FC2ブログ

Home > きょうのそとめし Archive

きょうのそとめし Archive

あけびの実 御茶ノ水 東京



ちょうど先週、僕のアメリカに住んでる叔父叔母夫婦が日本に来てまして、
僕が休みだったこともあり、一緒にここでランチさせていただきました。

こちら「あけびの実」さんは、和食を中心としたビュッフェ形式のお店で、
確かお一人1600円くらいだったかな、お値段も手頃ということで、テレビでも何度も紹介されているせいもあって、
平日でも予約なしでは、入店できない可能性大。

こんなこと書きながら、僕はビュッフェ形式が苦手なんですが、
どうしても、親戚がここに行きたいので予約しておいて、とお願いされたので、
僕らは問題なく入店できましたが、入店を断られていたお客さんも結構いました。

ということで、僕もせっかくなので、洋物チックな揚げ物は避け、和物を中心に二皿フルいただきました。

こちらの他にも、各種天ぷら、デザート系、カレー、スパゲティーなどなどあったと記憶しておりますが、
それらはすべてパス。
ついでに、ご飯もパス。

と言っても、、この二皿食べたら、もうお腹いっぱい。

で、これだけで1700円の価値があるか、、と言うと、、どうなんでしょうね。

僕の倍くらい食べればともかくとして、本日いただいた僕の量だと。。

あ、、お味の方はと言いますと、、申し分なかったです。
普通に美味しかったでございます。

IMG_2352.jpg

ちなみに、、写真はiPhoneですが、、まあまあ結構綺麗に撮れますよね、
特に、こんば豚露愚に乗っけるくらいのサイズでしか見ないというのあれば、、
もうコンデジも持ちあるのもめんどくさいからやめよなかな。

新世界菜館 神保町 東京



今日のランチはこちら。
ただ、日中の用事が予想外に延びて、入店したのは3時半。
何をいただきに来たのかというと、、今流行り(?)らしい、中華カレー
それに排骨が乗っかった、排骨カレー

中華カレー、、というのは、和風カレー(蕎麦屋とかでいただくやつね)が出汁でといているのに対し、
中華カレーは、鶏がらスープが元になっているそうです。

で、お味は、、というと、、すいません、
僕の味覚では、和風カレーと中華カレーの区別をつけることができませんでした。
なので、僕的には和風カレーって美味しいと思うので、そうなると、こちらも美味しい、、と感じたものの、
とくに目新しい味ではありませんでした。
気になること言えば、、結構、ウースターソースを入れているところですかね。

しかし、、、そんなこともよりも、ここも量がとんでもないくらい多いのです。
ボリューム的には、一昨日行ったキッチン南海よりも多かったのではと思います。

カレーを注文した後、ここ二日間続けて”量”に悩まされていたので、
もしかしたらここもてんこ盛り?って頭をよぎったのですが、
この新世界菜館って、ここも老舗ではありますが、
どちらかというと、夜とかはコース料理が中心となるような中華レストランなので、
前二店のように、サラリーマンの胃袋を満たす、、にポイントを置いているとは思えないので、
きっと、カレーの量は、今日は心配に至らないだろう、、、と思っていたのですが、、
見事、予想を裏切られてしまいました。

ここのカレーの量、、キッチン南海を上回る多さです。
ということで、もし今度ここに来ることがあれば、ご飯の量少なめ、ではなく
僕的には半分にしてもらっても十分な量だと思います。

だけど、一般の人たちは、こんなにたくさん食べてなんとものないのですかね。
僕が少食??  これでも、体重増加に悩んでいる僕ですからね、、そんなことはないと思うのですが。
皆さんの胃袋はどないなってまんねん、、ってかなり疑問。

結局、、完食しましたが、、 半分くらい減った後は、惰性で食っていただけです。
で案の定、その後も苦しくて、苦しくて、、 やはり、今晩も夕食抜きとなりました

P1620098.jpg

独一処餃子 葛西 東京


P1620072.jpg

この日は、葛西に用事があったので、、
その大昔、旧浦安に住んでた頃、何度か行ったことがある、こちらのお店でお昼をいただきました。

ここに来るのは、きっと20年ぶりかもしれない。。
その昔、水餃子とちょっとしたつまみっぽいお料理が美味しくて、
旧浦安から、、というより、会社から帰宅途中、葛西で下車して、ここで食事したことが何度かありました。

だけど、今日は昼食なので、ランチ定食がメイン。
それに、一人となると、アラカルト頼んでも、食べられる量も限られているので、、
しょうがないので、
卵とトマトの炒め物定食と、単品で焼き餃子をいただきました。

で、ちょっと期待していた炒め物は、、
トマトはたっぷり、卵の炒め方も丁寧、なのですが、
油とケチャップ入れすぎやろ、、とにかく濃い味。

餃子は、具そのものは美味しいのですが、
中身の具が少ないのに対して、皮が厚すぎ、弾力がありすぎ、、バランス悪すぎと思いました。
餃子皮がメインで、それに具がちょこっとのってる感じです。

だけど、そんなことよりも、、、もっと困ったちゃんが、、
ここも量が多い。

この炒め物の写真じゃわからにかもしれませんが、もの凄い量。(トマトの大きさからサイズを想像してください)
そもそも、この炒め物って、
そんなにたくさんの量を食べれるものじゃないですよね。だって、卵とトマトだけですからね、
そんでもって、追加で焼き餃子まで頼んじゃったわけですからね。 それも、厚皮の。

