FC2ブログ

Home > 下戸の貧晩酌 Archive

下戸の貧晩酌 Archive

Sancerre La Croix Du Roy 2015

P1590412 (1)

今宵のお酒は、サンセール、、 
サンセールといえば、ソーヴィニヨンブランだと思うのですが、
流石に、新世界物に比べると、爽やか、フルーティーだけじゃなく、もうちょっと奥深い、、
なんといますか、、歴史を感じられるような、、なんちゃって。

そして今晩のおかずは、、カマスの塩焼き。
乾きものもいいけど、こちらはこちらで美味しいです。

P1590414.jpg

La Fortezza Falanghina 2017



休日のお昼に、家でよく冷えたスッキリ系の白ワインをいただく。

P1590202.jpg

それもちょっと甘いものと一緒に。
大好きなひと時であります。

P1590199.jpg

この前のソアーヴェと同じ系統の、柑橘系を強く感じられるワイン。 
この前のに比べると、ちょっとこちらの方がヘビーかな。
あと飲んだ後の苦味が、この前のソアーヴェの爽やかなグレープフルーツのような苦味じゃなくて、
ちょっとくどくて、嫌味な苦味のように感じる。






BIANCO TREVENEZIE il Disperato 2017



その(大)昔、日本でイタリアのワインと言えば、赤だったらキャンティ、白だったらソアーヴェ、、
とか呼ばれていたような、、、ような感じがするのですが、
とにかく、その(大)昔は、、いずれのワインも、、、全く美味しいと思ったことなど一度もなく、
それが原因(だと思う)で、20代でワインなんて飲むことなんて、ほとんどなく、
飲み始めたのはかみさんと結婚た30代半ばくらいからだったと思う。。

で、数年前ある友達から、、
「そうだよ、、キャンティやソアーヴェなんて、イタリアじゃ安ワインの代表格みたいなもんだからね、、」
なんて教わったことがあり、、だからなのかなんて納得してたわけですが、、

ちょっと前にソアーヴェをいただくと、、これが結構美味しくて、、

グレープフルーツのほろ苦さが際立つ爽やかな感じ、、 
この手のワインというと、僕の中では、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランを思い出すのですが、
もしかしたら、ソアーヴェの方が好きかも。
(結局、、、安っちい人間には、、安ワインがよく合うってことですな。(笑))

この日の夕飯は、、、サラダに、ブロッコリー、
パテドカンパーニュに、大阪(のスーパーで売っていた)からわざわざ持って帰ってきた食パン。

バケットならぬ、トーストした食パンをオリーブオイルといただく、これも結構いけるんですよ。
(やはり、、安っちい人間には、、安っちい食パンが一番合うってことです。)

しかし、、爽快感満タンなソアーヴェと、サラダ、、、こんな夕食が一番軽くて好きであります。

P1580929.jpg

Olivier Tricon Chablis Premium Cru Vaillon 2016

P1580220 (1)

先日、伊勢丹でやっていたフランス物産展で買ってきました。
口当たりはすっきりでシャブリって感じなんですが、味は結構濃厚。 僕の好みです。

なんと、ケーキと一緒にいただいています。

P1580222.jpg
P1580227.jpg

ケーキは京橋のHidemi Izumiさんのです。 コーヒーリキュールが効いていて、
柔らかくないティラミスって感じ。 

利他 東京 日本酒


P1580130 (2)

今日のお酒は、神田のお酒!
って、今も酒蔵が神田にあるわけではなく、、今は東村山に移転していて、
神田には小さな販売所だけ残っているそうです。
それを神田って呼んでいいのかってのもありますが、
お酒は、特別な個性は感じられず、飲んだ後に、心地よい余韻が少し残るって感じで、
飲みやすいんですけれど、ちょっとインパクトに欠けるって感じですかね。

P1580140.jpg
P1580142.jpg

それよりも、今日の酒のアテは鰆の塩焼き。
なんともこれが美味しい。

P1580134 (1)

あ、そうそう。
この後デザートに頂いた、利他酒饅頭、、これがまじ美味しかった。
今度はお酒よりも、この饅頭を買いに行きたいと思っています。


Index of all entries

Home > 下戸の貧晩酌 Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top