Home > 2010 GERMANY Archive

2010 GERMANY Archive

ドイツ 3-5 ハイデルベルグ



約半年ぶりのドイツ更新! 
というのも、あまりにもの今回のイタリア旅行の写真の出来が悪いので、
いまとなったら、なんとなく、今回に比べたら、ドイツはその点よかったかな、、 なんて感じで、
ドイツの写真をみると、、、

DSC00706.jpg

うわっ、、なんじゃこら。。  イタリアより悪いできじゃん、、って感じで、
あ~見るんじゃなかった、、って後悔心マンタンです。

DSC00708.jpg

で、ちょっと前ネタ、、を読んでいると、、結構いいこと書いている(あってるのかどうかはよくわからんが)
ようは、高画素カメラと、トーシローズーム(解像度の低いレンズ)との相性はきっとよくない、、とか、ね。
こんなことを、旅行で実際の写真を撮ってから初めて気付きました、、なんて書いていて、
そんな記憶はどこえやら、、、今回の旅行でも、まったく同じ間違いをしたっていうこと??

DSC00718.jpg

で、今回こそ全くだめ、、と思っていた写真も、
ドイツの見てると、、こっちの方がもっとだめじゃん、、って感じがしてきました。
というのも、やっぱりドイツ旅行は天気が悪かったんですよね。 
そして、天気が悪く、空が曇りでバックグラウンドがまっ白になっちゃうと、
被写体そのものがカラフルなものであればともかく、そうでないと、
コントラストがいまいちの、なんか焦点があってるのか、あってないのかよくわからないような
とぼけた写真のオンパレード。。  
その上、被写体そのものが、今回のような、一色レンガの色とかなると、
初級者仕様のデジイチじゃ、ホワイトバランスもいまいち機能しないのか、一枚、一枚見比べると、
とてもじゃないけれど、同じ被写体、、とは思えないような色具合。。 
正直、笑える。。。。。  (というより、わてのカメラつぶれてんのかなあ。。)

DSC00712.jpg

ま、だけど、最後に、まとも(と自分では思っている、、)なのを一枚。 
って、これこそ、たんなるスナップの一枚、、 
ようは、意図せず、パチパチ撮っているほうが、いい写真が撮れる、、ということか???(きっとそうです。)


話、変わりまして、、ですね。。

この一枚を見て、思ったこと、、、  ドイツはほんと奇麗、、でした。

それに比べて、今回の南イタリア、、 タオルミーナやアルベロベッロとかを除くと、、
道にはゴミが散乱してたり、 畑とかも農工具ほったらかし、 
修繕ができずにおんぼろのまま使われ続けている多くの建物、、にポンコツの車、、

ここ直近の欧州と言えば、ドイツとオーストリアだったので、、

南イタリア、、って、、なんとなく、欧州というより、、トルコに近いような、、 感じが近かったですね。


ドイツ 3-4 古城レストラン



ドイツ旅日記、約2ヶ月半ぶりの更新です。 今回の再開については特に前回のような理由はありません。
ただ、今週からうちのボスは来月の半ばまでバカンスなこともあり、
ふと、今年の僕の休みはどうなるのかな、、、なんて、、そして去年のドイツ旅行のことを思い出したのが、
きっかけと言えば、きっかけです。 

DSC00661.jpg

そして、ここからが続きです。
川下りを終えると(寒かった~)、次はライン川沿い山頂の古城レストランで昼食。

DSC00652.jpg

こぎれいで眺めもばつぐん。

DSC00654.jpg

ワインも美味いし、ビールも美味い。

R0012162.jpg

しかし、、、食事は、、、、 うぅぅぅぅん、、、 い、い、いまいちだったかな。。




だけど、今日も職場では、いろいろなことがありまして、、
なんとなく、、ですけれど、、
どうも、今年はお休みはとれそうにないな、、、なんて、、
ふと、、、そんな感じになりました。。

ドイツ 3-3 ライン川下り 2



で、なんでまたいきなり、ドイツ編を再開したかといいますと(どーでもいいやん。。)
昨日ドイツワインの業者からメールが届いたからです。

DSC00617.jpg

というのも、この観光船。 乗客の半分以上が日本人。(ツアー客の御用達なんでしょうね。)
1割韓国人、1割中国人、1割インド人、2割現地の観光客って感じですかね。
しかし、もっとびっくりするのが、この船で働いている従業員のほとんどが日本人なんですよ!

