FC2ブログ

Home > ふるさと納税 2018 Archive

ふるさと納税 2018 Archive

天ぷらバル 天よし 市ヶ谷 東京


P1590745.jpg

こちらはふるさと納税でいただいた食事券を利用させていただきました。
確か、この食事券をいただいた時は「天よし」のみで、本格的な天ぷらをいただけると思っていたのですが、
(食事後)にしらべてみると、年初に、「天ぷらバル」ってよりカジュアル形態のお店に変更したそうで。。

ということで、店内は、てんぷらやではなく、バーそのもの。
まあ、天ぷらがおいしければそれでいいか、、って思ったものの、、
高級天ぷら、、ではありませんが、チェーン店系のカジュアル天ぷらとの中間みたいな、天ぷらですね。

お店の売りは、天草産のこぶりの車海老、、
こぶりなので、頭も尻尾も一緒に、、って感じなんですけれど、僕的には、普通のサイズで別々に食べる方がいいな。

。。というより、確か事前の説明では、特別な食材を準備とかで、一週間前の予約が必須なんですが、、
これが特別な食材なのか?はかなり疑問。。

P1590749.jpg
P1590747.jpg
P1590750.jpg
P1590752.jpg
P1590754.jpg
P1590753.jpg
P1590758.jpg
P1590763.jpg
P1590764.jpg
P1590768.jpg

さとふる
熊本県上天草市
【東京・市ヶ谷】天よし特別ディナー「潮風」コース(2名様1組)


手羽先唐揚げ 高知県奈半利町



ここでも何回か書いたんですけれど、ふるさと納税の高い返礼問題。
中でも一番有名なのが、泉佐野市みたいで、僕も何回かお世話になっているのですが、、
僕が今まで頂いた中で、一番返戻率が高いと思われるのが、こちら奈半利の返礼品。

最低寄付金額5万円で年12回プラス1回、何かが送られてきます。
何か、、、は着いてからのお楽しみ、、なんですけれど、
単純に割り算しても、一回4000円、返戻率30%として、一回の送付分は1200円、、ってことになりますが、
これが1200円より価値があると思うもの、それも、毎月、何がしら違う商品を送ってきてくれるわけです。

ということで、去年に引き続き、今年もお願いしたのですが、、
今年は、、送られてくるのは、揚げ物ばかり。。 
今日の写真の一品、手羽の唐揚げ、、もその一つ。

しかし、、これが美味しい。

ということで許しちゃおう。。

P1590334.jpg
P1590337.jpg

そして、この日の安ワインはこちら。。
外苑前にあるおしゃれなスーパー、、と思いきや、、なんのことやはAEON系列じゃないですか、、
AEONといえど、外苑前にもなると、、、こんなにおしゃれになるのかと。
うちの近くにある、まいばすけっととやとはえらい違いや。。


【大平樂】九州食べ比べカレー(5種×2)10個セット


P1580231.jpg

相変わらずカレーが好きな僕であります、、
と言っても、カミさんがそれほど好きじゃないので、食べれる機会って、カミさんがどこかに出かけた時くらい。
しかし、そんな時は、お店のカレーが食べに行きたくなるし、、だし。
今日はたまたま、時間の関係で、ふるさと納税でいただいたカレー。

これが結構美味しい。
今日いただいた鶏骨つきカレーの鶏がパサパサしてたのはちょっと残念だったですが、
カレーそのものは、そんじょそこらのお店のカレーよりも美味しい、、、

この後に運動が控えていたので、これだけで終わっちゃったけれど、
もしなかったら二つ目食べてたかも。

P1580233.jpg

さとふる
福岡県上毛町
【大平樂】九州食べ比べカレー(5種×2)10個セット
(スミマセン、リンク切れになってます。)

米子市体験パック



こちらは、
ふるさと納税でお願いした品物とは別に、後日、お礼として送られてきたものです。
米子市からで、、自慢にもならないんですけれど、、何を納税でお願いしたのか覚えていません、、すみません。
だけど、、こんなのが送られてくると、、なんとなく嬉しいですよね。。
ちゃんとありがたく思っていただいているのかな、、なんて。
また、米子市には何でもいいから寄付しよう、、いや、一度は絶対に訪れてみたいかなって。

P1570407.jpg

ところで、、この制度、いろいろ話題になっていますよね。。

返礼品の還元率が高すぎる、、なので、最高3割以下にしろって、オカミから通達が降っていたり、、
それなりの返礼品いただいている僕から見れば、全く余計なお世話だ、、って思う一方、、
こんな制度を作ってしまって、
今やふるさと納税からの寄付金の方が、地元で取得できる住民税の何倍にもなっている地方の市町村、
この寄付金をあてにして、様々な地元振興策を施行してたりするので、
今更、この寄付金が少なくなってしまう、、なんて到底受け入れられませんよね。。

一方で、還元率が低くなったからって、寄付金の総額が変わるわけでもなく、
なぜ、還元率が低くなったから、寄付金が減ってしまう、、って嘆く市町村がいるのかも不思議でなりません。
だって、僕自身から見たら、年収が同額で、寄付ができる上限額が変わらない限り、
還元率の大小なんて関係なく、とにかく貰えるものは貰っとかないと、その分住民税納めるだけなので、
たとえ還元率が1割になっても、きっと寄付を続けることになります。

僕らサイドの寄付する総額が変わらないにも関わらず、寄付金が減ってしまうと危惧している市町村は
実際の話、還元率が高いものでないと、寄付金が集まらないような魅力のない返礼品しか提供できない、
市町村ということになります。 なので、、僕は、、還元率の大小よりも、
今後はもっと面白い商品が揃ってくるんじゃないかな、、なんて、ちょっと期待したりしてます。

僕がふるさと納税制度に積極的に参加したのは、ここ三年くらいですが、
この制度があったからこそ自腹だったら絶対買わないような物をたくさんいただくことができたと思います。
こう行った制度があるからこそ、先述した通り、どの道税金に取られるくらいだったら、
何でもいいから貰っちゃえ、、になってしまうわけです。

だけど、この制度があったからこそ、今までできなかった、
いろんな日本酒や焼酎の飲み比べができたり、地元グッズが楽しめたと思います。
そんなことを考えると、還元率が今まで平均で3割5分くらいと計算して、
実際、今までいただいた商品を、全額自腹で払ったとしたとしても、
きっと、それから得られた満足度>金額だと思います。

もちろん、年がら年中、おんなじお酒のんで、おんなじもん食って、それが一番っていう価値観の人もいるので、
まずいうまいもあるかもしれませんが、毎度違うもんをいただくのが楽しい、、のが絶対正しいとも思いませんが、
僕的には、こう行った制度がなければ、きっと試すことができなかった様々なものに出会う機会を作ってくれた
この制度、、はそれなりに、、いい制度だったと思います。


ドリップケトル



コーヒーを結構飲むにも関わらず、こんな物ももっていなかった、、、
というのも、今の住居が狭く、カミさんがもうこれ以上モノを増やすな命令があったからなんですが、
ま、怒られても、あれば使うだろ、って感じで、ふるさと納税でいただきました。

P1570285.jpg
P1570286.jpg
P1570289.jpg

結構、綺麗でしょ??
しかし、、鉄瓶でお湯を沸かしてから、こちらに移す一手間がめんどくさくて、、、
今の所、ほとんど出番がございません。。

さとふる
新潟県燕市
匠弥 IH対応木柄ドリップケトル1.2L

Index of all entries

Home > ふるさと納税 2018 Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top