Home > 2011 ALASKA Archive

2011 ALASKA Archive

アラスカおやじ

  • Posted by: bonzofire
  • 2014-04-27 Sun 21:04:55
  • 2011 ALASKA


アラスカのおやじ、御歳82ですかね。。
最後に会ってから、もう3年たってしまいました。
このおやじ、アラスカにいるのが夏の数ヶ月、冬はアリゾナで過ごしているんですが、
先週アリゾナからアラスカに戻ってきたから、、、と、今朝電話してくれました。

DSC03500.jpg

僕からもかけるべきなんですが、周りの人たちが「ボケた」、、なんて言うもんだから、
ちょっと時間が空くと、「もしかしたら僕のこと覚えていないかもしれない、、」なんて
電話するのが怖くなっちゃうんですよね。
だけど、今日の電話を聞く限り、元気いっぱい、、全然3年前に会った時と、変わってないやん、って感じでした。

DSC03528_201404271949551f2.jpg

で、ちょっと嬉しいことがあったんですが、
ちょうど去年、彼がアリゾナに行く間際に、このアルバム→http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-1478.html
を送ったので、今日はアルバム送って以来初めての会話だったのですが、
このアルバム相当気に入ってくれたようで、彼の兄弟にも是非あげたい、ということで、
あと二冊送ってほしいんですって!

DSC03659_2014042719495277b.jpg

なんか、そんな風に言ってもらえると、作った方としては嬉しいですよね!
だいいち、このアルバムの多くの写真は、彼が撮ったものだし、
また、彼もカメラが大好きで、そもそも僕がカメラを始めたきっかけの一つは彼ですからね。

その上、彼には、その昔、ほんといまとなると、なんであの頃は写真に撮ってなかったんだろう、、
って思うような場所に幾度もつれってってもらいました。

今となると、早々のお金や時間があっても、行けないような場所です。。



20110717 KINCAID PARK, ANCHORAGE. ALASKA

  • Posted by: bonzofire
  • 2013-09-29 Sun 22:56:22
  • 2011 ALASKA


つい二週間前に作り始めたアラスカの写真集、あっという間にできちゃいました。

まあ、それほど沢山の写真があったわけじゃないですが、
なんといっても、アラスカといえば、そのスケールのでかさ、、 なので、
ほとんどのページが、一枚=一写真、、にしちゃうと、
ページのアレンジとかにもさほど、時間をかける必要もなかったからだと思います。

作成に要した時間、間違いなく、今までで一番短かったはずです。
(あと、今日の写真は、クリックしてもらえれば、拡大ができます。)

P1060397.jpg

ってな、こと書いている割には、今日の写真は、それほどスケール感がわかる写真ってのは、
冒頭の一枚だけなんですが。。

P1060403.jpg

今日の写真は、Kincaid Parkって、アンカレッジ(アラスカで一番大きな街っていっても、人口30万)、市内の中心部から車で10分くらいのところにある公園。

P1060432.jpg

まあ、公園といっても、日本みたいにブランコや滑り台があるわけでもなく、
だだっ広い大自然の中に、夏は自転車コース、冬はクロスカントリーとしてつかえる小道や、
ハイキングコースが整備されているだけなんですけれどね。

P1060439.jpg

だけど、この自転車コースが、街のいたるところに整備されているので、
街の中心部からも、信号などの邪魔もほとんどなく、この公園まで来ることができたりします。

P1060431.jpg

何十年前に私がここに住んでいた時も、自転車でよく楽しんだものです。
そして、何年に一回しか訪れることがなくなった今になっても、アンカレッジに行った際には、
必ず、一日は自転車に乗って、街中を走ります。

P1060434.jpg

こんな感じです。向こうに見えるのは、自転車コースです。

P1060420.jpg

この日の僕らは、ハイキングでしたが。。

P1060450.jpg

20110717 Home Party!!

  • Posted by: bonzofire
  • 2011-09-23 Fri 19:42:37
  • 2011 ALASKA
DSCF0092.jpg

約8年ぶりのアラスカ到着翌々日、おじさん、おばさんが親戚一同に声をかけてくれて、
ホームパーティーを開いてくれました。
みんな、一品、二品、手料理を持ち寄ってくれます。
こちらは、となりの Jさんの一品。 

