Home > 写真やカメラのぐち Archive

写真やカメラのぐち Archive

新東京ビル 丸の内



今日、、ちょっとの間、かみさんから解放されたついでで、、
前から撮っておきたいと思っていた、新東京ビルの写真撮ってきました。

白い大理石とモザイクのフロアーがとても印象的。
きっと、このビルもそのうち再開発の対象になっちまうんだろう。

P1450043.jpg
P1450045.jpg
P1450044.jpg
P1450048.jpg
P1450050.jpg
P1450051.jpg
P1450053.jpg
P1450032.jpg
P1450038.jpg
P1450026.jpg
P1450066.jpg

大手町タワー


P1390458.jpg
P1390460.jpg
P1390468.jpg
P1390472.jpg
P1390495.jpg

そういえば、そのむかし、ビルの写真を3、4枚だけ撮って、ブログに残すことをした記憶があります。
結局、長続きせず、その企画も(他のいろいろな企画同様)すぐに終わっちまった、、んですけれどね。
で、今日の建物写真を機に、その企画を再開するわけではありません、、 (やっても続きそうにないので。。)
だけど、、建物の写真を撮るのは好きなんですけれどね。

ところで、明日、5月のポルトガル旅行以来(いや6月だったかな。。)、
ひさしぶりに、一眼レフを持ち出して写真撮ってこようかな、、と思っています。

会社は相変わらずで、もうめっきり出社すること自体が超苦痛。
よく他人やかみさんには、いくらいやでも、給料くれるんだから、適当にクビになるまでのらりくらり
やってればいいやん、、、なんて言ってるんですけれど、
自分が逆の立場になると、いかにそれが難しいことなのか、よーくわかる毎日です。
というより、今となれば、そんなことできる人、逆に尊敬します。(笑)

ひさしぶりの外出、、そんな嫌な気分を晴らすことができれば、、、

なぁんて、そんな簡単に気分転換できるんだったら世話ないっすけれどね。


じゃあ、寝ます。














浦安市民花火大会

DSC_9031 (1)

土曜日は毎年恒例の浦安市民花火大会、、
で、、過去何度か手持ちで写真を撮ったことがあるんですけれど、
今回はじめて、三脚を持ち出して花火撮影にトライしてみました。。

というのも、
今年は有料で席が確保できるから、、って聞いたので、
せっかくなので、一番高い2000円のチケットを購入してみました。。


P1360853 (1)

そして当日、いかんせん勝手がわからないので、花火が始まる約3時間前に現場に出向いてみると、
席さえ押さえておけば、何度も会場から出入りができることを教わり、
最前列、それも、花火が打ち上げられる発射台のほぼ真前の席を確保。

ここで、、 この席であれば、誰の邪魔もせずに、三脚で花火を撮ることが可能かなって思い、
早速お家に帰り、きっと10年間くらい一度も使ったことのない三脚を倉庫から探し出し、、
それが終わると、ネットで「花火を上手に撮る方法」を調べ、、
それに、カメラと一緒に購入した、リモコンスイッチ、、
こちらは、今回利用するのがはじめて、、も未開封の箱から取り出し、
ついでに、泡物のハーフと、ビール二缶もリュックにつめこみ、
再度会場に。 

ただ、いざ会場に戻って、三脚を設置しようとすると、カメラと三脚をつなぐ雲台を忘れたことに気づき、
お家に再度戻る、、なんて伏線もあったのですが、、
とにかく、花火が始まる前には、会場で全て準備完了。

DSC_9079.jpg
DSC_9083.jpg
DSC_8998.jpg
DSC_8996.jpg
DSC_8952.jpg
DSC_8974.jpg
DSC_8991.jpg
DSC_8999.jpg
DSC_9084.jpg
DSC_9113.jpg
DSC_9094 (1)

で、、花火の写真、、結構難しかったです。
ほとんどが、手ぶれ、ピンボケ、全然ダメものばかり。
ここに記載したのは、まじ、これでも、綺麗に写ったものばかり。

はじめての花火の写真、
慣れていない三脚利用、
使い勝手もよくわからないリモコン、

など、いろいろ言い訳ができるんですけれど、、、
それでもなにが一番ダメだったかというと、、、

アルコール、、ですね。

クソ暑いせいで、、
カメラを設置してから、花火が始まる約3、40分の間に、持参した飲み物を全て飲んでしまったせいで、
結構いい加減に酔っ払ってしまいました。。 (まじあほです。)

自分はそれほど酔っ払っていないと思っていても、
やることが雑になるんですよね。。

で、結局、、写真は、手もち写真より、ちょっとだけましな写真が数枚撮れただけ、、
そして、、今回はじめて利用した、リモコン、、これを会場のどこかに落としてきました。。
あれ、たしか、結構高かったんだよな。

