Home > きょうのパン Archive

きょうのパン Archive

タカキベーカリー くるみ食パン



またまた食パンの紹介。
こちらは、実家で朝食用にと母さんが用意してくれていたもの。

以前もタカキベーカーリーの食パンを紹介したことがありますが、
こちらの食パンも結構イケると思います。
一ネタ前の、北野食パンとは全然違うタイプなので比較対象はできませんが、
コンビニとかで売ってる、くるみパンとかに比べると、妙な甘さも抑えられていて、
全然こちらの方が美味しいと思います。

P1520904.jpg

このパン、サイズが通常食パンの2/3くらいの大きさなんですが、その分、かなり分厚くカットされています。
これが、普通のサイズで、この厚さだったら、、僕的には多すぎなので、ちょうどいいサイズ。
そういえば、北野食パンも、おなじようなサイズ、厚さでしたね。

P1520905.jpg

ル・パン 北野 神戸 北野食パン

P1520645.jpg


こちらは、神戸北野で見つけたパン屋で買ってきた食パン。
いろいろなパン屋で食パンを買っていますが、、ひさしぶりに、美味しい!って思うのに出会えました。

お店の説明によると、
ホップ花、林檎、ジャガイモ、米麹で作る「ホップ種」で発酵させた、中はもちもち、外はサクサクのハード食パン。噛みごたえがあるため、食べた時の風味が格別で、またホップの香りや苦みが愉しめます。乳製品や卵を使用していないため、小麦アレルギー以外の方にはおすすめ。有機グラニュー糖を使用。

東京でもこんなのを見つけなくっちゃ!

と思っていたら、帰省時に伊丹空港で、同じお店があるじゃないですか!

残念ながら、同じ食パンはなかったので、
代わりにクロックムッシュを購入。 こちらも超ベリグッドでした。

P1520883.jpg
P1520887.jpg


アトリエ・ド・マヌビッシュ 春日 東京


P1520055 (1)

訪れた先々のパン屋さんに行っては、食パンを買ってくる、、
で、朝それを食べて会社に行く、、それが、(買いためたグラノーラがほとんどなくなってしまったいま)
ちょっとしたマイブームなってるんですけれど、
しかし、、、やることはいいんですけれど、それぞれの違いを表現できるくらい繊細な味覚もなければ、
表現できる文才もなく、、ほとんどブログにまで乗せることもなかったんですが、

それでも、ここで紹介している=「まずい、」とかその他何か特徴があったとか、書いていなければ、
記録に残したいくらい美味しかった、、ってことで、、

そういった意味でいうと、、このパンは美味しかったです。

この前、オムライスで訪れた春日のお店の直ぐ近くにあったパン屋。
食パンがなかったので、このドライフルーツが練りこまれたパンを買ってきたんですけれど、
雑味がまったくなく、塩辛くもなく、甘すぎることもなく、かつ小麦が凝縮されてとてもバランスの良いパン
(なんやそれ、、って表現ですね、、)、

で、食べてからネットで調べてみると、、、食パンは予約しなければいけないほどの人気らしいです。
、、というより、それだったら、もっと食パン焼けよ、、って感じもしないでもないですが。。

しかし、、フルーツが入って糖分が高いせいか、いつもの食パンと同じ時間で焼くと、
この通り、、、

P1520061 (1)

やってもうた。。



VIRON 丸の内(TOKIA) 東京 ペーストリー系

P1520007.jpg
P1520006.jpg

前回に引き続きVIRONのパンです。
昨夜、かみさんがVIRONのバケットを入手できた、、のはいいんですけれど、
、、ついでにと、、余計なものも一緒に買ってきてくれました。

ちょっと前まで、日曜朝は太陽光いっぱいの浦安で、こういったものとコーヒー、、が週末の楽しみだったのですが、
そんなことにもあまりときめくことがなくなってきた今日この頃であります。
ましてや、この日は神田、、 おいしくなるわけがない。 (笑)

P1520023.jpg
P1520030_20180318220340205.jpg

関心のバケットは、、、塩味がちょっときつめ、もちもち系、、
二三切れだけいただいてあとは冷凍しちゃいました。



VIRON 丸の内(TOKIA) 東京 クロワッサン


P1500287.jpg

丸の内のレストランを併設した超人気(と思う)パン屋さん、VIRONさんです。
バケットは外資系エクスパット御用達だとかで、、焼きあがる時間に合わせないと、ほぼ購入不可能
ぼくはまだ出会ったことすらないです。。 

まあ、そんな感じなので、他のパン類も人気があるんですけれど、とにかくお値段もそれなりで、、
けち臭い、、ぼくはあまりくることがないんですけれど。
ところで、クロワッサンは確か350円くらいします。

ぼくの味覚がおかしいのかもしれませんが(きっとそうなんだでしょう。)
それほどバターの香りもなければ、小麦の甘さも感じられず、塩っぽいこともなく。
やすっちいもちもち感がないのはいいですけれど、ご覧の通り、中はまじ空洞。
極端に書けば、一体、何を食したんだろう、、って感じ。

P1500300.jpg

こちらは、中にチョコがはいったやつ。
チョコが入りすぎているのもいやだけれど、、、こちらの量もちょっと極端。
こちらも、なんでこんなにみなさんの評価が高いのかは、、よくぼくにはわかりません、、

P1500292.jpg
P1500294.jpg

なぜでしょう。。


Index of all entries

Home > きょうのパン Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top