FC2ブログ

Home > PCのぐち Archive

PCのぐち Archive

あぁ、またかよ〜

  • Posted by: bonzofire
  • 2013-03-20 Wed 23:32:12
  • PCのぐち
スクリーンショット

今朝、突然、うちのWIFI環境がつぶれてしまいました。。

古い方のiMacで、CDの音楽を読み込んでいたら、

突然、エラーが起きて、読み込みが中断され、そして、無線でつながっていた音楽ファイルの保存先である、
TimeCapsuleとの接続が切れ、

そして、その後から、双方のiMac、iPadからネットにつながらなくなりました。。。



しょうがないので、、

いままで、無線でつながっていた、旧iMacとTime CapsuleをLAN回線でつないだところ、
どうにか、旧iMacだけは、ネットにつながりました。。
 これだけでもよかったです。。だって、Time Capsule 自体がつぶれてしまったら、
 Time Capsuleに保存されている音楽ファイルが全部なくなるわけですからね。。


しかし、新iMacからも、iPadもネットにはつながらない状態が続いています。。
 


はぁ〜〜  だけど、ここからどうしたらいいものか。。
PC音痴の私なので、ため息がでるばかり。



だけど、(そんなにたいした用途で使っているわけじゃないですが、、)
一旦ネットから切り離されてしまうと、、、
こんなに自分たちの毎日がネットに依存しているのか、、
って痛いほど感じるくらい不便なことに気付きます。



とにかく、、かみさんが家で仕事をする時に、彼女のPC(W7ノート)がネットにつながらない、、
ことに気付く前に、どうにかして直さなければ、、、  あたしは殺されかねない。。



ちなみに、先週は、iMacのキーボードの中で、電池が液漏れしてしまい、
新しいキーボードを新調したばかり。。


なんで、私のPC達は、これほどまでに私にいけずするんでしょうかね。。

iMac設定 四日目

  • Posted by: bonzofire
  • 2013-02-24 Sun 20:28:32
  • PCのぐち
やっとのことですが、今回の新iMac設定編も、(きっと)最終回です。

PC音痴プラス、愚図な性格もありまして、、こんなことに得意な人だったら、半日でできるようなことを、
なんと4(日曜日午後)をつぶしてしまったことになりますが、、、
どうにか、当初計画していたことは、ほとんどが終わったかな。

それでは、本題。

今週末にのこしておいた宿題は、二つ。

① iPadにリモート機能とやらを設定して、ソファに座りながら、iTuneを起動。。

② Aperatureに、PTLensという、レンズの歪みを補正できるという、アドインソフトの設置。
  Aperatureとこのソフトが試したくて、新しいiMacを購入した、、わけでして。。


まず①

こちらは、いとも簡単に終わっちゃいました。
説明するまでもなく、"REMOTE"という無料アプリをiPadにダウンロードし、
アプリを稼働させた後、何かやったら(もう今となったら、なんだったかよく記憶していません)
ちゃんと、iPadから、新iMacのiTuneを制御できるようになっていました。

こんなんい簡単に終わるなんて、、 一体、いままで何を心配していたんだろう、、って感じです。

 ー 私は過去に、iTuneのライブラリーをつぶし(その当時はWAVで保存していた)、
   音楽ファイルを全部パーにしたことがあるので、iTune関連のプログラムをいじるのは、
   かなりのアレルギーがあります。

はい、じゃーん。



ソファに座って、iPadから、音楽を選曲できます。
もちろん先週インストールした、Audirvana経由の音が聞けます。


ただ、iTuneのライブラリーをTime Capsuleの無線HDDに落としたら、、
毎回iTuneを開ける前に、Time Capsuleを、ファインダーを使って、接続しなければいけない、、
という手間に加え、15分くらい音楽を聞くのをやめると、かってに、Time Capsuleの接続が切れてしまい、
そうなれば、ファインダーを通じて、
再度Time Capsuleに接続しなおさなければいけない手間が生じていたのですが、
これの解決方法も、近所の家電屋さんにつとめる、Appleの好青年に解決方法を教えていただきました。

