Home > きょうの惣菜 Archive

きょうの惣菜 Archive

Raible 日本橋三越 東京


P1490374.jpg

ここの惣菜が結構いけるんです。 上のがパックでなんと900円! 
日曜日のお昼は外食が多いので、帰りにこれを一パック買って、
夕食はワインと一緒に、かみさんと半分こです。

P1490378 (1)

この日は、グルナッシュの白。 シャトーヌフ・デュ・パプとか口がひん曲げないと発音できないやつです。
これが、バニラの香りがして、なんとも美味いんです。
ということで、食事のあとも飲んでます。。

P1490263_201711032344199f8.jpg

グルナッシュといえば、最近飲んだこちらの赤も美味しかったです。
なんかイメージ的には、スパイシー、、って思ってたのですが、全然そんなことなかった。。
チーピッシュ(失礼。。)なシラーより、こちらの方がはるかにいいかも。


小田原鈴廣の味

P1490081 (3)
P1490078 (1)

今日のお昼も外食だったので、夜は軽く済まそうと、練り物パックを買ってきました。
というより、ちょっと夜は涼しくなってきたので、ポン酒が飲みたかったんですが。

P1490075 (1)

写真1、2枚目のはんぺんを焼いたやつみたいなのが、ふわっとして美味しかったです。
今日はわさび醤油でと、思ったのですが、練り物全般下味がついていて、何にもなしで大丈夫。

これに酢の物でもあれば。。




浅草田浦 草津亭 銀座三越



ここ一ヶ月間、旅行、風邪、祭日が繋がり、ジムに行けてなかったんですけれど、
ようやく昨日体動かすことができました。
一ヶ月といえど、、わずか一ヶ月サボるだけで、(ちょっとばかし増えた)筋肉は萎み、お腹はたるみ、、 かなり悲惨。

で、それと、この弁当が何の関係?

というのは、せっかくなので、昨日のジム、自転車で行ってきました。
そんでもって、帰りは、夕飯に刺身、と思い、三越に行ったんですけれど、
時間が時間だったので、お弁当とがが閉店前の割引価格になっていたので、
ついつい弁当を購入、そして、お魚は、刺身ではなく、割引になっていた切り身とかに変更し、それらは本日以降に、、と。

このちょっとけち臭い生活、、ハマるかも。

ってのも、このお煮しめ弁当、、 結構行けます。  これが確か500円とかですよ!
お店のおばさんが、ほんと美味しいから騙されたと思って買ってみて、、って、、
全定価払っても十分満足できるお弁当だと思います。

P1470386.jpg

こちらは、カミさんの方。 相変わらず、非協力的です。
したのは、お弁当3割引にもかかわらず、これも美味しいから食べて、っておまけまで頂戴しちゃいました。

P1470388.jpg

、、ただ、、、今日の残念事項は、、
日本酒を冷やしておくのを忘れたので、、唯一、浦安の冷蔵庫に残っていたこちらのビールで、、

P1470395.jpg

さすがにこれは、あわない。




鯖街道 花折 銀座三越京都展 京鯖寿し

P9240003 (1)
P9240007.jpg
P9240009.jpg

今日は三越の京都展で買ってきた京鯖寿司で一杯やりました。
母の実家が京都なので、その遥か昔(なので記憶が美化されているだけかもしれませんが)、
それはそれは美味しい鯖寿司を何度も食べた思い出があり、
東京でも見かけるたびに、買っちゃうんですよね。

だけど、、何か違うような気がして。。

こちらも同じ京都展で買ってきた、あさりの生姜煮。
京都にしては、味がちょっと濃いめと思いましたが、東京のにくらべると全然薄いです。

P9240015.jpg

これを鳥取県大山のお酒と一緒に。 後ろにみえるのは、缶詰のサンマの蒲焼。

P9240013.jpg

お酒はさっぱり系なので、味が濃いめのあさりとサンマにとてもよく合い、、ちょっといい気分。


写真は、前ネタのフルーツビールと同様、約1年ぶりに、オリンパスのコンデジで撮ってます。
十分明るいと、まあまあ撮れるのですが、ちょっと暗くなると、解像度が一気に落ちてしまいますね。。
もうほとんど、僕のiPhoneレベルの画像かも。
それに、電球色のホワイトバランスがまったくだめで、笑えます。。

だけど、、チルドスクリーンのタッチシャッターは、いいです。。
またまた、タッチシャッター付きのコンデジが欲しくなってきました。



鳥近 人形町 卵焼き



先週訪れたばかりの鳥近さんに再訪。
というのも、前回は何も知らずに焼き鳥だけ買って来たのだけれど、
その後、ここのお店の「卵焼き」が有名ということを知り、早速買って来てみた。

お店で買う卵焼き、、は、たとえば築地のなんちゃら、、とか、前にも買ったことがあるのだが、
初めの一口はまあ美味しいとして、かなり味が甘め、もしくは濃いめで、
一口、二口食べれば、もう十分(というより店頭の試食でほとんどOK)なので、
もう何年も買って来たことがありません。

さてこちらのは、、

しっかりしたアルミのパックに入っていて、一本850円。
卵焼きに850円?と思いきや、手に取ってみると、ずっしり重いので、量もかなりありそう。
写真は、その半分。 つまみにいただくのであれば、二人で二回にわけてたべても十分な量。
いや、ぼくらだったら三回にわけでも十分だと思う。

色は、出汁の色がでているのか、黄金の黄色というより、茶色がかっています。
卵焼き=ふんわりとは思いませんが、とにかく、どっしり感が強い。

味は、、出汁の味が前面にでてて、やはり、濃いめ。そして甘め。
しかし、いままでたべたのはすぐに飽きちゃうんだけれど、こちらのはくどい甘さじゃないせいか、
それほど飽きない。 

これだけどっしりした卵焼きだし、そもそも焼きたてでもないので、ふんわり感はもちろんないのだけれど、
口の中に放り込むと、全然焼き過ぎ感もなく、いい感じでとろけていく、、ちょっと感心。
まあ、ここ数年、お店の卵焼きたべたことないので、きちんとした比較もできないので、
こんど他のお店のも食べてみようかな。。

ということで、こんな日は、かんたんなつまみと、日本酒だろうってことで、、

こんにゃくとメンマを、黒七味でピリ辛で炒め(所用時間約5分)

P1470078.jpg

きゅうりもみに、ゆかりをふりかけ、(所用時間、アナザー5分)と、

P1470094.jpg

前夜作った、肉豆腐の残り物で、、

P1470089.jpg

と思ったら、、、肝心の日本酒が、、ほとんどないではないか。。 がーん。

しょうがないので、先日買って来た、白ワインと一緒にいただくことにした。

P1470103 (1)

南アフリカ、シュナン・ブランで、店員さん超オススメだったのだが、、
僕的にはイマイチだった。 独特な果実味が食事と合わない、、 ちぇっ。
すっきり系のシャルドネだったら、、

P1470086.jpg


Index of all entries

Home > きょうの惣菜 Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top