FC2ブログ

Home > きょうのそとめし Archive

きょうのそとめし Archive

リストランテ・マッサ 恵比寿 東京 2019/9


P1610004.jpg
P1610007.jpg
P1610018.jpg
P1610024.jpg
P1610012.jpg
P1610026.jpg
P1610029.jpg
P1610033.jpg
P1610039.jpg
P1610041.jpg
P1610050.jpg
P1610042.jpg
P1610051.jpg
P1610048.jpg

こちらのお店。二度目です。
一度めはhttp://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-2888.html

今日は、恵比寿近辺で用事があったのと、カミさんが美味しいパスタが食べたい、、というので、
再度訪れさせていただきました。

前回、こちらのシェフは、「料理の鉄人」のイタリアンシェフだったと、お話しさせてもらったのですが、
なんと、、、今年の春に、事故で亡くなられ、今はシェフの奥さんが引き継いでいるそうです。

お食事は、カミさんが期待していた通り、たくさんの種類のパスタをいただき、
また、この日も美味しいワインを一緒にいただきました。
特筆なのは、シャルドネ(白)、、シャルドネとは全く思えないどっしり感、
それに食後に頂いた、さくらんぼのデザートワイン、、これは美味しかった。

恵比寿には、それほど行く機会がないのですが、またぜひ伺わせていただきます!

P1610058.jpg

RISTORANTE CAVACAVALLO 原宿 東京



今週も先週末に続いて、原宿のイタリアン。
ここ最近、イタリアのワインに楽しまさせてもらっているので、、今日もと。。

しかし、、先週の原宿の喧騒からかなり裏に入った清楚な住宅街の中のお店と違って、
こちらは、買い物客は観光客でごった返す、明治道路沿い、、
こりゃ、、店選ぶの間違ったかなと。

店内は、15人くらい入ると満員の、こじんまりとしたお店。
僕らが最後で、満員でございました。

しかし、、僕らの席は、お店の入り口の真ん前、、
その上、、なんとこのお店、シェフ一人と、ウェイトレス一人。。
もうかみさんの顔には眉間の皺、、ほとんど、「キャンセルしなよ」って言いたげそう。
  
P1600710.jpg

で、想像していた通り、いつになったらお料理が、、って展開にはなりましたが、
それでもツーオペにしては、結構手際よく仕事されていて、
かつ、お料理も美味しかったです。。
一人のシェフにも関わらず、ワインの説明にも来てくれて、、
何より、ウェイトレスは、ほんとよく頑張ってらしたと思います。

そして、今日も、珍しいワインをいただくことができて、、結構満足。
Nosiola(ブドウの品種)なんて聞いたことないかも。 (ドロミテ地方の土着物らしいです。)

P1600714 (1)
P1600718.jpg

パスタは、、ポルチーニじゃなく、松茸。

P1600724.jpg
P1600729.jpg

こちらのラザニアがこのお店の看板メニューだそうです。
カミさんは、ズワイガニ、僕は、定番のボロネーゼ。
だけど、、このラザニア、、どこかで一回食べたことあるな。。 どこだろう。

P1600734.jpg
P1600736.jpg
P1600737.jpg
P1600741.jpg
P1600739.jpg
P1600744.jpg
P1600747.jpg
P1600749.jpg