こうすることによって、PCを立ち上げると、自動的に、TimeCapsureのHDDがマウントされ、
また、その後、無線が切れてしまう、、とかの支障がない限り、PCとはつながったまま、、になるそうです。

スクリーンショット 2


次に、
② Aperatureに、PTLensという、レンズの歪みを補正できるという、アドインソフトの設置。
  Aperatureとこのソフトが試したくて、新しいiMacを購入した、、わけでして。。


こちらも、以前、iPhotoに、Photo Elementsとやら画像編集ソフトをプラグインで使おうと設定したときに、
何かがおかしくなってしまい、、iPhotoがその後起動できなくなってしまった、苦い思いでがあります。
(その後、iPhotoはリカバーできましたが、結局は、Photo Elementsは一度も使わずじまい。。

まあ、あの時(ほとんど写真ファイルがなかった)とは違って、
今iPhotoがおかしくなって、かりに、iMacに保存してある写真やアルバムなくしちゃうと、
かなり悲しいもんがありますしね。。

スクリーンショット 2013

しかし、こちらも、デモ版(ライセンス購入まで、10枚ただで加工ができる)ではありますが、
どうにか、問題なく(と思う)設定できました。

さて、効果のほどは、、

DSC09311b.jpg

上が、そのままの写真。 下が加工した写真です。 

DSC09311.jpg

このソフトが、勝手に、写真のEXIFから、カメラと使用レンズ、焦点距離の情報を取り込み、
ほとんどボタン一つで、補正してくれます。(もちろん、その後、マニュアルでも調整できます。)


DSC09485.jpg

DSC09485b.jpg

テストサンプルをもう一枚。

微妙といえば微妙だし、、
もちろん、こんなソフトのボタン一つで、トーシローズームの歪みを完全に解消できる、、
って期待するおつむの方が問題有りとも思いますし、、

ライセンス購入は25ドルです。


はてさて、どうしましょうかね。。


とにかく、、、 今回のプロジェクト、

新旧IMac両方とも稼働。
双方のiMacからiTuneライブラリーを共有。
iPadからiMac内のiTuneライブラリーを制御。
iTuneの音質向上ソフト、Audirvana をインストール。
Apertureをインストール。
広角レンズの歪みを補正するPT Lensというソフトをインストール。
MSオフィスも新旧IMacにインストール。

とにかく、、iMac購入の際に予定していた案件はすべて設定は終わりました。


これからは、これらをどうやって使いこなそうかな、、、 であります。


iMac設定 三日目

  • Posted by: bonzofire
  • 2013-02-17 Sun 23:35:23
  • PCのぐち


今回のカテゴリーは、PCのぐちにするのか、昨日のと同じく、無駄遣い、、にするのか迷いました。
(そんなくだらないことに悩むなよ。。)

えーと、ともかく、
iMac関連で、これからやっていくことなんですが、

① 各iMacにあるiTuneのライブラリーファイルを、Time Capsuleの方に移動して、
  双方のiMacから、こちらのライブラリーファイルを見に行くよう設定しなおす。

② Aperatureに、PTLensという、レンズの歪みを補正できるという、アドインソフトの設置。
  Aperatureとこのソフトが試したくて、新しいiMacを購入した、、わけでして。。

③ iPadにリモート機能とやらを設定して、ソファに座りながら、iTuneを起動。。

④ iTuneより高音質で音楽を再生できるというソフトも試してみたいな。。

と、前ネタで、書いて終わったのですが、

昨夜は、Audirvanaというソフトをインストールしたのは、まさに、この④にあたるわけです。

で、昨夜はその音にちょっとだけ酔いしれていたのですが、、

昨夜もインストール直後は、
Air Play機能を使ってAir Mac Expressを通じてステレオから音を出すのに苦戦した、と書きましたが、

今朝も、同じトラブルに遭遇。

ただ、今朝はどうやっても、音を出すことができない。

だけど、そもそもこの新iMacにしてから、Air Mac Express経由で音を飛ばすのはトラブル続きだったんですよ。

トラブルとは、新iMacのiTuneから、Air Mac Expressを認識しない。

これは、僕の持っているAir Mac Expressがどうも古すぎるようで、
新iMac の Mountain Lion からは、認識してくれないんですよ。

しかし、Air Mac Expressを一旦(ON/OFF Switch がないので)コンサートから抜き差しすると、
なぜか音がでるようになるので、、 こんなバカな作業を繰り返していた訳です。




