FC2ブログ

Home > きょうのぐち Archive

きょうのぐち Archive

わたらせ渓谷鉄道 大間田駅→神戸(ごうど)駅 と 草木湖

DSC_5424 (1)
DSC_5425 (1)
DSC_5440 (1)

今回のバスツアーの目玉、、わたらせ渓谷鉄道でございます。。
先ほど、高津戸峡が綺麗だったので、こちらの鉄道への期待感が一段とアップしたわけでありますが、

結論から言うと、、
いい言い方すると、
念願だった、わたらせ渓谷鐵道に乗ることができました。
悪い言い方をすると、
とりあえず、わたらせ渓谷鉄道に乗ることができました。

とにかくですね、、
今回私が参加したツアーは、新宿発のコースなんですが、
ほとんど同じコースのツアーが、都内各所から出ていて、この大間田駅で合流するわけです。
結果、、狭いホームは団体ツアーの客で溢れかえり、電車は通勤ラッシュとほぼ同等の混雑状態。
なので、鉄道に乗っても、渡良瀬川は電車の侵攻方向の右側に流れていますので、
超混雑してるが故に、綺麗と言われる川沿いが見れるのは、、車内の右半分にいる人のみ。

DSC_5443 (1)
DSC_5431.jpg
DSC_5449 (1)

僕は幸い、座れはしませんでしたが、社内の右側で手すりを持ちながら、川沿いの景色を眺めることができました。
しかし、、じゃあ、これが絶景かと聞かれるとですね、、
そもそも紅葉には、まだ1、2週間早かったとは思うということを前提に読んでいただければと思うのですが、
きっと今年の台風のせいで、葉っぱの多くは色づく前に落ちてしまった、
そうでなかったとしても、杉みたいな木が多いので、それほど綺麗にはならないのではと思うこと、
確かに渓谷なんですが、それほど深い渓谷ではないこともあり、
圧倒されるような景観が続く感じではなさそう、、
まあ、いずれにせよ、混雑している社内の中から写真を撮る余裕はなかったです。

DSC_5451 (2)

わたらせ渓谷鐵道に乗ること約30分、神戸(ごうど)駅で下車し、そこから再度バスに約5分くらいのり、
今回のツアーの最終目的地、草木湖(渡良瀬川をダムでせき止めて出来上がった湖です)に向かいます。

DSC_5458 (1)

しかし、着いたのは、草木湖を鑑賞するポイントでもなければ、
高津戸渓谷みたいに遊歩道があるわけでもなく
(後で聞いたら、ここにも遊歩道はあるそうです)、
草木湖沿いに建っているお土産センター。。。
まあ、ツアー会社から見れば、一石二鳥ってことで、こちらに寄ったんでしょう。

ここで約30分もの買い物時間が与えられ、その後は東京に戻ります。
そうですね、東京には6時前には戻ったのではと思います。

これで旅行代金9000円くらいだったと思います。
電車で一人で行くと、片道3000円超、
しかし、バスだったら片道1時間半、鉄道はつなぎが悪いので約3時間超かかるそうです、、
それを考慮して9000円だったら安いでしょうか、高いでしょうか?
というより、値段の高安の問題じゃないか。。

とにかく、、あんまり難しいこと考えないと、
バスでの行き来の時間、久しぶりに、いつものように断片的に曲だけを聞くのではなく、、
何枚ものアルバムを通して聞けたりしたので、
僕的には、それだけでも楽しい時間を過ごせたんではと思っております。(なんのこっちゃ)

だけど、今度行くとしたら、今回みたいに、いろんなところに行く、とかじゃなくて、
行くところを限定したものに参加した方が、時間を有意義に過ごせるんじゃないかと。
また、次回は、きちんとツアーの集合場所を事前に調べてから出かける、、
これが本日習った二つのポイントですかね。

(下の写真:構図はともかく、暗いので細部は潰れ、色も微妙に変。 それよりも、すし詰めの電車に注目!)
DSC_5436_20191122220117b91.jpg


