jpg

で、訪れてみると、、これがものすごい人。 
まるで、大学病院でもきたような感じ。
若い人からぼくと同じ50台くらいまでの男女、、 
それも、外見だけみてるとごく普通の人たちばかりでちょっと安堵。
しかし、たくさん患者がいる分、事前の予約なしに診てもらうことはできず、
実際の初診は、この三、四週間後になります。







自転車バイバイ

P1450227.jpg

今日自転車とバイバイしました。

新浦安に越してきたとき、駅からは遠いし、マンションに自転車置き場が整備されているので、
即座にママチャリ二台を購入したのですが、

どうだろう、、総走行距離10km未満?、、
乗ったのは購入してから2、3ヶ月くらい、、その後は約10年間、ほったらかし、、、

ただ、この度、自転車置き場の駐車器具のペンキ塗りがあり、自転車を動かす必要があったので、
今週末、約10年ぶりの再会となったわけです。

ま、見る前は、、ちょっと怖かったんですけれど、
案の定、タイヤは空気が抜けていて、鍵も錆びついて、動かない、、、
まさか、、そんな自転車にお金をかけて再整備することもないので、
そのまま市の粗大ゴミ課に相談して、処分させてもらいまいした。。

処分料820円。。


ところで、うちのかみさん、いまの神田でも、自転車を買うことを検討しております。。

一体、どこに行こうと思っているのか。。



気持ちの持ち方



日曜夜10時過ぎ、、
明日会社に行かなければいけない、と思いながらの夜10時過ぎ、
明日もう一日お休みがあると迎える夜10時、、
前者であれば、、なんて短い週末だったんだ、、明日からまた会社か、、なんて嘆いているんでしょうが、
後者であれば、、同じ二日間、特になにか充実したことをやったてなかったとしても
あぁ、結構休めた週末だったかなぁ、、なんて思えちゃう。

今の自分がそう。

同じ二日間であっても気持ちの持ち方で、こんなに感じ方が違う、、、

見方を変えれば、、

いまの時点で(日曜夜10時過ぎ)、実は今週は三連休じゃなくて、明日会社です、、って言われても、
落ち込むのが今からなので、、充実した週末をおくれたのかなぁ、、なんて思ってしまうんじゃないかな。

会社のこと(いやなこと)を考えながら過す二日間、
会社のこと(いやなこと)を考えずに過す二日間、

全く違う。


三連休でない、普通の週末でも、会社のこと考えずに過す事ができれば、かなり充実した週末が過せる、、

じゃあ、そうなるには、どうしたらいいんだろう。。





Index of all entries

Home > きょうのぐち Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top