そういうことなので、
今回のAudirvanaも稼働しない理由の一番始めに考えたのが、僕のAir Mac Expressが古いから?
と考えたわけです。

そして、そうであるとしたら、うだうだ考えているのも時間の無駄なんで、
早速、近所の家電屋さんに出向いて、

写真の新しい、Air Mac Express を買ってきました。


しかし、、

新しい Air Mac Express は 新iMac からコントロールできるようになったのですが、
Audirvanaを通すと、、、 なぜか音がでてこない。。


なんでや〜


だけど、なんやかやと、ちょろちょろとやっていると、
急に音が鳴り始めまして。   全く意味不明。



しょうがないので、これはさておいて、

時間がもったいないので、
① 各iMacにあるiTuneのライブラリーファイルを、Time Capsuleの方に移動して、
  双方のiMacから、こちらのライブラリーファイルを見に行くよう設定しなおす。
こちらの作業に取りかかりました。

これも超PCトーシローの私には、怖い作業ではあるのですが、、、
まず、古い方の iMac から ライブラリーファイル 
(なんと音楽ファイルはないですが、iPadとかにインストールしているプログラムのせいで、9GBもあった)
を、ネットでつながっているHDDの方にコピー、

そして、古い iMac の iTune は起動時に、こちらのネットHDDの方のライブラリーを読み込むよう設定。

次に、新iMacからも、iTune の起動時に、このライブラリーを読み込むよう設定。

そして、こわごわ、片方ずつ、iMacからライブラリーをちょっと書き換えて、
きちんと双方のiMacでライブラリーが書き変わっていることを確認。  

どうやら、、これは、うまく行ったみたいです。。


次に、今日の一番目の問題、どうやったら、Audirvanaをつけた状態で、
Air Mac Express から音を出すことをできるのかを探ることに。


しかし、意外にも、これが簡単に原因が判明。

こんなこと、ここで説明しなくてもいいんですが、
 ようは、iTuneをAir Playに設定して、同時にAudirvanaからもAir Playにすると、
 二つのプログラムから同時に、音を同じ Air Mac Expressにつなげようとするので、音がでないわけですよ。

よって、この下の画面(といっても、持っている人でしかわからないネタではありますが、、)のように、
 iMac 側の設定は、内蔵スピーカーからの出力にして、
 Audirvanaの設定を Air Play にすると、、


「はい!」問題なく音が出てくるようになりました。。   あほみたい。
(きっと、新しい Air Mac Express は絶対必須物では、なかったんでしょうね。。。)


スクリーンショット 20130217


今回の解決には、なんと、かみさんのアドバイスが大きく貢献したのですが、

まあ、それなりに苦労して、ようやくAudirvanaから出てきた音を、初めてきちんと聞いたかみさんの第一声は、

「なんか、、、音がこもってるんじゃない??」



。。。。


私は、、、こちらの方が、暖かみのある音、、と感じてはいたのですが、、

んんんん、言われてみると、確かに、こもっているような感じはしないでもないような。。



また、来週末、ちゃんと真剣に聞いてみることにします。


あと、来週末は、

② Aperatureに、PTLensという、レンズの歪みを補正できるという、アドインソフトの設置。
  Aperatureとこのソフトが試したくて、新しいiMacを購入した、、わけでして。。