大間々神明宮 桐生 栃木


DSC_5292 (1)
DSC_5293 (1)

日帰りバスツアー、、は過去にも2、3回参加したことがあるので、
参加すること自体抵抗感はないのですが、今回の参加は、カミさんは仕事でいないので、
僕一人、おっさん一人、、ですから、参加するのにちょっと悩みました。

僕より若い人はきっといないし、僕みたいに男性一人参加もきっとないだろう、、
なので、そもそも変な人と思われるんだろう、は気にならないんですが、
僕より若い女性が一人で参加したりして、その人と席が一緒になったりしたら、
その人は嫌だと思うんだろうな、、なんてことを心配してたわけなんですが、

しかし、そんなくだらない心配事よりも、
まさかのまさか、、集合場所が見つからんのですよ。

集合場所のバス発着所は、都庁のビル下って書いてあって、
写真付きの行き方を説明した、ネットのリンク先が送られてたのですが、
こんなのは駅中の地図とかろくに読めないジジイババアのため、、
そんなの現地に行ったらわかるだろう、、と余裕のよっちゃんで都庁までは難なくついたものの、
そこにあるべき、バス発着所らしきものが見当たらない、
なので、地下道などの行き先案内を見ても、どこにもバスの発着所とか書いてないじゃないですか。
携帯の地図にも出てこないし。 
改めて、ネットのリンク先の写真を見ても、JR新宿駅から、
写真付きで、ここで曲がって100メートル直進し、この写真のところで左に50メートル、、
なんて書いてあるのですが、、そもそも、JR新宿駅からスタートしてたらわかるんでしょうが、
途中で参加となると、、その写真の場所がどこにあるのかわからない。
かといって、JR新宿駅まで戻ったら、確実に集合時間に間に合わない。。

こんな場所も見つけられないジジイババア(失礼な表現すみません)が何人かいるんだろうな、、
って鼻で笑っていた、、自分が場所を見つけられないという超弩失態。。

都庁の周り一周走ればり見つかるだろうっと思って走り出すも、結構広いんですよ。
結局、ビルの警備員みたいな人に聞いて、時間ギリギリに到着。
もちろん、他のお客さんはすでにバスの中。 
それも、旅先は東京より寒いだろう、、ってあったかい格好していたので、汗だく状態。

そもそもおっさん一人でちょっと変な人、、として見られるとは思っていましたが、
案の定、最後に到着して、それも、汗だくの姿を見て、
ここで、僕は、ちょっと変な人から、、確実に変な人、、に格上げになったこと間違いなし。

そんな中、僕の隣席になる可哀想な人は誰なのか、、ですが、
僕がこのツアーの参加を申し込んだのが出発する二日前で、
その時点で二席余っていたのですが、僕が一席を埋めた後の参加者はいなかったとのことで、
席は最後尾、そして隣席はオープン。
まあ、これは不幸中の幸い、、ということにしておきましょう。

とにもかくも、東京を出て、約一時間半くらいで、
桶釜神社に到着、10分くらいの観光(笑)で
次の訪問地、約3、40分くらいかかったかな、、大光山宝徳寺に向かい、
ここでの観光は30分くらい、
そして次に訪れたのが、この次の記事で紹介させていただく高津戸峡遊歩道、
今日の写真は、大間々神明宮というところで、この神社の後ろが遊歩道につながっているわけですが、
今から考えると、この神社も、今回の訪問場所となっていたのかと思います。
すみません、、私は遊歩道が目当てだと思っていたので、一礼しただけで遊歩道に向かってしまいました。

あっ、かなり慌ただしいツアーなので、昼食は移動中のバスの中ということで、お弁当が配られました。

DSC_5286.jpg
DSC_5291.jpg

オーデマ ピゲの時計


P1610546.jpg
P1610549.jpg
P1610548.jpg

引き続きオーデマ ピゲの展覧会での写真です。。
ここにでものっけないと、二度と日の目見ることないしね。

はともかくとして、、
こんな時計を腕にはめる、、どんな気持ちになるんだろう。
懐中時計なんてすっごいカッコがいいとも思うけれど、、
そんなものを使う、使いこなせる、自分が見えない。

