Home > 2008 AUSTRIA Archive

2008 AUSTRIA Archive

オーストリア 9-2 ウィーン少年合唱団



これが、オーストリア最後のイベントです。

ツアーには組み込まれていなかったのですが、たまたま最終日が日曜日だったため、
かの有名なウィーン少年合唱団が参加する日曜日の礼拝の日にあたったんです。

悩みましたね、最後の日の午前中を、さきほど入れなかった、
カールズ教会や、オペラ座の見学に行くか、こちらをとるか。。

だけど、ツアーの参加者全員が、こちらに参加するって言うし、、、
(おーなんて、私は日本人なんでしょう!)

で、結構高い(金額はもうおぼえていませんが)、入場料払って、こちらにいくことにしたんですが、
あいにく、席は、最上階のはしっこ。

ま、一応、礼拝なんで、その牧師さんの説教の合間に、合唱団の歌が聞けるってわけです。

DSC01892.jpg

そういった意味でいうと、ぼくらは、合唱団と同じレベル。 

ひとりひとり子供たちの顔がよく見えます、、、と言っても、顔じゃなくて、声を聞きにきてるはずなんですよね。

だけど、この子供たち、、結構おもしろいんですよ。

さすがに歌はまじめに歌っているんですが、説教の最中には、
先生の目を盗んで、いたずらしたり、ふざけあったりしてて、、

DSC01893.jpg

入場者もまた様々。 貴族っぽい人たちもいれば、子供と一緒に、田舎からでてきたおめかしした家族、老人ホームからかと思われる老婦人のグループ、それに、ぼくらみたいな場知らずのよそ者の観光客。。。

ま、これもいい経験でした、、、ってことで。

これで、今回の旅行もおしまい。

ほんと、楽しかった旅行でした。 
今年もそろそろ休みを検討している時に、いいタイミングで、
過去の楽しかった思いでを振り返ることができました。

さて、今年は何処へ。。。

DSC01897.jpg


ところで、あまりにも、盛りだくさんの旅行だったからなのか、、

私は、日本に帰国してから、

たしか、3、4日間、、、、 


死んでいました。。。



さて、次はトルコの番ですな。。

オーストリア 9-1 カールス教会

DSC01840.jpg

泣いても笑っても、今日のお昼で終わりざんす。
最後の朝、ぼくらは、早起きして、定番の散歩に、、
そうですね、ホテルから約10分くらいのカールス教会にやってきました。

DSC01845.jpg

運がよければ、開いてるかな、、って期待していたんですけれど、
だめでした。
ゴシック形式建築の傑作、、ここまで来て、中は入れずでした。

DSC01851.jpg

ちかくのカールスプラッツなどにも足を伸ばしましたが、
どこもかも、朝が早過ぎて、入れずじまい。
しょうがないんで、ホテルに帰って荷造り開始!

DSC01863.jpg


いや、その前に腹ごしらえの朝食。
食べ過ぎやな。

IMG_1184.jpg

オーストリア 8-8 シェーンブルン宮殿コンサート

IMG_1147.jpg

ついに今回の旅行、最後の夜です。
ほんと楽しかった旅行です。 

で、この夜は、日本のツアーだったら、どこにでも組み込まれている、
シェーンブルン宮殿でのミニコンサート。
まあ、日本からのツアー客だけでなく、全世界からの観光客向けの興行ですね。

IMG_1154.jpg

よって、同日の朝に訪れた、シェーンブルン宮殿、本日ニ度目の訪問となります。

で、このコンサートなんですが、
ちょっとスペシャルな出来事があったんですよ。

IMG_1159.jpg

通常であれば、宮殿横の小さな、コンサートホールで、このコンサートが行われるらしいんですが、
なぜかこの晩に限って、宮殿の、モノホンの宴の間で、コンサートが開かれることになったんです。

IMG_1178.jpg

ようは、何百年前、ハスプルグ家が、この間で、晩餐会を開いていた、同じ間でのコンサートです。

IMG_1170.jpg

お客さんのノリもよくて、何度もアンコールをやってしまう始末。
コンダクターさんも苦笑いしていたな。
一方、ツアコンさんは、帰りのバスの時間が決まっているので、かなり焦ってましたね。 

IMG_1179.jpg

繰り返しになりますが、なんて充実した一日だったんでしょう。

(あと、事前にコンサートが、ここで行われることを知っておらず、また、ツアコンさんから、コンサートは撮影禁止って言われていたんで、ここにはコンデジしか持っていってなかったんですよ。 やっぱり、ちゃんと、デジイチ、もっていっとけばよかった。)


オーストリア 8-7 ウィーンの街角



この日も充実した一日となりました。
だけど、半日の自由時間なって、全然たりませんよね。
もちろん、ここで紹介した所以外にも、いろいろ行きましたよ。

DSC01816.jpg

このあと、まあ、観光客御用達でたいしたことないのかもしれませんが、
それなりのお店で、夕食をして、
さらに、ウィーンの旧市街地を散策。

DSC01818.jpg

特にこれといった、建物がなくても、
歩いているだけで楽しい。
奇麗だし、なぜか、海外では、いままで感じたことのない
安心感というか、、、確か、治安もそれなりにいいと思うのですが、
なんか、危ない、、って感じが全くしないんですよ。

DSC01828.jpg

それにしても、この旅行、、
なんか、圧倒されるような、経験はなかったけれど、
旅行してから、ほぼ1年半たってから、こんな記事にまとめているけれど、
ほんと、楽しかった旅行だったな、、今になってつくづく思います。

オーストリアが終わったら、去年(2009年6月)のトルコもまとめようと思っていますが、
はっきりいって、こんなに充実した旅行では、
全然なかったですね。


ほんと、こんな経験(すみません、ぼくみたいな超ドメ男の考え方が基準となっております。)
ができた僕たちって、
ホント、幸せモンだなあって。。


ホントこんなことができるように育ててくれた、両親、
特に血縁関係がないにもかかわらず、
ぼくの面倒を見てくれた、沢山の人々に、感謝するばかりです。




オーストリア 8-6 ボーティーフ教会



バスの車窓で、一番気になっていたのが、この建物。
とにかく、自由行動の際には、ここに行ければ、、、って思っていた。

まあ、旧市街のシュテファンドームから、てくてくてくと、かなりの距離を歩いたのも事実。
いつかみさんが、ギブアップするのかとも思いきや、
あまり文句も言わずに、ついてきてくれた。

で、ここにたどりつくことができたのだけれど、
ほんと、ここも、ああー来てよかった~って場所だった。

DSC01770.jpg

旧市街内じゃないし、日本人のツアーのコースにもはいっていないので、
日本人はおろか、ゲージンの観光客もまばら。 
ばかみたいに沢山の人がいたシュテファンドームに比べると雲泥の差。

DSC01777.jpg

しかし、素晴らしかったね。

DSC01776.jpg

だれも、人がいないので、こんな写真も撮れちゃう。

DSC01772.jpg

上ばっかり眺めていて、首が疲れると思い、少し足下を見てみると、、、

DSC01786.jpg

Index of all entries

Home > 2008 AUSTRIA Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top