③ iPadにリモート機能とやらを設定して、ソファに座りながら、iTuneを起動。。


これをやりましょう。


iMac設定 二日目

  • Posted by: bonzofire
  • 2013-02-11 Mon 03:01:49
  • PCのぐち
スクリーンショット 20130211 01020

三連休の中日、、今日は先週末の続き、新しいiMacの設定に一日を費やしました。。

上の図が、先週末終わった時点。
下の図が、今日の結果です。

スクリーンショット 20130211 01046

① 新iMacに、写真のファイルをコピー。
② 13年落ちのパソコンの処分。
③ 旧iMacの書斎への移動。
④ 新iMacのAir Mac Expressの接続
⑤ Aperatureをネットで購入。

今日のおさらいはこんなもんでして、、結果だけ見ると、2、3時間もあれば十分の仕事だと思うんですが、
何をやるにしても、一つのことに集中できない私な愚鈍な性格と、ひとつひとつに大小のドラマがありまして、、
たかが、これだけやるのに、ほぼ一日かかってしまいました。

それでは、詳しいところの説明です。

① 新iMacへの写真ファイルのコピー、、 今日、何の問題もなく終わったのはこれくらいかな。。

② 13年落ちのパソコンの処分。

P1160690.jpg

ちょうど、かみさんと一緒に暮らし始めた頃、初めて買ったパソコンです。
テレビが内蔵されていて、キーボードもマウスも無線、確か30万ちょっと払ったんじゃないかな。
これで、テレビもパソコンも、、って魂胆で購入したんですが、
テレビなんて、ほとんど見れたもんじゃなかったですね。

とにかく、そんな感慨にふけっているより、このPC内にあるファイルをどこかに保存しないと、、と
だけど、このPC、そもそものHDDが30GBしかなくて、そのほとんどが、
システム関連のプログラム埋められちゃっているため、ファイルなんてほとんどないんですよ。
(もしくは探せないだけなのか。。)

P1160698.jpg

結局、必要と思ったファイルは、この小さな450円のカードの中に収まっちゃいました。。

ただ、この後、どうこのPCをフォーマット(廃棄処分できるよう全部消却)したらいいのか、、で四苦八苦。
いかんせん、もう10年超のパソコン(98とXP双方のOS)なので、リカバリーディスクも見当たらないし、、
結局でたらめで、たらたらやっている間に、PCそのものにリブートできなくなったので、
まっ、もういいかって、ギブアップ。(本当にこんなんでいいのか。。)

PCの本体のほかにも、外付けのCDドライブにフロッピードライブ、LANのカードに、何冊もの説明書、
モニターに、付属スピーカーに、マウスに、キーボードに、「何本ものケーブルに」、、処分するだけでも大仕事。

③ 書斎から古いPCがなくなった後は、旧iMacをこちらに移設。
力仕事で終わる、、と思っていたのですが、、
先ほど、古いPCを撤去している最中に、机の後ろに配線されていたケーブルを引っこ抜いてしまったせいで、
当初、LANケーブルで Time Capsuleをつなげようと思っていた案は廃案に。
しょうがないので、いままで通り、無線でつなげたままとなりました。

P1160697.jpg

④ これで、ともかく、ダイニングテーブルに二台並んでいたiMacは一台になって、かみさんはハッピー。
じゃあ、さっそく、新iMacのiTuneから、Air Playで、ステレオを聞いてみようと、スイッチオン!

が、、ステレオから音がでてこない、、
「なんでやねん〜」と、ネットで調べると、
初代Air Mac ExpressはMountain Lionでは認識されない、、とかの情報が、、
そもそも自分のAir Mac Expressが初代のものなのかもよくわからないんだけれど、
違うドライバーを落として色々試してみるけれど、まったく効果なし。。

え〜、、たかがこの為に、新しい、Air Mac Expressが必要なのかよ、、、 

だけど、この時点で、くよくよ悩んでいてもしょうがないので、近くの電気屋さんに、購入に出かけましたよ。
ま、この後Aperatureの設定もあるので、こちらのソフトも一緒に買ってくればいいかと思いまして。