で、昨日のカレーに引き続き、苦しまみれに完食し、
結局、この晩も、夕食は抜きにしました。

このお店。 僕の記憶と唯一変わっていなかったこと。
それは とっても愛想の良い、番頭のおっちゃんでした。

P1620075.jpg
P1620077.jpg

キッチン南海 神保町 東京



神保町でもかなり老舗に類するキッチン南海の名物カレーを頂いてきました。

この日は行列を避けようと、到着したのは11時15分くらいでしたが、
店内はすでにほぼ満員。 並ぶことはありませんでしたが、僕の後は二つ席が残っているだけで、
僕が着席した20秒ごには埋まってしまいました。

店内は、超昭和。
カウンター越しのキッチンには、三人ぐらいの職人さんが一心不乱に仕事やっていて、
ホールには、女性二人+背中の曲がった大おじいちゃん(創業者?)が店を仕切っていまして、
、、なんかこれによく似た光景をどこかで見たことがあるような、、と考えたら、、
そう、、大阪の自由軒を思い出しました。

にしても、さほど大きくない店舗の中にオープンキッチン、お客さんでごった返し状態、、
4人がけのテーブルも、隣の人との距離、前の人との距離も極近です。
それが良くない、、と言いたいのではなく、そういったお店ということです。

カツカレー注文後、、そうですね、こんなごった返しのお店にも関わらず、
どうも注文後にカツを揚げ始めるので、ちょっと待ちます。。 
その間、前に座っていた人が、エビフライと生姜焼きを盛った定食をいただいていたのですが、
量が凄まじいんですよ。。ご飯がてんこ盛りなんです。

こちら、それほどお腹が減っていたわけでもないので、その後待つ間、
「すみません、僕のご飯少なめ、、にしてもらえないでしょうか、、」と、言いたいのですが、
勇気がなくて、、
結局、そのまま普通のをいただくことになったわけですが、
やはりすごい量です。 ご飯だけでなく、カレーも。
正直、ご飯少なめ、じゃなく、ご飯半分でも僕はオケーだったと思います。

そして、カレー。 いかがでしょう、このどす黒い色。

物凄い濃厚で、見てるだけで胸焼けしそう、、、って思うのですが、、、
これが、驚き桃の木山椒の木、、全然濃厚じゃないんですよ。

それも、これカレー?? デミグラスじゃないのって思うくらい、カレー味が主体になっていないんです。
じゃあ、何、、と言われると、、やはりデミグラスでもなく、今まであまり味わったことのない味なんです。

しかし、、これがなんとも味わい深い。。
薬膳? ソースっぽい味もしないし、相当色んな野菜を煮込んで、それを最後に、カレー粉で味をまとめている?
とにかく、カレーの味は、どちらかというと、味の主体じゃないんです。

なので、初めは、ちょっと物足りないような、、感じもしないでもないのですが、

このちょっとスーピーなカレーが、揚げたてのカツによく絡み、
ご飯はご飯で炊きたて、いい加減なご飯じゃなくて、ご飯そのものも美味しく、
何だろう、、高級感はありません、かといって、
一口食べて、こりゃ美味いカレー、って華々しい感じもありません。
しかし、食べれば食べるほど、、何だろうジワジワっと、うん、これは美味しい、、って感じに変わっていきます。
ま、何れにせよ、このカレーは、おうちでは、到底真似できないと思います。
というより、こんな味にまず仕上げる、ってことを、このカレーをいただくまで、想像できないと思うほど、
独特なカレーであります。 いや、これはカレーじゃないです。 カレー風味の何かです。(笑)

で、これが750円なんです。 とんかつなしだと550円。 嘘でしょ?って価格設定。
それに、他のメニューも、ほとんど750円から850円。
きっと、他のメニューもかなり高レベルだと思います。
そりゃ、、流行らんわけないです。

並びたくない、隣の人と肩をすり合わせながら食べるのが嫌、食ったらとっとと出て行かないと感が嫌、
などいろんな理由があればともかく、、

しかし、、このお店で、もひとつ驚いたこと。

みなさん、ものすごい食欲。 僕のカレーで普通で、それでもかなり苦戦したにも関わらず、
結構大盛りを頼む人もいて、みんな問題なく完食されるんですよね。。
特にサラリーマンさんたち、、こんなにお昼食って、その後仕事になるのかな、
なんて、不思議に思っちゃいましたよ。
というのも、、食後、血糖値が上がったせいか、一時間くらい昼寝せざるを得なくなりました。(笑)

次回行ったら、とにかく絶対にご飯少なめ、これだけは絶対、必須。

P1610913.jpg
P1610918.jpg

DevilCraft 神田 神田 東京



クラフトビールとシカゴスタイルのパンピッツアで有名な、デビルクラフトに行ってきました。
早速、クラフトビールに、ポップコーンシュリンプ、バッファローウィングス、
アメリカを代表するバーフードを注文。

P1610724.jpg
P1610742.jpg
P1610730.jpg

そして、待つこと約20分くらい、、きました、きました、、パンピッツアが。
直径15cmないくらいの小さなピザですが、厚さが2、3cmあるかな。
マジな話、これ一枚、僕一人では食べきるのは難しいかも。

P1610733.jpg
P1610736.jpg
P1610738.jpg

オレガノが効いていて、美味しいですが、、だけど一度食べたら、次はシカゴに行くまで、我慢できるかな。



Index of all entries

Home > きょうのそとめし Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top