FC2ブログ

Home > 2006 SPAIN Archive

2006 SPAIN Archive

スペイン旅行 7-? サグラダファミリア

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-08-14 Mon 01:05:43
  • 2006 SPAIN





今日は、またまた残りわずかとなってしまってる、スペイン旅行の続き。



グエル公園の観光が終わり、バスの停留所に戻ると、

なんと、バスが変わっていた。


添乗員の計らいで、僕らのおかれた状況を考慮してか、席が十分にあるバスを手配してくれたようだ。



ここは素直に添乗員さんに感謝したいと思う反面、

融通の利かない一人ツアー参加のおばーちゃん達に、怒りがふつふつと。。。



そして、バスは、サクラダファミリアへ。


世界で一番印象に残る建物として、自分がこの目でみたかった建物。
1 ミラノのドゥオモ
2 フランスのモンサンミッシェル
3 ケルンの大聖堂
4 トルコのブルーモスク
5 バルセロナのサクラダファミリア

というのは、半分冗談で、実際たった今、思いつくまま書いてみたんだけれど、

番号順はともかくとして、高校生の頃、建築設計家を目指したこともある僕として、サグラダファミリアは、必ずこの目でみたいと思っていた建物の一つであるのは間違いない。


ところで、海外旅行経験の乏しい私は、そのリストで実際みたことがあるのは、1と2だけ。

もちろん、1も2も 自分の期待を裏切るどころか、何れの建物も、こんなものが人間が創れるのか、と驚愕するような建造物であった。


と、ここまで書くと、じゃあ、サグラダファミリアは、そんなに凄くなかったんだろう、、、  って書きたいんでしょう?

って想像されるかもしれないけれど、(あくまでも個人的見解で、、、)、その通りである。

サグラダファミリアを見て、ミラノのドゥオモや、フランスのモンサンミッシェル、がどれだけ凄いのかということを
改めて思い知らされた感じがする。




しかし、これは、サグラダファミリアがダメと言ってるわけではない。


サグラダファミリアは建設が始まって、まだ100年も満たない。 
もちろん、今も大工事中、
そして今の建設技術を持ってしても、当初プランのまだ20%もできてないのである。




リストに上げたほとんどの建物は、100 - 200年かけて建てられた建物である。


また、これら建物は、様々な戦争、自然災害、民族対立、宗教戦争等など、その後も何百年もの間の歴史を刻んでいるわけなんで、同じ土俵で、うんちゃらなんちゃら、、言うのは、所詮無理があると思う。


では、サグラダファミリア何が凄いのかというと、
今全世界で建設されている建物で、500年後、もしくは1000年後に、今ぼくらが見て感動を受けるような建造物と同じような評価を受けるのが、サグラダファミリアになると思うこと。 
また、このほかには、なにもないのでは、と思うことだ。 
(所詮、3、4年くらいで建ってしまう建物なんて、4,50年単位で、取り壊されては、新しいものに変わっていくだけだろう) 


このサグラダファミリアこそ、われわれの時代(ちょっと早いけれどね)を始点に刻まれ、これからもどんどんと進化していくのである。


僕らの時代では完成しない。 もしかしたら完成するころには、もう宇宙旅行も当たり前の世界になっているかもしれない。



そして、もっと先の世界。



西暦2500年 火星在住の家族が、今ぼくらが、フランスのノートルダム寺院を観に行くように、スペインのサグラダファミリアを観に来るかもしれない。


あのリストの中の建物では、味わえない、不思議な想い感じさせる建物だった。



? 正面入り口より
? 中に入って天井を見上げる
? 日本人彫刻家による物です
? ここまでレンズも歪むも、ちょっとおかしい。。。

スペイン旅行 7-? グエル公園

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-08-12 Sat 00:58:45
  • 2006 SPAIN




