FC2ブログ

Home > 今日の展覧会 Archive

今日の展覧会 Archive

帆船日本丸 横浜 神奈川


DSC_7114 (1)
DSC_7131 (3)
DSC_7140 (1)
DSC_7152 (3)
DSC_7154 (1)
DSC_7187 (1)
DSC_7196 (2)

こちらも何年も何年も前から見てはいるものの、今回初めて船内を見学してきました。
また、この帆船のすぐ横には、横浜港博物館もあり、こちらも行ってきました。
横浜港博物館は館内撮影禁止なので、写真はありませんが、
昭和初期からこの港から海外のあらゆるところに旅立っていった資料とかの展示など
かなり見応えがありました。

https://photos.app.goo.gl/KuBjw611ykZgretu9

DSC_7213 (2)

小松亮太 アルゼンチン・タンゴ・コンサート

P1650226.jpg

ちょうど一年ほど前に、うちのカミさんが友達に誘われて、
世界的に有名なバンドネオン奏者、小松亮太さんのコンサートに行ってきたのですが、
いたく感動しまして、絶対にあなたも見に行くべき!というので、
実は去年、すでにその機会はLive Image 19というコンサートで見させていただいたのですが、
そのコンサートは彼だけでなく他の多くのアーティストが交替で演奏する形式で、
小松亮太さんが演奏したのはわずか二曲、それもタンゴではなくジブリ系の楽曲だったので、
この度、再トライということで、こちらのコンサートに行ってきました。

コンサートは、小松亮太さんの他約10名のアンサンブル、その上、
ゲストにジャズピアニストの国府弘子さん、世界クラスのフラメンコギタリストの沖仁さん、
同じく世界クラスのタンゴのダンサーまで、、と豪華絢爛。
演奏曲は、ほとんどの曲は誰でも一度はどこかで聞いたはず的なタンゴ曲を集め、
その上、バンドネオンとアコーディオンの違い、フラメンコとタンゴ、ジャズの違いの説明付き、、
簡単に言うと、小松亮太さん、バンドネオン、タンゴを知ってもらいましょう、、的なコンサートで
とても楽しかったです。

ただ、、ちょっとだけ難を言わせてもらいますと(スンマヘン)
これだけの演奏家が参加されているので、アンサンブル系色強く、ちょっと綺麗すぎるというか、
スリリングなライブ感にちょっと欠けてしまっていた、、のが僕的には、残念なところ。
人気ミュージシャンなので、かなり難しいんでしょうが、
今回のようなコンサートホールではなく、ジャズクラブとかで3、4名編成とかで聴けたら、、
どれだけすごいんだろうと。。

それでは、何本かビデオの紹介。。 
どうもソニー所属のミュージシャンだからだと思うのですが、
ちゃんとした彼のビデオは、ほとんど見当たりませんでした。














TOMIX SHOWROOM 神田 東京


P1650156.jpg
P1650163.jpg
P1650173.jpg
P1650177.jpg

つい先日、うちの近所に、鉄道模型メーカーのトミックスのショールームがあることを知ったので、
今日出かけてきました。

鉄道模型は、子供の頃から、いつかはやりたい、、と思う一方、、
こんなものやって一体何の得になるねん、、気持ちも半分あり、
ずうっと手が出せないままなんですけれど、、
YOLO(人生は一度だけ)、やらないまま終わるより、
とりあえずやってみようかなって考えが、特にここ最近強くなっております。。

で、実際訪れてみて、何十年ぶりかに、間近に鉄道模型を見たり触ったりして感じたこと。

自分が思っていたより、、はるかに小さくて、繊細で
もし始めたとしても、もう老眼で、まともにレイアウトなんて作成できないのでは、、ってことを痛感しましたね。

しかし、そんなことはともかく、見学すること約5分もたたない間に、携帯電話が。。

外出からの帰りに、
神田駅でカミさんと別れ、僕はこのショールームに、カミさんは仕事するのに帰宅したのですが、
なんと、カミさんが「家の鍵を忘れた、、、」と。
なので、「駅の改札まで来るので、鍵を持ってきてほしい」

まあ、普通の感覚だったら、このショールームにまで取りに来ると思うのですが、
「そんなビルがどこにあるのかもわからないし、探す時間が無駄」。。

なんか一気に冷めちゃって、、
ショールームには戻らずそのまま僕も帰宅しちゃいましたよ。。
で、帰ってきて、何枚か撮った写真をよく見てると、

P1650165.jpg

上の写真では、車が事故で横転して、警察や救急車、また現場検証している警官の姿が見られますね、、
下の写真の右上、ボケていますが、親子がホームの先端で、鉄道の写真撮っている姿が見られます。。
おもしれ~。

P1650169.jpg

僕もやろうかな。。。

足立美術館 常設展 島根県

スクリーンショット 2020 001 026 午後4 007 059 0png

今回、山陰地方に旅行に行ったのは、横山大観先生の「紅葉」を観たかったからと言っても過言じゃないくらい、、
こちらの作品を見たかったのですが、、

全く事前の期待を裏切ることなく、素晴らしい作品、、
もちろん庭園も素晴らしいのですが、横4メートル、高さで僕と同じ170cm近くあるこの大作、、
この色彩が、体を取り囲むわけで、まさに圧巻です。

下のは、二つに画像を分割したもの。絵をクリックすると、もう少し大きい画像が見れます。

スクリーンショット 2020 001 026 午後4 001 050 0png

スクリーンショット 2020 001 026 午後4 003 007 0png

そしてもう一つ見たかったのが、川端龍子先生のこちら。
こちらも画像をクリックすると、もう少し大きくて、鮮明なのが見れます。
色彩が大観先生のと同じなので、似てるといえば確かにそうかもしれませんが、
こちらも素晴らしい作品で、、ほんと絵の前で4、5分くらいうっとりしてました。

スクリーンショット 2020 001 026 午後4 017 052 0png

スクリーンショット 2020 001 026 午後4 009 052 0png

展示作品が圧倒的に多いとかではありませんが、どれも珠玉物ばかりなので、見応えがあります。
こんな作品群を個人が集めて、このような形で展示される、素晴らしいことだと思います。

スクリーンショット 2020 001 026 午後4 010 036 0png

*すいません。画像は無断でネットから拾ってきたものを貼り付けております。




所蔵作品展 パッション20 今みておきたい工芸の想い 東京国立近代美術館工芸館 北の丸 東京

P1640817.jpg
P1640818.jpg
P1640820.jpg
P1640822.jpg
P1640823.jpg
P1640825.jpg
P1640828.jpg
P1640829.jpg
P1640830.jpg
P1640831.jpg
P1640833.jpg
P1640834.jpg
P1640837.jpg
P1640842.jpg
P1640847.jpg
P1640850.jpg
P1640856.jpg

いかがでしょう、、 
250円の展覧会、、にしては出来過ぎ、、、って相変わらず下衆な話なんですが、、

人を感動させることがで芸術品や演奏家、、 素晴らしいですね。





Index of all entries

Home > 今日の展覧会 Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top