FC2ブログ

Home > きょうのビデオ Archive

きょうのビデオ Archive

Michael Jackson Solo Guitar Collection!

今回はちょっと変わった試み。
今まで、複数のアーティストが同じ曲をやっている演奏を集めたビデオってのをやってきましたが、
今回は、
複数のソロギタリストが、マイケルジャクソンの曲ばかりを演奏しているのを今回集めてみました。

そのきっかけとなったのが、この下の「スリラー」、、に偶然昨日出会ったから。ものすごい演奏です。













どの演奏も神がかり、、と言いますか、たくさん練習したから弾ける、、そんなレベルは逸脱していると思います。
ちょっとばかりギター歴のある私ですが、、まあ、僕だったら100年練習しても、絶対に弾けないです。

しかし、、これら今回のビデオを見て、一番驚いたのは、、ギタリストではなく、
マイケルジャクソン、、、そのものです。
どの演奏も、、マイケルが歌っているように聞こえると思うのですが、
これは裏を返せば、、それだけマイケルの音程がパーフェクト、全くブレがないから、、だと思います。

Steve Winwood



何十年ぶりかにSteve Winwood を聴いています。



ミュージシャンから好かれるミュージシャンと言いますか、、
イギリスには、いろんな有名なミュージシャンのインタビューの中で紹介されるんですが、
その割にはあまり知られていない、、  そんなのを代表するミュージシャンだったんじゃないかなと思うんですが。
すくなくとも僕がアメリカで高校生だった頃はそんな感じだったのですが、
日本ではもしかしたらそれなりに人気ありましたかね?



英カントリーをベースにファンクぽい部分あったり、(すくなくともその頃は)先鋭的だった、アーバンポップぽいところがあったり、
高校時代の一夏、アイダホのど田舎で1ヶ月くらい住んだ時に、すごいハマりました。



これがまた、、想像を絶するど田舎で、、 テレビもよく見えない、、一番近くのお店には車で約20分とか、、
トイレは原っぱに穴を掘って、そこにほったて小屋みたいなのを乗っける、、
なので、使っているトイレ小屋の横に2メートル間隔で3、4つ、明らかに穴を埋めたような痕跡があるのですが、、、、
ようは、満杯になると、それを埋めて、横に移動する、、 笑えるでしょ?



そんなど田舎で、、お日さんの下で、葉巻なんて吸いながら、、こんな音楽を聴いていたことを思い出しました。。

Queen



昨夜(金曜日)、いまブームとなってるらしいQueenの映画みてきました。
もちろん、Queenは大好きなんですけれど、この手の本人でない人たちがやってる映画ってのは僕的には微妙で、
当初は全くみたいとも思っていなかったのですが、
カミさんが何がなんでも見るべきっていうので、気持ち半分で行ってきました。



結論から言うと、予想していた以上に面白かったです。
もちろん、あれだけのバンドのストーリーを2時間くらいの時間にまとめることができるわけもないし
映画仕立てにするために、これ本当?って場面が何個もあったりするんですけれど、それでも面白かったです。



で、先の展開がわかるような映画の何が楽しいかと言うと、、
こんな風にストーリー仕立てで見ると、
たとえ半分似てるようで似てないキモイ俳優とか、
かなりデフォルメされているんだろうなぁストーリーであったとしても、
音楽の背景にあったものが垣間見えたりして、単に音楽を聴いている以上に楽しい、、
ああ、なるほど、、って感じになっちゃうんですよ。



あと、意外な発見として、
金曜夜9:30の映画だったにも関わらず、館内満員。 へぇ、こんなたくさんの人が映画見に来るんだって。。
客層は、、20代が大半、、へぇ、こんな世代がクイーンなんて見に来るんだってびっくりしました。
それに、同時に二つ上映されていたんですけれど、一つは普通の観賞用、
もう一つは、音楽に合わせて、みんなが歌うことが許されている、応援上映ってのをやってまして、、
こちらも満員だったらしいです。。
僕は、普通の一般鑑賞部屋でしたが、怖いもの見たさで、もひとつの応援上映も見たいかなって感じです。



ところで僕のクイーンの思いで、、いくらでも語ることが出来るのですが、
とにかく、僕にとってクイーンと言えば、、 後にも先にも、このDon't Stop Me,
中学生だったとは思いますが、洋楽を聴き始めた頃で、カセットテープが擦り切れるくらい聴いていました。



次に、あまりヒットはしなかったかもしれませんが、こちらのSpread Your Wings,,,
こちらも今聞いても、、いい曲だなぁ。



アルバート・アイラー









今日なぜかアルバート・アイラーのリンクが貼り付けられたので、
久しぶりに聞いてみることにしました。

ちなみに、、最後に聞いたのは、、ポルトガルのオーレンってところ。
http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-2184.html

山の上の廃墟となったお城の一角でのコンサート。 右下真ん中の四角いところが入り口です。
日中散策している途中に、ここでこの夜、コンサートやるってことを知ったので、行ってみることにしました。

DSC_3771.jpg

ステージはこんなところ。 五月半ばだったとは思いますが、半端なく寒かったです。

DSC_4412_2018111820584516f.jpg

演奏風景は、、一枚だとあまりサマにならないので、三枚貼り合わせ見ました。
感じていただけると嬉しいですが、アブストラクト・ジャズなので、半端なくカッコが良かったです。

Untitled (2)

ところで、この演奏会。 僕が食事中にこのコンサートのことを話したこともあり、
ツアーに参加しているほとんどの人たちが同伴することになったのですが、、、
なんと、観客は合計15名くらい、その内、10名が僕らのツアー参加者。(笑)

演奏者もなんじゃこれ?って感じだったと思います。

DSC_4419.jpg
DSC_4424.jpg

森山直太朗 人間の森ツアー



森山直太朗のコンサートに行ってきました。
あまりこの類のコンサートに行かないので、、面白かったです。



とにかく、、歌がうまい、、天晴です。



サービス精神旺盛で、古い曲から新しい曲まで、、一体何曲歌ってくれでしょう。
コンサートは15分の休憩を挟んで、二部構成、合計2時間半くらいかな。
なんだか、僕が行ったのは、今回のツアーの初日だったそうで、だから気合いが入っていたのかな。。。



ただ、、僕は全然彼のこと詳しくないのですが、巷で多く認識される名曲と、そうでない曲の差がありすぎて、
これは曲のメロディーもそうだし、歌詞もそうで、そのギャップがなんとも不自然といいますか、、
きっと曲ごとに作曲家、作詞家って違うんですかね。

Index of all entries

Home > きょうのビデオ Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top