DSC00624.jpg

なんでやねんと思いきや、その理由はこういうことなんです。
この船上で、ドイツワインの試飲会とやらがあるんですが、
この船内でワインを購入すると、この従業員が派遣されている日本の販売代理店から
直にワインが送られてくる仕組みになっているわけですよ。すさまじい商魂ですよね。

DSC00637.jpg

そして、ぼくらはですね、、、
現地で荷物のかさばるワインを買うのも面倒だし(その上、選択するほどの知識もないし)、
10本くらい大人買い(すんません。ゼロがひとつ足らんやろと言われかねないですが。。)
業者の思うつぼ。
しかし、もうこれで、この旅行の道中、ワインを買う必要はなくなっちゃったって大喜び!(あほですね)

DSC00640.jpg

ところで、ドイツワイン。行く前は、ひたすら甘いワイン、、くらいの認識しかなくて、
普段からほとんど飲むこともなかったのですが、
これが(現地で飲むからなのかもしれないですが)、結構いけるんですよね。
確かに、全般的に甘い、のはともかくとして、
微妙にこくの違い、甘いにも関わらず飲んだ後のさっぱり感とか。
凄く洗練されているんだなって、初めて気づきましたよ。

DSC00642.jpg

で、船内の販売価格は1本2000円から3000円くらい。
手頃だと思って10本くらい買ったのですが、
(それも帰国日にちゃん配送してくれるという、、なんという時代なんですかね。。)
よーく考えると、ドイツワインってあの細い瓶に入っていて、
普通のワインより量が少ないんですよね。。 
ということは、普通のサイズになおすと、一本いくらやねん、、、、  


なぁ~んて、 すぐに、けちくさいことを考えてしまう、私でありますが、、、

とにかく、その業者から、

もっとワイン買ってくれや!  って郵便が昨日送られてきたのと、
たまたま、その業者とのきっかけを作った場所で、このブログの更新がとまっていたこともあって、

ひさしぶりに更新することにしたわけです。


ドイツ 3-2 ライン川下り 1



せっかくの川下りだが、あいにくこの天気。(というより、ほぼ旅行最終日までこの天気が続いたのだけれど)
寒いし、雨降るし、、
写真の修正とかやっている人であれば気づかれると思いますが、この上の写真一枚の他は、
すべて、いじってあります。(彩度をあげるとか、コントラストを上げるとか、、)
修正がへたくそなんで、かなり変、、と笑われかねないですが、 
実際の景色の色合いは、、、一番上の写真をイメージしていただければと思います。

DSC00567.jpg

で、このライン川下り。 見所超満載。 特にオーストリアのドナウ川下りに比べると。
ただ、どっちがいい、、と聞かれると、、
なんか、ドナウはドナウで楽しかったな。

DSC00572.jpg

というのも、ドナウでは、ドイツ程寒くなかったので、
デッキで、心地よい風を浴びながらワインや、あんずのお酒に、アイス食って、コーヒー飲んで、、、
まさに川下りを満喫できましたが、
とにかく、今回のドイツの川下りはそもそも天気悪過ぎ。 
ゆっくり景色をエンジョイしましょう、、って感じがほとんどしません。
うちのかみさんなんて、船内にこもりっきりでデッキにもほとんどでてくることなかったです。

DSC00579_20110206000554.jpg

しかし、、 こんな天気でも外の景色は奇麗です。(天気がよかったら、どれくらい奇麗だったんだろう)
この小さな街ひとつにしてもね。
日本に、こんな雰囲気の感じれる街があるでしょうか?

DSC00582.jpg

ぶどう畑をバックに赤色の列車が映えますね。
ところで、この鉄道、、 一体どれくらいの頻度で走ってるねん、、、って、
不思議に思ってしまうほど、よく走ってるんですよ。 
こんなど田舎にもかかわらず、ほとんど2、3分に一本の割り合いで列車が通り過ぎていくような。。

DSC00602.jpg

どの街も、それなりに個性的で。
なんか、巨大な遊園地にでもいるような感じですね。

ドイツ 3-1 リューデスハイム

なんとなく、ひさしぶりにドイツ編を更新することにしました。
で、ドイツ三日目の朝。 今日は、ライン川下りからはじまります。

DSC00528_20110205215552.jpg

リューデスハイムでのホテルはライン川沿いで、
こぎれいでこじんまりとしたホテル、、しかし、ですね、、、 目の前に鉄道が走っており、
これが夜通し走ってくれるおかげで、この晩、ほとんど熟睡することできず。。

DSC00548.jpg

とにかく、今日の朝の集合時間前に、ちょっと近所を散策。
まあ、ここらへんでは、どうってことのない田舎町風景なんでしょうが、
なんて奇麗なんですかね。

DSC00547.jpg

こんな写真撮ってたら、きりがありません。

DSC00543.jpg

しかし、奇麗だな。

DSC00552.jpg

あそこらへんのホテルだったら、電車の線から外れていて静かだったんだろうな。。

DSC00554.jpg

なんちゃらワイナリーだったような。

DSC00556.jpg

そして、この船に乗って、ライン川を下ります。

Index of all entries

Home > 2010 GERMANY Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top