FC2ブログ

Home > 2011 リフォーム Archive

2011 リフォーム Archive

机の完成

P1140448.jpg

ついに棚(机)が完成、本日設置してもらいました! 
完成品からお見せします!

いかかですか? 
まあ、これまで悪夢続きだったリフォーム、期待すれば、ほぼ間違いなく、後悔する、、の連続だったので、
とにかく問題なく収まってくれたらそれでいいかなぁ〜くらいにしか考えていなかったのですが、

いい意味で、期待を裏切られました。(笑)

(自分で言うのもなんですが)気に入っています。


P1140443.jpg

今朝は、、なんと朝8時半にこられ養生開始。

P1140438.jpg

パーツを見ても、かなり真面目な仕事してくださっています。
この丸い突き出ている薄い板はジョイントです。

P1140451.jpg

棚受けのビスの穴(何て言うんでしたっけ?)も、穴を開けるだけでなく、
ちゃんとねじ込みの金具を埋め込んでくれています。

P1140447.jpg

この写真じゃわかりませんが、机をたんに置くだけじゃなく、
土台の枠を床に打ち込んで、机がずれないよう仕組んでくれました。

P1140449.jpg

おさまりもきれいだと思います。

前回、クロゼットの扉、洋室からの間仕切り扉をやっていただいた建具屋さんもよかったのですが、
今回のも、本当にいい建具屋さんでした。

というのも、、、
前回の建具屋さんは、ちゃんと図面も引いてくれるし、提案もしてくれるし、話し合ったことは全てメモする、
まあ、僕の感覚から言ったらこれが普通だと思うんですが、
今回の僕の家の工事に関わった人は、ほぼ誰一人として、図面は書かない、ちょろっと手帳にメモする程度。
提案どころか、全部勝手に自分で判断して、先走ってしまい、そして後でトラぶるの繰り返しだったわけです。

実は、今回のこの建具屋さんも、始め会った時は、そんな感じだったんですね。
職人肌なのか、ちょっとくせのありそうなオヤジだし、、、 
話をしてもちょろっとメモするくらい。

よほど、今回の机も、クロゼットの扉やってもらった建具屋さんにお願いしたかったんですよ。 
ただ、そこからの見積もりは、、、 机にしては、、 かなりお高い。。。

しかし、今回のこの建具屋さんだったら、その半分でやってくれる、、って言うんですよ。

正直、安かろう、悪かろう、、、、  だとある程度僕も腹をくくっていました。
なので、本品を見る前は、期待していないどころか、
安っちい物がきて、(高くても前の建具屋さんにお願いしろって言ってた)
かみさんに、どれだけどやされるのか、、、 なんてことにビクビクしていたわけです。

だけど、今回のこの机。。  かみさんも大満足してくれました。


ところで、この建具屋さん、、

後で聞いたら、業界では名の通っている建具屋さんで、おもに、商業向けの建具を作っていて、
特に、表参道とかにある大手ブランドショップの建具とか作っているらしいんですよ。
最近では、東京駅のステーションホテルで使用されている建具とか。。

個人用はやらないんですが、
施行のオヤジが、今回のトラブル続きうちのリフォームの話をして、「どうかやってあげてよ〜」
ってお願いを聞いてくれたのと、たまたま、
彼も東京駅の仕事が終わって、次の仕事までの暇つぶしのタイミングに合ったので引き受けてくれたんです。

P1140450.jpg


ただ、、、、、 ですね。。  これで終わりと思いきや。。

なんとですね、、


ここに収める照明がですね、、、

収めようとした時に、
当初意図してた調光ができる照明ではなく、調光ができない機種を購入していたことが発覚。
そのうえ、照明そのもののLED灯が割れているではないですか。。  がちょ〜んですよ。

