Home > きょうのそとめし Archive

きょうのそとめし Archive

Maison de La Bourgogne 神楽坂 東京



三連休中日、先週のドタバタ感からまだ疲労感抜けず、、かと行って何を食べないわけにも行かないので、
なんの目当てもないまま飯田橋に向かいお店探し。
いつも事前に予約をしてくるときは、今度来たらあそこに行こうとか、そんなお店が目に入るものの、
いざ、予約なしに出かけると、これが「ここ!」ってお店が見つからない。。

そんな中で見つけたのがこのお店。

なんと、お店のギャルソンは、みんな(きっと)フランス人。それも、かなりイケメン揃い。
それに店内もいい加減にカジュアルチックだし、ほんとパリのビストロにきたみたい。
(ただ、そのカッコがいいギャルソンと、、日本人のおばさんが一緒に写真を撮ったりしてるのは、、ですが。。)

ま、こんな感じなので、食べ物自体には、それほど期待もしてなかったんですけれど、、

これが、、意外(といったら失礼ですね。)に美味しかったです。
パリ版定食屋に来たって感じで、高級感とか全然ないですけれど、にしては、食べ物は上出来たと思います。

P1510897.jpg
P1510906.jpg
P1510900.jpg
P1510916.jpg
P1510912.jpg

お肉は、上が鴨肉、下が低温ローストの豚肉ですが、、肉厚で、ロースト加減も、かなりいい感じでしょう。
ローストポークの付け合わせは、マッシュポテトだったのですが、
どうもピーナッツとマスタードを混ぜ込んでマッシュしてあるようで、これも美味しかったです。

P1510922.jpg
P1510929.jpg

ワインも並々に注いでくれるし、お料理も、次々と出て来ますので、おしゃれ感とかに浸ることもないですけれど、
こんな感じ、僕的には好きです。 一時間もかからず食事終えることもできますしね。

P1510931.jpg


薩摩 牛の蔵 四谷 東京



焼肉、、ってそういえば、去年年末にも行った事を思い出しました。
こちらは、、一昨日行った体育会系のお店ではなく、もっとまともなお店です。

店長さんも、お肉について色々説明してくださり、
残念ながら話してくれた内容は、いまとなればもうちんぷんかんぷんなんですれど、
地元(鹿児島)を盛り上げたい情熱感、、だけは今もよく覚えています。

P1500450.jpg
P1500453.jpg
P1500455.jpg
P1500457.jpg
P1500465.jpg
P1500469.jpg
P1500471.jpg
P1500478.jpg
P1500485.jpg
P1500487 (1)
P1500494.jpg

蛍 神田 東京 2018/2

P1510834 (1)
P1510833.jpg
P1510839.jpg
P1510842.jpg
P1510845.jpg
P1510850.jpg
P1510857.jpg
P1510864.jpg
P1510868.jpg
P1510873.jpg

酒もうまい、肴もうまい、、
それに居酒屋にありがちな、埃っぽくて安っちい店内でもないし、
土曜日夜ともなると、酩酊したサラリーマン軍団もいないし、客層もぼくらの年齢層だし、
開放感もあるので、無駄に長居しようとも思わないし、
それに安いとなると、、

自然と足がこちらのお店に向いてしまいます。



チ⚪︎ボ 神谷町 東京



この日はかみさんが、友達と虎ノ門になかなな手に入らないクッキーを買いにいくとかで出て行ったので、
ひさしぶりの独りランチ。 となると、かみさんとではなかなか行けないB、C、D級ランチをと、
神谷町まででかけたのですが、雑誌によく紹介されているようなお店は、どこも行列ができていまして、、
なんじゃいこれは、、、ですよ。

そこで訪れたのが、ここホワイトカレーのお店。 チャボさんです。
ちょっと前にいったラドリオさんの斜交い向いにあります。

前から、このホワイトカレーが食べたかった、、んですが、
とにもかくも、行列ができてなく、即入店できるってことがよかったわけですが。。

その理由は、、なんとなくわかったような気がします。

P1510822.jpg

マカロニ三つに、業務用フレンチがかかったキャベツの千切り。

P1510825.jpg

カレーは、牛乳にカレー粉を混ぜた、、だけではないくらいのカレー味はでていますが、、
牛乳感の方がはるかに強く、、まあ、何がホワイトカレーの定義なのかはよくわかりませんが、
これはカレーというより、カレー風味、、といった方が。。

具は見てのとおり、かなり固め(ルーの汁感が強いので固めにしないとべちょべちょになっちゃうからでしょう。)
のターメリックライスと、硬く茹でた塩味の効いた豚肉3切れ。
この豚肉、いい塩梅に味が凝縮されていて、茹で豚というより、干し肉を茹でた感じです。
わるくはないですけれど、見た目が貧素すぎて。。

P1510830.jpg

これに飲み物飲み放題がついて950円は、、


匠上 日本橋室町 本家  日本橋 東京

P1510789 (1)
P1510793.jpg
P1510798.jpg
P1510803.jpg
P1510805.jpg
P1510811.jpg

クソみたいにハードだった週の最後を飾るのにふさわしい、、金曜日の夜は、 8キ29!

まあ、20年前だったらそんな感じだったのかもしれませんが、、

もう50超になると、、夜に焼肉はつらいです。 まじで。

だけど、、この日は、このお店にいかざるを得ない理由がありまして。。

で、想像していた通り、ハードでした。

もう1年は焼肉、みなくても、全く大丈夫だと思います。



Index of all entries

Home > きょうのそとめし Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top