しかし、、原宿は、、もうしばらくいいわ。

八尾勇 神田錦町 東京


うちの近くに、一年くらい前にできたフレンチ。
一年前に出来たばかりというのに、すでにミシュランに載ってるとかで(本当かどうかは知りません。)、
カミさんが、前から「行きたい、連れて行け、このやろー」って感じだったのですが、
ちょっと前に行ってみました。
雑居ビルのB1で、、こんなところに、本当にお客なんて来るんかいや、、って思っていたら、
店内は、ほぼ7割くらいの入り、、おそるべしミシュランって感じかな。。
P1600175.jpg
ちなみに、この近所が実家の女性とよくジムで会うのですが、「店名の八百勇っていうのは、
昔、この近くで八百屋さんをやっていて、その息子さん(このお店を経営)の名前が勇らしく、
だから八百勇って言うのよ!」って教わりました。
P1600178.jpg
そのせいか、、付け合せの野菜にも相当こだわりがあるようで、とても美味しかったです。
ちなみに、スープは、スイカのスープに、、濃くを出すのにだと思いますが、くるみと、
あとアクセントに、酢漬けしたレッドオニオンの刻んだのが入っていましたが、とても美味しかったです。
P1600183.jpg
P1600188.jpg
P1600190.jpg
P1600194.jpg
P1600197.jpg
P1600202.jpg
P1600201.jpg
P1600206.jpg
で、感想ですが、、それなりにきちんとした仕事されていて、美味しいとは思ったのですが、、
前菜二つ、魚料理の後に、出てきた肉料理は、、なんと鴨のコンフィ(素揚げ)。
流石に、、50台半ばのおじさん、おばさんには、、かなりきつかったです。
この量でお昼だったらともかく、、夜だけしかやっていないようです。
ということは、次回は、、なかなかないでしょうな。。
P1600214.jpg

ポンチ軒 小川町 東京


P1600663.jpg
P1600665.jpg

ヒジョーに珍しく、カミさんがトンカツ食べたい、、それも平日の夜に、、というので、、
前から行きたかったポンチ軒に行ってきました。

ここら辺界隈、結構美味しいとんかつ屋さんがたくさんあったのですが、
そのほとんどが、後継者がいないとか、、で無くなっていく中、こちらはまだ健在。

カミさんがそもそも揚げ物はデブるということと、週末は行列ができてたりしてることが多い、
のダブルネガティヴでとんかつは、ほとんどいただけないのですが、、
なるほど平日の夜であれば、少なくとも行列はできてませんでした。

肝心のとんかつ、、ひれかつの並をいただきました。 確か1800円だったかな、
上が2500円くらい。 平日の夜からそこまで贅沢せんでいいやろ、、、ってケチりました。

なるほど、、衣はサクサク、、 
揚げ油は、なんだろ、、全く癖がないというか。
これがトンカツ?って驚くくらい、軽く揚がっています。

また、ヒレにも関わらず、、中身はしっとり。 絶妙な揚げ加減。
ただ、お肉自体に、それほど風味は感じられなかったかな。
ちなみに、ぼくは、トンカツソースはほとんど使わず、、塩派です。
ちょっと前に、塩でいただいてからは、もうトンカツソースは無理、、になっちゃいました。
ただ、まずいトンカツは、塩だけではいただけませんがね。。

とにかく、、安いほうを選んだので、あとでカミさんに罵倒されましたけれどね。
「おんなじカロリー摂るのだったら、普通、高い方頼むやろ」って。
だけど、カミさんも大満足だったので、近くまた行けそう。。 その時は、上の方を食べよう。

というかみさんは、ミックスフライ。 ヒレとホタテとエビとメンチカツだったかな。

P1600658.jpg
P1600657.jpg

リストランテ・ダ・フィオーレ 表参道 東京

P1600521 (1)
P1600523 (1)
P1600527.jpg
P1600528.jpg
P1600532 (2)
P1600541.jpg
P1600535.jpg
P1600542.jpg
P1600555.jpg
P1600552.jpg
P1600559.jpg
P1600565.jpg
食べて美味しい、飲んで美味しい、見て(器など)楽しいランチでした。
ギャルソンもいい感じの人で、ワインも美味。
ちょっと前に行ったお店と同じく、かなり個性的なワインを揃えていて、
今となれば一つずつ感想書いていった方がいいかなって、、
と書きつつそんなことできる性格じゃないですけどね。
イタリアン(かみさん好み)、フレンチ(ぼく好み)と、交互にランチ行ってるような気がするですけれど、
たまたま偶然なだけかもしれませんが、
フレンチでいただくワインの方が総じて美味しいような気がするのが理由で、僕はフレンチ派なんですけれど、、
ここ二回のイタリアンでいただいたようなワインだったら、パスタも楽しめるイタリアンの方が楽しい。。
そういえば、ワインが美味しいイタリアンと言えば、、曙町のイタリアン、、もしばらくの間ご無沙汰してるな。
また行かなくっちゃ!
P1600519 (1)

Index of all entries

Home > きょうのそとめし Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top