しかし、、、 店頭で、販売員の方とお話すると、、、

スクリーンショット 2013

「iTuneの画面の左上の、この青い部分は試されましたか??」

「ん??」 「何これ?? 今まで確か、画面の右下にこんながあったと思うんですが、
新しいバージョンになったら、どこにも見当たらなくて、、、
じゃあ、家でもう一度試してみますので、画像管理ソフトのAperatureだけください、、」

だが、、、店員さんは、
「Aperatureはもう店頭販売はやっておらず、今はネットのみの販売なんです。」
とおっしゃるではありませんか。

な、な、なんと。。
つまるところ、わざわざお店になんてくる必要など、まったくなかったわけです。


そして、家に帰って、早速言われた通り、iTuneの画面をいじってみると、問題なくステレオから音が出力され、、

Aperatureも難なく、アップルのサイトからダウンロード、インストールが完了しました。。


今、終わってみて、これを読んでいるだけでも、
たかがこんなことするのに、ほんと、一日も必要なのかね、、、って内容ですよね。。


ただ、まだ終わりじゃないんですよね。。

この後は、

① 各iMacにあるiTuneのライブラリーファイルを、Time Capsuleの方に移動して、
  双方のiMacから、こちらのライブラリーファイルを見に行くよう設定しなおす。

② Aperatureに、PTLensという、レンズの歪みを補正できるという、アドインソフトの設置。
  Aperatureとこのソフトが試したくて、新しいiMacを購入した、、わけでして。。

③ iPadにリモート機能とやらを設定して、ソファに座りながら、iTuneを起動。。

④ iTuneより高音質で音楽を再生できるというソフトも試してみたいな。。


まだまだ、先は長い、、、か。








iMac設定 一日目

  • Posted by: bonzofire
  • 2013-02-04 Mon 00:18:10
  • PCのぐち
スクリーンショット

さぁ〜て、本当の設定はこれからです。

上の図は、今のおおまかな設定でございます。

で、今日の成果がこちら。。

スクリーンショット2

といっても、スイッチを入れた段階で、
Apple IDはどーするだの、iCloudはどーする、iPhoneの連携はどーする、FBやTweeterの連携はどーする、、
うちの場合、かみさんのIDと僕のIDがどう絡み合ってるのかわからんこともあって、
もうどうしたらいいのか、よくわからない。。
ここだけで、小一時間程悩むものの、結局悩んでもよくわからないので、
後でまた変えることができるだろう、、なんて感じで、適当にこの部分の設定を終わらせる。

次にファイルの移行。
たいしたファイルもないので、LANケーブルつなぐぐらいで、ファイルの移行は終わるかな、
と思っていたのですが、、 はやくも、ここでトラブル。。

旧iMacが、Ethernetに反応しない、、、 何故なのかも全くわからないんですが、
ずうっと前、同じようなトラブルに合った時、Networkの設定を自分でいじった結果、
インターネットにもつながらなくなった苦い記憶があるので、、
とりあえず、出来そうなことからやって、こちらは後でやることと、ひとまず判断。

まずはメールを設定。 これは問題なく終わった。 (と思う。)
 
そして、プリンターを設定。
こちらはドライバーが入ったCDが見つからず、メーカーのHPに探しに行くけれど、
HPでは、iMacのソフトウェアアップデート機能を使ってDLしてくれって、、 
だけど、そのやり方がよくわからん。 ここで、またまた約一時間ほど無意味な時間を浪費。。 
しかし、なんのことはない。。 
プリンターの電源を入れてみれば、急にプリンター名が、iMacのプリンター設定画面に現れ、
あとはいとも簡単にドライバーがDLされ、その後すぐにプリンターが使用可能となった。

次はオフィス。 そもそも案は、旧iMacにインストールし、それをそのまま移行してくる、、だったけれど、
先述した通り、移行ができないので、、Borinquenさんから紹介いただいた、
リモートで旧iMacの内蔵ドライブを利用して、新iMacにインストールすることを試してみた。 
これがスムーズに終わり、約30分くらいで、新しいiMacにオフィスのインストールが完了した。 
(Borinquenさん、ありがとうございます!)