個人的には、調光なんてできなくてもいいんですが、
そもそも施行のおやじが薦めたので、調光できるスイッチを設置したわけですよ。
手元にある、この調光できない器具だと、それはそれで、
また別のスイッチを設置しなければいけないだそうです(なんてアホな家電)。
(それも、パナソニックのカスタマーセンターに電話を何度もかけて、ようやくわかる、、)


結局、、、 本日、照明持ち帰り。 返品して(といっても開封したのは返品はきかないだろう。。)
後日、ちゃんとした器具を購入してから、再度設置しなおし。。


今日も朝の8時半から仕事初めて、、終わったのは6時前。
半分呪われているとしか思えないうちの仕事も、施行のおやじ、さすがに本日で終わると思ってたらしく、
ほんとに悲しい顔してましたよ。

悲しいのはこちらだ!って言いたいけれど、さすがに自分のオヤジとほぼ同じ歳の、オヤジですからね。



ということで、、、 まだ終わらない、我が家のリフォーム。 
スタートしてから、、、 ほぼ半年ですかね。。









最後の一押し 2

P1140372.jpg


別にネタにすることでもないんですが。。

先週末、ある百貨店(ってバレバレですが)に行ってきて、リフォームした部屋のための椅子を買ってきました。

結論から言うと、この部屋にはマッサージチェアをと、ここ2、3年どれがいいかなぁ〜なんて、
いつも家電屋さんに行っては試しに座らせてもらっていたりしていたんですが、

結局購入したのは、何の動力部分もない、コンセントも必要のない、普通の椅子。。

ここに至った経緯は、椅子が到着してからでも書かせてもらうつもりなんですが、

今日書きたいのは、全然別のこと。

もうご存知の通り、今回のリフォームでは、とことん酷い目にあっているのですが、
その理由の一つ、暴走する現場の人。
特に、お客さんである、こちら側への視点はほとんどなく、
ほとんど勝手に自らが判断して行動に至り、後に無用な悲劇につながる。


それが、また、今回の椅子の購入でも起こっちゃったかなっと。

これが経緯です。

たまたま購入した椅子なんですが、偶然その時メーカーが、普段だったら、
別売となる、椅子に設置するテーブルが無料でついてくる、ってキャンペーン中だったわけです。

別に、これが理由でこの椅子を購入した訳ではないのですが、
一応ついてくるということなので、テーブルの色、取り付けサイドとかも指定したわけです。
(そりゃ、あたりまえですが、イスと同じ素材、色でできたやつです。)

するとですね、その二日後に売り場の担当から留守電が入ってたんですよ。

「お客さんが購入されたイスは、テーブルが設置できないイスであることが判明しました。」

「申し訳ないんですが、設置するテーブルより三倍くらいする物を付けさせてもらいましたので
そちらでお願いします。」

「ただ、納入の関係で、イスとは約一ヶ月遅れて配送になり、
ビス5本くらいなんですが、お客様に組み立ててもらう必要があります。」


そりゃね、キャンペーンで無料の机を、
その三倍もする机に変えてくれたことは、こちらも悪い気はしませんよ。

だけどね、
その机って、はたして色やサイズは部屋にあうのか、そもそもイスとのバランスはどうなの、、
とか、お客さんは気にならないのかな、、って思わないのかね。

ビス5本くらいで、そんなに簡単だったら、そっち側で作ってくればいいじゃん。。

端的に言えば、ただでついてくる机が、セールスの不手際のせいで、
値段が三倍もする机に変えてやったんだから、文句ないだろ! 
って、あくまでも向こう側の都合で物事を進めようという魂胆。


日本を代表する老舗の百貨店ですら、こんな感じですからね。


さあ、どんな机がくるのやら。。




最後の一押し 1



まだまだ、終わらない、、どころか、またまた問題が。。
というのも、このクロゼットの扉、、
上の写真は、なおしてもらったあとなので、わかりませんが、
この時期、乾燥しはじめたこともあり、内側の扉が早くも反ってしまい、
なんと、扉が閉じなくなってしまったのです。

P1140235.jpg

閉めようとすると、反った扉が、この金具に当たって、扉にキズがついてしまうんですよ。

で、土曜の朝から再び工事開始〜。
約一時間ほどで、反りと新しくついたキズはなおり(どうやって直したんだろう??)

