Home > 2016 PORTUGAL Archive

2016 PORTUGAL Archive

ポルトガル 7-2 エヴォラ 2


DSC_7032_2.jpg
DSC_7050.jpg

こちらもひさしぶりの更新、ポルトガル編。
ほとんど全てが中途半端になってるので、一番終わりに近づいているポルトガル編くらいは完結しないと。

今日のは、エヴォラの二教会からの写真。
前にも書いたと思いますが、さすがにこれだけ沢山の教会を見ると、、、状態。

DSC_7100.jpg
DSC_7112.jpg
DSC_7119_20170716210318ebc.jpg
DSC_7123.jpg
DSC_7132.jpg
DSC_7134.jpg
DSC_7138.jpg
DSC_7155.jpg
DSC_7156.jpg
DSC_7153.jpg

そういえば、今年も長期休暇を取得しなきゃいけないんです。
この前のシアトル休暇は一週間だけだったので、会社が規定する長期休暇に相当しないんです。
かといって、、他の人たちと休暇がかぶるわけにもいかず、
スケジュールを確認すると、何の問題もなく休暇が取得できそうなのは、7月末から9月初めくらいまで。

わっちゃぁ、、どうしましょう。。 何か計画できるかな。。


ポルトガル 7-1 エヴォラ 1

DSC_7073 (1)

今回のポルトガル旅行もそろそろ終わりです。
このエヴォラは、あの天正遣欧少年使節が立ち寄った町ということで日本人にとっては有名な街。
なんと、それって、織田信長の時代、約450年前のお話。。

DSC_7082.jpg

4人の13,4歳の少年が船に乗って、
二年とかかけて、リスボンまでやってきて、その後、陸路イタリアに向かったのだとか。
すっごいですよね。。 ものすごいロマンですよね。
それに、もっとすごいのは、きっと、この街、特に旧市街は、その頃から、あまり変わっていないんでしょうね。

DSC_7091.jpg

もちろん、彼らが立ち寄った教会とか、彼らが聞いたと思われるパイプオルガンとかも
まだ残っているのだとか。。

DSC_7096 (2)

そして、出発してから約10年後に、日本に戻ったころは、時代は豊臣秀吉の時代。
その直後に、バテレン追放令が発令するんですよね。。
帰国したら、布教は禁止、見てきたところの話をするのも禁止。

DSC_7159.jpg

ところで、このデザインのお皿は、ひとつくらい買ってきても良かったかな。。
今更、そんなこと考えてもね。。

DSC_7170.jpg

街そのものは、いままでの訪れてきたところが、かなり印象的だったことも、
それに、この街の後が最終訪問地のリスボンってこともなり、
なんとなく、、印象薄。 

DSC_7196.jpg

ごめんなさい。。 もう教会も、向こう10年分見ました、、って感じですしね。。
もう、とっとと、リスボンにいって、少しでも、そちらで長く過ごしたい、、
と思っていたのは、ぼくだけじゃなかったはず。。

DSC_7199.jpg
DSC_7188.jpg
DSC_7179.jpg
DSC_7085.jpg
DSC_7165 (4)

上の写真、すでにブログで紹介済み。 
かなりお気に入りの写真なんですけれど、
残念なことにピンボケ。  あかんなぁ。。
今時のカメラで、こんなピーカン時で、ピンボケって、、 
一度でいいから、カメラの基礎ってのをきちんと習いに行きたい。。。

DSC_7183.jpg

ポルトガルのお土産 3



ポルトガルって魚の缶詰が有名だそうで、、ということで、
ぼくらも何缶か買ってきました。 

P1410740.jpg

だけど、残念なことに、買ってきたのは、ほとんどイワシのばかり。。
日本に帰ってから、あるテレビ番組で気づいたんですけれど、まったく別物もたくさんあったそうで、、
あぁぁ、、もっとちゃんとよく見ればよかった。。

P1410742.jpg

今週末は、昨夜、今日のお昼と、ドカ食いしたので、、今晩の夕食は、缶詰一つで済ませることにしました。

パンは一つ余分だったな。。



ポルトガル 6-6 フロール ダ・ローザ 2

P1350997.jpg

それでは、ポサーダでの夕食。
すごく美味しかったって思っていたんですが、写真を改めて見直すと、
そんなに大したことなかったかな。。  
まあ、見栄えはともかく(写真が下手くそなだけ、、とも言える)、、
広くて綺麗なレストラン、まともなウェイターちょうど日暮れの時間で優雅な気分で食事ができたので
いい思い出が頭の中で膨張してるんだと思います。。


P1350996.jpg
P1360003.jpg
P1360019.jpg

食事中に日が暮れてきて、、とても綺麗、、
広い店内には、きっと外国からバカンスで旅行している気品高い初老のカップルがまばらに座っていて、、
「今日はこんな景色が見れて楽しかったね、、」なんて話してるのかな。
自分も年取ったらあんな風になりたいな、、なんて。

デザートの頃には、すっかり日暮れで写真も撮れなかったので、
食事前にとったデザート類の写真。

DSC_6889.jpg
DSC_6891 (1)

おまけ。 こちらは翌日の朝食。

P1360025.jpg


ポルトガル 6-6 フロール ダ・ローザ



そして、こちらが、マルヴァオのポサーダから、変更になった、フロール ダ・ローザって街のポサーダです。
マルヴァオからは小一時間ほどで到着。
バラの街、、って感じなのかよくわかりませんが、
とにかく、マルヴアオの山の頂上じゃなくて、こちらは、まったくの平地のど真ん中に
ぽつんと立っている旧城につくられたホテル。

DSC_6977.jpg

ホテルの外といえば、観光地どころか、、
こんなとこフラフラ歩いても、、ってくらいの超超ど田舎。。

DSC_6832 (1)

しかし、ホテルの中は、ちょっと、モノホンのお城だけあって、それなりに迫力があります。

DSC_6843.jpg

こちらはちょっと良さげなバー。 あとでこようかな。。

DSC_6853.jpg

宿泊したのは、お城じゃなくその後ろに立っている、新館。
普通のホテルです。

DSC_6857.jpg

鍵はカードじゃなく、こんなの。 欧州ではよくあります。 
大きくて、重くて、ポケットにも入れることができない。。

DSC_6875.jpg

こちらはバルコニーからの景色。
「畑の匂い」満タンです。(笑)

DSC_6885.jpg

こちらは食堂。 ちょうど、陽が落ちてきていい感じです。

DSC_6888.jpg

食事の写真は次回に。

DSC_6895.jpg

そして、食後はバーに出かけてみました。
客一人おらず、、で迷っていたら、なんと、フロントのお兄ちゃんんが、バーテンダーに変身。
この地域を代表するようなお酒が飲みたいって、、出てきたのがこちら。
覚えているのが、Liquor de Portugalって、、どこにでもあるような名前のお酒だったんですが、
薬膳酒のようなので、これがとても美味しかったです。
名前が名前なので、どこにでもあるのか、、って思ったのですが、結局最後まで見つからず、、でした。

DSC_6914.jpg

結局最後まで、他の客一人来ず、、

DSC_6941.jpg

ということで、僕らもいっぱいだけお酒をいただいて、この日は終わり。
おやすみでがんす。


Index of all entries

Home > 2016 PORTUGAL Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top