モンジュイックの丘で、バルセロナ市を見下ろす事約5分。


次は、あのガウディのグエル公園に。


またまた、われわれは、バスの最後尾に座らされ、他の客の頭越しに、ガウディのカサ・ミラ邸やカサ・バトリョ邸を見学。 (なんてこった。) もう、ほんとに、テレビで「世界遺産」でも見てるほうが1000倍まし。


そして。バルセロナの市内を横断し、グエル公園に到着。


人それぞれ興味や嗜好の違いはあると思うが、実を言うと、このグエル公園、僕的には、どうでもいいところだと思っていた。 ガウディがデザインしたとか、その歴史の背景や、いかにこの公園が斬新であったのか、、などなど、その功績が凄いことは全く否定しない。 ただ単に、この公園に来るくらいであれば、、カサ・ミラ邸でなくとも、バルセロナ市街を散策する方が、まだ楽しいんじゃないかな、、、ってぼくは思うのだ。

で、その公園なのだが、、


やはり、自分の想像していていた通りだった。


歴史の背景、作られた時期、などを頭の中から取り払うと、僕の目に見えるものだけから感じるものは、たんなる公園でしかないのだ、、、 (いいよ。 バカだとか、見る目がないとか、なんと言われようが)


それに公園は、他の欧州から来たと思われるツアー客でごった返していた。


バス内でのいらいら。
人だらけの公園。
相変わらずの、少なすぎる自由時間。


なんか、後付けの理由みたいな感じもしないではないが、やはりその気持ちが写真に現れているのか、ヘボな写真しかない。 

今日のブログに載せる写真を選んでるだけでイライラしてきた。




だけど、ホントのこと言うと、いい写真をとるには、どんな悪条件があろうとも、とにかく足を動かして、(オシム監督語録じゃないよ)、できる限り、いろいろな角度から、いろいろな物を見る。  これが、最低条件だと思う。

足を動かさずに、首だけ振って、通常の目線からだけで、いい写真なんて撮れるわけがない。




何故か、今回のスペイン旅行、「足」が動かなかったのである。 写真を見てて、つくづく、そう思う。


? あの有名なトカゲのオブジェ。 人があまりにも多すぎて、写真を撮る気すらおこりまへん。
? ガウディって奇抜なデザイン、タイルのモザイク、サクラダファミリア、それよりも、ぼくが凄いと思うのは、この鋼細工なんです。 
? グエル公園の有名処

スペイン旅行 7-? バルセロナ

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-08-10 Thu 01:46:42
  • 2006 SPAIN





本日はバルセロナ観光。

午前中はバルセロナ市内を観光。

午後は一応自由行動なのだが、僕らはオプションのモンセラ観光を選んでしまったため、マジでバルセロナ市内はこの午前中のみの観光となってしまった。

事前からかなり無茶なスケジュールと思ってはいたが、想像していた通り、本当に超むちゃくちゃなスケジュールとなってしまった。

もし、今後スペインのツアーに参加される人がいれば、バルセロナで少なくとも、最低、まる一日過ごせるツアーを選択すべきだと僕は思う。 モンセラ(今後、写真で紹介するが、、)も、はずすべきではないと思うけれど、日本からはるばるバルセロナにまで来て、ここで半日しか過ごせない、、、のは、余りにも悲しい。

もう僕らが次にバルセロナにいけるなんていつのことやら。。。。 



そのバルセロナ観光。

またまた、バスに乗り込み、一番目は、バルセロナ市内が見下ろせるモンジュイックの丘に。 

で、モンジュイックの丘に行くまでに、なんやかやと観光名所を車窓で観光するわけだが、この日のバスは、なんと顧客の分だけ席が足りていないバスが用意され、また、バスに乗り込むのが、最後だった僕らは、バスの最後尾に座らざるを得なくなってしまった。 (足りていないというより、一人でツアーに参加された数人がみんな、片側2つ席があるのを一人で占有したので、足りなくなったのである)