P1140233.jpg

金具の横と、この上の写真にあるように、この毛の生えたようなシールを貼って帰られました。。

ようは、また扉が反ると、こんどは金具に当たる前に、このシールに当たるちゅうわけです。。


この建具屋さんは、しっかりしているので、、 
きちんと説明もしてくれたので、特に不満はありませんが、、

それにしても、、、、、、   ですよね。


そして、この日、正式に、テレビの壁の方に設置する棚も発注しました。

だけど、こちらの棚は、またまた違う建具屋さんに発注したんですが、
正直、、、かなり不安。

できれば、このクロゼットの扉やっていただいた建具屋さんにお願いしたかったのですが、
きちんとお仕事されるせいもあって、棚の値段も天文学(大袈裟〜)な値段になってしまったせいで、、と。

で、先週末に、新しい建具屋さんに来て、採寸と見積もりだしてもらったんですが、、

これが、、、また、なんとも、、 一番始めにドジってしまった建具屋さんと同じ臭いが、、、


ようは、ある程度、大枠の話だけ聞いたら、、 あとは向こうの判断で突っ走ってしまう、、、と。


まじで、大丈夫かなあ。

終わりのはじまり 3

ひさしぶりにこのスレッドの更新。

というのも、ようやく先週末、施行のオヤジが見積もりを持ってきました。

ま、工事が終わってから3週間、、、なんの音沙汰もなかったので、
あんまり、いいニュースじゃないんだろうな〜 って思っていたのですが、

その予想が的中!


ボクの最悪の予想を更に上回る金額提示!


ミスった分も含めて、全部の工事にかかった金額だったら、わからないでもないですが、
ミスした部分なんて、うちの知ったこっちゃない。

そのうえ、ミスした部分のほとんどは、そもそも、あんたたちが、ぼくらと確認せずに勝手にやったことが原因。
頼んだ建具を購入せずに、こちらの合意もなく、安い代替建具を購入して、それで済ませようとしたり、
建具の仕様が大幅に変更になっても、事前に知らせることもなく、勝手に造作してしまったり。
その上、ふざけてるとしか思い用のない仕上がり、不具合。

工事の最中に判ったことではあるが、事前に詰めなければいけないところを、
あんたたちは、最後で決めることができる、、と言っておきながら、ほとんどの場合、決める余地などなかった。
それどころか、ここはこうやってほしいと言えば、今更変更できない、、などなど。

最後に、そちらも予想以上の時間を費やしたかもしれませんが、
それにつきあわされたぼくらの時間の補填はどうなっているのか。
当初の予定の二から三倍以上の時間がかかっていて、その工事中ずうっとこちらは付き合わさせられ、
また、工事が始まってから、もう3ヶ月超、この期間、ほとんど部屋として機能していない事実。

と、ちくちくやっていると、

「じゃあ、これでどうですか、、、」と、いきなり、約二割り引きの値段を提示、、


ま、だいたい、こんなもんなんですよね。 きっと、この業界って。
所詮はどんぶり勘定。。 

 
だけど、この二割引で、とりあえず工事直前の見積もりより、少し値段が下がったレベルなになったので、

とにかく、工事中のドジは考慮されていない金額になったと、勝手にボクが解釈、

そして、前回の見積もりより、値下がった分は、
ぼくらの時間(って、全然割りに合わないけれど)の補填と解釈し、

これ以上ゴタゴタを延ばしたくない私は、とっとと「ダン」しちゃいましたよ。 


もちろん、交渉を延ばすこともできますよ。
だけど、一個、一個記載されている工事の細部の項目毎、これの妥当価格は何?、って、
たとえば違う業者に聞く、、とかね、正直、ボクはこんなことやってられないですよ。