こんな時計を買ったら、、きっとそれなりの背広、、でなくてもそれなりの衣服は欲しくなるだろうし、
車もポルシェとか乗らないとサマにならないし、、髭も伸ばしたくなるんだろう。
一方で、こんな時計してると、
マクドナルドとか吉野家とかは行けなくなるし、
飛行機もエコノミークラスに乗れなくなるかもしれない(考えすぎか。。)

だけど、程度の差はあるにせよ、、間違ってないよね、こういう考え方。













台風19号



三連休中日の夕食は、、またまたパスタ。
前日ほぐしたカニ肉を使って、、前夜はうちのカミさんがジェノベーゼソースに絡めて食べてましたが、
今日はそちらは利用せず、、たっぷりのねぎとガーリックだけのオイルベース物。

二日も続けてパスタネタなので、もしかしたら、毎日パスタばっかり、、食べてると思われるかもしれませんが、
イタリアンにせよフレンチにせよ、いただくのはいずれも外食ばかりで、
おうちでは、朝のパンを除くと、可能な限り炭水化物は食べないようにしています。

P1610223.jpg

うちではサラダは絶対。 今日は、オクラに刻んだシャインマスカットなんてのも混ぜてみました。

ワインは今晩も、ニュージーランドのカベルネ・ソーヴィニヨン。
カミさんによると、こちらの方が上等らしいけれど、、
前夜ものに比べると、こちらの方がどっしり感が増しています。
しかし、、その分、カベルネ・ソーヴィニヨンならではの、グレープフルーツを思わせるような
フレッシュ感が乏しくなっているようで、僕はどちらかというと前夜の方が好み。

P1610226 (1)

、、ところで三連休というのに、台風のせいで、土曜日はともかくとして、
日曜日もほとんど外出することもままならいことに不貞腐れ始めていたのですが
徐々に台風の被害を知り、僕からわずか1,20km先に住んでいる人ですら、
今回の台風でいろんなものを失った人たちのことを目の当たりにして、、
なんて自分都合で愚かなことを考えているんだと、、自分を恥じました。
申し訳けありませんでした。

今回の台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

急性胃炎



急性胃炎、、、なのかどうなのかわわからないのですが、、
昨日朝から急にお腹が痛くなり、せっかくの三連休の土曜日というのに、ほぼ一日ぐったり状態でした。

金曜日の夜、他者に転職し出世した同僚に赤坂の高級寿司に招待されたのはいいものの、、
それほどの量じゃなかったにもかかわらず、途中でお腹が張り、、、もうどう転んでも食べれん、、と。
それに、この日もそれほど飲んでいたとは思えないものの、焼酎ロックで三杯くらいで、、まわる、まわる。。
それを悟られないようにと、、脂汗状態。 
途中で、もう握るの辞めてとも言えないし、。
話の途中で、、ここらへんでお開きにしましょう、とも言えないし。。

まあ、それでも、どうにかその場は切り抜けて、ちゃんとおうちに帰って、、
うちに帰っては、お口直しにぶどうなんて食べちゃったりしてたんですけれど。。

本当の地獄は翌朝にやってきました。

それも起きた直後じゃなく、、起きてから2、3時間たってから。。

もう、お腹がいたくて、いたくて、、、たってることができない。

あまりにも痛くて我慢ができないので、
お昼前には近くの病院までいって、、ご覧の通り、5種類もの薬を処方されました。

そして、この薬を飲んでも、腹痛がしばらくとまることはなかったんですけれど、
その2、3時間後に白湯を飲んだら、急に痛みが緩和されました。。

それでも、いつも土曜日言ってるジムは行けなかったし、、
痛みが緩和されたと言っても、痛み疲れもあり、まる一日むだにしてしまいました。。

しかし、、大の大人が言うのもなんですけれど、、まじで痛かった。。

P1610117.jpg

Index of all entries

Home > きょうのぐち Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top