最後尾も確かに席はあるのだが、なんと、このバス、最後尾の席に限って、横に窓がないのだ。 まあ、うしろ窓はあるので、横からとは違った景色が見られるのは確かなんだけれど、まさか、子供が電車の車窓を眺めるみたいに座るわけもいかず、ほとんどの車窓は前に座っている人の頭越しでしか見るしかなかった。  車窓のみの観光でも結構ストレスがたまるのに、それも前の人の頭越しでしか景色が見えないとなると、もう家のテレビで観光番組でも見てるほうが、百倍まし。

一人で参加されている方がだれ一人として、「私の横に座りなさいよ」って言わないのもびっくりするものがあるけれど、ツアコンもこの状況を見て何もしないというのも、ちょっと腹立たしかった。




? モンジュイックの丘より。 
なんと、この日のバルセロナは曇り。 雨もパラパラ。  もちろん、スペインに来て曇りも雨も初めて。 
それにしても、サグラダファミリアの手前に高層ビルがあるなんて、、 パリやローマじゃ考えられないよね。
? 車窓より
? 車窓より
? 車窓より ガウディ以外にも素晴らしい家が沢山あります。

スペイン旅行 6-? バルセロナ

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-08-08 Tue 00:42:31
  • 2006 SPAIN




そして、われわれは、このツアーの最後の訪問地、バルセロナに向かう。

ベニスコラから車で約2時間くらいだっただろうか。

これまで、車窓からの景色というと、

オリーブ畑、
ひまわり畑、
荒地
乾ききった台地
オレンジ畑
地中海
ぶどう畑
だったのだか、ベニスコラを少しでると、始めて、大きな化学工場、鉄工所、コンビナートが目立ちはじめ、大きな工業都市に近づいてきているような雰囲気がじわじわと。

ハイウェイも(片側)2車線から、3車線、4車線にと増えていき、いよいよ、バスはバルセロナに入った。

そして、今晩と明晩泊まるホテルは、旅行会社のパンフレットによると、通常のよりも1ランク上だという。

もーここまで、どれだけ、&#$#のご飯を食べさせられて、また、ロンダでの醜いホテルのことを考えても、期待すれば後の後悔の度合いが大きいことから、全然期待していなかった。

しかし、ホテルのロビーに入ると、有名なバルセロナ椅子なんておいてあるし、ボーイさんも凛々しい。 ちょっといままでのホテルとは違う感じ。 これは期待できるかも。。。。

ホテルは「メリア・バルセロナ」。 高層ビルのホテルで、外から見る限り、全く味気はないのだが、、、、、もーいいや、そんなことどーでも。綺麗なホテルだったらどこでも。。


われわれの部屋は16F。

そして、このホテル。 われわれの期待を裏切ってくれなかった!  部屋のデザインもカッコがいいし、備品もいい。

ホテル経験に乏しい僕の意見なので、大した評価ではないけれど、今まで泊まったホテルの中で、デザインだけでいうと、2,3番目によかったと思うくらいいいホテルだった。

余談:ただ、難点がなかったというかというとそーでもない。ホテルが激混みで、まず添乗員さんは可哀想に、違うホテルに泊まらなければいけなくなった。(きっと、これは嘘だろう。 きっと、けち臭い旅行会社が、社員はもっと安いホテルで大丈夫みたいな感覚だったんじゃないかな)。 あと、同ツアーのお客さん全員が同じフロアーに泊まれなかったこと。 もちろん、今までのホテルでも同じだったけれど、その時の階数の違いは、1、2階だけ。 このホテルは高層ホテルだったこともあり、かなりバラけた。 僕らは16F、ちなみに、一緒にエレベーターに乗った人は、21階と、10階だった。こうなると、低い階に泊まった一部の人からは「不満の声」が出てきた。10階で、降りられた人の顔には、「なんで、私達はこんな低い階なんやねん」って、、 (怖ぇー)