そりゃ、先方も一気に二割りさげてきたんで、
はじめから、その心づもりで来てたのかもしれません、、 
ようは、相手が期待していた通りの値段でダンした、、かもしれません。


だけど、そんなこと、もうどうでもいいですよ。

事実、工事前の見積もりよりちょっと下がった、
部屋は結果的には、事前に予想していた以上の部屋になった、
だけで。

もしかしたら、必要以上のコストを払ったかもしれませんが、
それは、きちんとこちらも事前に勉強をしてなかったから、、、 って解釈でいいですよ。



とういうことで、厳密には、まだこのリフォーム終わってはいないのですが、
とにかく、ここで一段落、、、 ということになりました。



ところで、このお部屋。
今、どういう風に使われているかと申しますと、、、、


まだ、棚の工事とかあるので、椅子とか調達できないので、、、 全然部屋として機能していないわけです。

なので、結局今使っているのは、、、



洗濯を干す部屋、、、 と化しております。

終わりのはじまり 2



今日(日曜日)は最後の仕上げ。
いままで無垢だった柱などに、ダイノックとかいう、色付きのフィルムを巻き付ける作業です。

上の写真が作業前。
下の写真が作業後。

P1120979.jpg


次は床部分です。
いままで、襖のレールがあったところは、へこんでいる部分に、うすい角材を埋め込み、

P1120947.jpg

そこに白色のダイノックを巻き込み、新しいレールを敷きました。

P1120961.jpg


そして、超問題となっていた、
三枚のクロゼットの引き戸(上吊りタイプ)。

P1120966.jpg

は、上吊りはやめて、下にはちゃんとレールがある、二枚扉の普通のタイプに変わりました。

新しい建具屋さん曰く、この高さで、上吊りタイプは無理があります、、
なにかあったときの(たとえば地震)が気になるのであれば、
普通にレールがあるタイプをおすすめします、、  に説得されました。

昨日、歪んでいた木枠もすべて取り外し、レーザー機器などつかって、
水平であることを確認したうえで枠などを再設置したので、扉の納まりもパーフェクト。
しかしながら、高さがかなりあるのと、二枚だと、一枚の面積がかなり大きくなったので、
ものすごい威圧感のある扉になってしまいました。

なにはともあれ、

P1120968.jpg

やったぁ〜!!  (すみません、下品な写真で。)

P1120954_20120910000633.jpg

洋間側から見ると、こんな感じです。

たかが6畳の和室を、洋間に変更させるのに、、
ほんと、ずいぶん苦労したもんです。

ところで、この写真を見て、、少しおかしい、、ところに気が付きます??

答えはまたの機会に。。


そして、最後に残った仕事、、  それは。

それは、、

P1120973.jpg

テレビの壁の方に設置する、机(棚付きカウンター)です。
これは、近く、デザインを決めて、作成にとりかかることになると思います。


だけど、ほんと、ここまでくるのに随分長い時間がかかりました。。


ところで、これでだいたい完成されたので、いままでこの部屋におかれていて、
工事中の間、他の部屋に移動されていた、数々のガラクタが、
今日以降この部屋に戻ってくることになるのですが、

せっかくのこの部屋も、また、ガラクタにあふれかえって、普通の部屋になるわけですよね。。

P1120977.jpg

とにかく、戻す前に、、、 どんどん減らすことを考えないとですね。


最後の一言。
この週末、この工事の間、ずうっと外出もできず、私はそのほとんどをPCの前で過ごしたのですが、
そのおかげで、今回のプラハの写真集を完成することができて、今日、発注いたしました。
(いつもは、作成しはじめてから、ちんたらやるせいで、完成するまで一ヶ月くらいかかっていたのですが。。)

P1120983.jpg


全然リフォームとは、関係のない話になってしまいましたが、、

アルバム、、早くつかないかなぁ〜。。









Index of all entries

Home > 2011 リフォーム Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top