DSC03261.jpg

前回訪れた時も同じようなパーティーを開いてくれたのですが、
なんか、あれから8年もたったのか、、 なんて信じられない。

DSC03260.jpg

木の薄皮の中は、サーモン。こちらは Nおばさん担当。

DSC03265_20110923192722.jpg

Nおじさんのピラフ(?)のようなチャーハン。 これは絶品。

DSC03262.jpg

お野菜はだれだったのだろう。。

DSCF0093.jpg

ステーキは、Nおばさんのマル秘のマリネ漬けで、外でBBQしたもの。
ちょっと前に、成長ホルモン漬けビーフ?なんて書いちゃいましたが、
やはり美味い。 ステーキはこれでなきゃ!って感じです。

DSC03276.jpg

きっと、こちらのサラダは Pおばさんかな。 こちらのサラダもおいしかったな。
真似できるかな、、って、さっきまで、写真を拡大しては、何が入っていたのか、、なんて見入っていました。

何を食べてもおいしいし、ほんとうに楽しい一時がすごせました。

我々小生二人のために、こんなによくしていただき、
もう感謝の言葉以外なんにもありません。

ありがとうございました!!


20110715 Seattle

  • Posted by: bonzofire
  • 2011-09-23 Fri 13:13:49
  • 2011 ALASKA


いまだにほったらかしの、今回のアラスカ旅行の写真。 
なんとなく個人的な思い入れが強いせいで、あんまり見たくないんですよね。

が、なんらかのきっかけをつくらないと、、、永遠とほったらかしとなる前に、
ちょっとだけ、お片づけしました。

今日のは、アラスカに行く前に、立ち寄ったシアトルの写真です。
 前ネタはこちらー>http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-956.html

まあ、シアトルで8時間ものストップオーバーがありましたので、
空港から、電車に乗ってダウンタウンを訪れてみました。

一応、シアトルって、全米の中では、かなり奇麗な街、、って、聞いていたんですが、
ダウンタウン界隈を見る限り、確かにこぎれいだとは思いますが、
これといった特徴もなく、典型的なアメリカの地方都市って感じでした。


そして、そうです。
シアトルというと、あのジミヘンの生誕地なんですよね!

ちなみに、先週末でしたかね、たまたまラジオで、
ジミヘンの『Like a Rolling Stone』聞いたんですよね。
重さが全然ちゃうわぁ~ なんて改めて感動しましたね。

どうでもいいか、、そんなこと。




2011 Alaska Vacation

  • Posted by: bonzofire
  • 2011-08-14 Sun 23:46:38
  • 2011 ALASKA


個人的な理由で、なかなか前向きな気持ちで見れないので、ずうっとほったらかしにしていたアラスカの写真。
ようやく、本日整理をスタートしました。
しかし、一緒させてもらったおじさんとおばさんによくしてもらい、また、天気にも恵まれたことから、
大げさに聞こえるかもしれませんが、人生の中でもきっと忘れることのないくらい、
たのしい一週間を過ごさせてもらいました。

DSC03821.jpg

写真って、、簡単だっておもったことはありませんが、
アラスカ、、のような大自然の美しさ、壮大さ、、、 
実際その場所にいると、、 写真との差があまりにも大き過ぎて。。

DSC03789.jpg

で、やはり、たくさんの写真みても、同じような写真ばかり。。
撮った時は、「何か」を感じて撮ってたはずなんですけれどね。 
写真になっちゃうと、単なる「景色」と化してしまい、
その時感じた、空気感というか、、、
まあ、端的に言うと、そういったものを表現できる能力がないんですよね。

DSC03915.jpg

だけど、そもそも、今回の旅行は、観光が目的ではなかったので、
はじめからたいして写真なんて撮ろうと思っていなかったことが悔やまれます。
しかし、逆に撮る気マンマンだったら、アンカレッジから車でわずか1、2時間運転するだけでも
奇麗なところだらけで、、 全然前に進まないような。。

DSC04046.jpg

ま、だけど、何を言っても、アラスカは天気ですよ。
今回はたまたま天気に恵まれたおかげで、こういった景色を見ることができましたが、 
若い頃、住んでいた頃も、海に出ては、荒れてばかりで、いつも酔ってばかり、
今回の写真のような天気なんて、ほとんど記憶にありません。

DSC04062.jpg

しかし、温暖化の影響もあって、僕が記憶しているころに比べると、随分氷河もなくなってしまいました。
僕が昔住んでいた頃は、おじさんのクルーザーで、氷河の真下近くまでいったり、
氷河の上を探索したりしたもんです。 今考えてみれば、とんでもない経験をさせてくれたもんです。

DSC04171.jpg

DSC04150.jpg

最後の写真は、どうってことのないボツ写真ですが、
街のビルとのスケール感が比較できるかなと思い記載しました。

DSC03877.jpg


Index of all entries

Home > 2011 ALASKA Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top