ところでこの日の夕食は、中華料理だった。


スペイン料理とか関係なしに、ツアー半ばから、ちょっと勘弁してよってくらい’&%$’&食事のオンパレード + ひさびさの東洋食ってこともあり、ツアーの客は、なにがなんでも「白いご飯が食べたい!」って感じ。  それに、中華だったら、どう転んでも、そんなにまずくなりようが無いし、、、、、


と、夢はふくらんだのだが、、




しかし、この中華も、、、、、やはり’$&#(##&%’$だった。



? ホテルの部屋 (ちょっとカッコいいでしょ?) ちなみに、クッションのカバーはレザーだよ。(といっても、飾り以外何の使い道もなかったけれど。。)
? ホテル窓からの眺め。
? 翌朝。 ホテル近くの交差点で。  スペインに来て初めて晴れ以外の日を見ました。

スペイン旅行 6-? ベニスコラ

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-08-05 Sat 21:00:51
  • 2006 SPAIN





もー、今回のツアーもほとんど終り。


バレンシアの観光が終わると、バスは、最終目的地のバルセロナに向かう。

確かに昨日ほどの距離はないけれど、この日も、ほとんど移動に費やされるようだ。


それに、前日と同じく、道中、ビーチリゾートの街で休憩するようだ。



その街の名前は「ベニスコラ」


ベニスコラは、バレンシアから約2時間くらいだったかな。。。

やはり、地中海に面した、小さなリゾートタウン。

あー、こんなとこで、一日ゆっくり過ごせればなーって思うところなんだけれど、昼食後にわれわれが与えられた自由時間は一時間だった。 (それでも、今回の旅行では、長い方なんだけれどね)

ところで、ここの昼食。 なんだったでしょう? (わかるわけないか、、、)


なんと、イカリングのフライ。(これだけです) + 何度も何度もお目にかかる、プラスチックカップに入ったアイス。

いくらなんでも、イカリング「だけ」ってのはないでしょう???

確かにまずくはないんだけれど、皿一杯、イカリングが乗っている。それだけ。。。。




旅行会社がケチるからダメなのか、
それとも、
現地のレストランがわれわれをバカにしてるのか、、、


第一日目のマドリッドでのランチは、タパスを中心とした数々の小皿料理がでてきて、その中に、イカリングのフライもその中の一品だったのだけれど、、、 今日は、イカリングだけ。(ちょっと、くどい。。。)


あと、もーひとつ。 


前夜バレンシアで食べた、パエリアなんだけれど、旅行パンフレットには、魚介類のパエリアって書いてあったらしいんだけれど、一つも魚介類が入っていなかったということで、お詫びの印ということで、今日のランチのドリンクは、全て旅行会社が持つというのである。

うれしいではないか。。



そんなわけねーだろ。  飲み物代なんて、どーでもいいよ。 それよりも、もっちょっと、まともなもの食べさせてくれよ!


あ、そうそう。 この後、もう一つハプニングが。

昼食後の自由時間なんだけれど、確か「ペニスコラも城壁があるので、そこに行きたい人はガイドしますので、皆さんレストランの外で一旦集まってから自由行動にしましょう」って説明だったのだが、地中海のビーチを目の前にして、うちのかみさんと、おばさんの一人が、ビーチに向かって走っていくではないか。。。

どうなってんだろう。。 って思いながら、僕もあとから付いていき、ビーチで5分くらい時間を過ごして、レストランにもどると、もうだれもいない。 そこで、きょろきょろしてると、城壁の方から、ツアー客何人かが、心配して、わざわざ、レストランまでわれわれを探しに戻って来てくれたのだ。  恥ずかしいったらありゃしない。

ツアーのガイドさん。 お客さんの方々。 申し訳けありませんでした。

? 昼食のレストランからビーチを望む
? ビーチから城跡を望む
? 見事なおなか
? 城跡からの眺め

Index of all entries

Home > 2006 SPAIN Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top