ーーー たかが、ここまでやるだけで、約3時間も費やしたため、
   ここで、昼食、買い物、さきほどの写真展のため一旦休憩 ーーー

帰宅後、iTuneの設定。 
これが、今回の設定で一番自分が気にしていたこともあるので、
Appleのケアサービスに電話して、作業を進めることにしました。

こちらの希望。 
「双方のiMacから、音楽ファイルが保存されている無線でつながっているHDDにアクセスしたい」
ことを伝える。

しかし、電話で教えてくれたやり方をそのまま、やりはじめると、
無線でつながっているHDに保存されている音楽ファイルが、新iMacにコピーされていくではありませんか!

が〜ん!  

これって、僕がやりたいことじゃないですよ!って苦言を呈すると、サポートセンターの方は、
「お客さんの望んでいるやり方は、Appleが推奨しているやり方じゃないんです」だって。

「確かにそうかもしれないけれど、だからって、こちらが頼んでないことを、そのまま教えるのは、、
どうなんでしょうね。。 そのうえ、iMacを購入した際の店員さんは、
これができる、っておっしゃったので、今回iMacを購入したんですから、、」

「それでは、シニアアドバイザーに聞いてきますので、少々お待ち下さい、、」

と、ここで待つこと約一時間。。 
(着々とファイルがコピーされてはいくものの、いかんせん、無線でつながっているドライブだし
音楽ファイルもだけでも250GBくらいあるので、まったく終わりが見えない。)


結局待ちきれなくなった、かみさんは、iMacを購入した店員さんに直接電話して、事情を説明。
その場で、正しい設置の仕方を教えろ、、、と。

そして、丁度その頃、ケアセンターからも電話が戻ってきまして、

だけど、、、蓋を開けてみると、二つ違う答えが。。

アップルケアセンターは、音楽ファイルはそのまま無線ドライブにのこしたまま、
ライブラリーファイルを、新iMacファイルに作るために、
そういう設定したうえで、ライブラリーを読み込んでください、、 と。
 (その変わり、新しく音楽ファイルを旧iMacで足し込む毎に、
  新しいiMacでライブラリーの更新をする必要がある。)

一方、店員さんの方は、
ライブラリーファイルを、無線ファイルに置き、
双方のiMacから、このファイルを読み込むよう設定した方が効率がいいですよ、、、と。
 (こうすれば、新しい音楽ファイルを足し込んでも、
  どちらのiMacでもライブラリーを更新する必要がない、、
  だけど、ITuneを双方のiMacから、同時にアクセスはできない、、)

まあ、結局、ケアセンターの電話の方が早く、こちらの作業をすでにすすめていたので、
店員さん案はボツとなったわけですが、、、

どうも、店員さんは、彼が推奨しているやり方の方が正しい、、と思っているようで、
なかなか引き下がろうとしない、、
まあ、こちらから彼にアドバイスくれって電話してるわけなので、
そりゃ彼の気持ちもわからないでもないですが。

とにかく、ここは、一旦、店員さんに引き下がってもらい、、で事を終えまして、
とりあえず、新iMacのiTuneからも、
無線HDDに保存されている音楽ファイルのアクセスができるようになりました。
(なんか半分くらいアルバムの画像ファイルが抜け落ちたりしているけれど。。)


あ〜、、 やっぱり想像していた通り、、 ちと大変です。
(といっても、こういった作業を「楽しい」って思えるようにならないと、、ですよね)



さて、今週末はこれで時間切れ。

来週は、Aparature(写真編集ソフト)を購入して双方のiMacに設定(一枚の値段で二つ設定できると想定)、
できれば、画像ファイルも双方のiMacからアクセスできれば、、なぁんて考えているのですが、、
むりかなァ。。

まだまだ先は長いな。。。


Index of all entries

Home > PCのぐち Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top