ま、それでも花火は、、というより、2000円の席でみれる花火こちらは想像以上によかったです。

2000円ぽっちで、これだけ楽しめる花火大会
来年もきっと行くとおもいます。
そしてカメラ、来年もトライしようかな。






靖国神社

P1310548.jpg

LX100はじめての風景写真は、先週末桜の開花宣言があった靖国神社で試させていただきました。

P1310549.jpg

こんな神聖な場所で、、とは思いながらも、
ちょうど花見がはじまったこともあり、神社へと続く沿道には出店が並び、花見客でごった返し状態。
まあ、これだったら、さほど心配しなくても大丈夫。

P1310556.jpg

といっても、もっと桜が咲いているのかと思いきや、だいたい開花してるのはよくて2、3割。
あ、いやいや、ぼくは花見に来たんじゃなかった。 

P1310550.jpg

で、肝心の写真。

P1310559.jpg

画質が硬い、、 
マイクロフォーサーズといえど、焦点距離が遠くなると、F2.8でも、ほとんどパンフォーカス状態ですね。
合焦速度はかなり早いと思いますが、ピンポイント的なものに、焦点を当てることはほとんど不可能。

P1310562.jpg

まあ、そこらへんは、良いも悪いも、、だいたい自分が予想していた通り。
一方、、かなり落ち音でいるところ。

P1310563.jpg

もうちょっと測光がどうにかならないかな。
って、別にこのカメラが悪いってことじゃないんですけれど、
今のSLDRとかだと、平均測光とかしててもHDR機能とかで、暗部が自動で持ち上がってくれたりして、
写真のメリハリはなくなりますが、ぼくなんてかなり重宝している機能なんですが、
さすがに、、コンデジにこの機能を求めるのは酷ですかね。。

P1310566.jpg
P1310569.jpg

ところで、まだ使い方を心得ていないんですけれど(大げさな!)、
このカメラに一つ、、ものすごく気になる機能がありまして(じゃあ、早く習えばいいんですけれどね。)

P1310568.jpg

その機能は、ピンポイント的に合焦したところに、自動的に露出を合わせてくれる(スポット測光)。
どのカメラでもスポット測光ってありますが、だいたい、AELockでもしない限り、
測光できるのは、真ん中のみ、だとおもうんです。
これが、LX100だと、ピントが合ったところにスポット測光してくれる機能がついてる、、って言うんですから、
ぼくみたいに、スポット測光大好き人間には、たまらない機能です。

P1310574.jpg

ただ、、今の所、まだ使い方わからない、、ので、そもそも全く話にならないんですけれど、
スポット測光したいとき、それはだいたい、焦点したいところが周辺よりも暗い場面で、
そこだけ持ち上げたい(よって周辺は、露出オーバーで白くつぶれてしまいますが、、)時だと思うんですが、
このコンデジの焦点機能では、その暗いところに、合焦させるのが、至難の技。。

P1310581.jpg

また、その逆の場合、周辺がそもそも暗くて、焦点したいところにそもそもスポットライトが当たっている場合、
こういったときには平均測光して、暗い部分をある程度持ち上げるわけなんですが、
このカメラの平均測光、、全然もちあがらない、、笑っちゃうほど持ち上がらない。
まじで機能してんのかい?って感じです。。

P1310591.jpg

まあ、まだ、使い始めですし、、まあ、ぼくの悪い癖で、
ろくに取扱説明書とか全く読んでいないですからね。。

P1310583.jpg

それにしても、だけど、色が派手なうえに、コントラスト強めの写真が多いですよね。。
これも、ここまでのレベルとなると、ちょっと気になります。
まあ、カメラの設定をちょっといじれば、ここら辺も自分好みの色合いに変更することも可能だと思いますがね。

P1310584.jpg

で、、次の気に入らないこと。
これはLX3の時もそうでしたけれど、設定が結構大変。
XZ2は、総合メニューみたいな画面が一つあって、これをワンボタンで呼び出し、
あとは、設定したい項目のところにカーソルを動かす、、ってのが動作になるのですが、
LX100には、そんな総合メニューがそもそもない。 あかんなぁ。。



で、唯一、、今日の試し打ちで、気に入ったところ。

広角側の24mmでも、結構歪まない、、ってことぐらいですかね。。

とにかく、まだまだ試し打ちしないとですね。。

LX100復活


P1310294.jpg
P1310300.jpg
P1310297.jpg
P1310302.jpg
P1310306.jpg

LX100、、ちょっと前に、このカメラ故障してるんです、、って書いたんですけれど、
恥ずかしいんですけれど、、、

私の勘違いもいいところでした。。

では種明かしです。

このカメラ、ファインダーがついているんですけれど、、
ようは、一眼レフと同じで、そこに目を通すと、バックスクリーンが消えちゃうんですよ。

いつも、ぼくがコンデジ使うときって、いつも斜めに構えたりしたりして撮ってるんですけれど、、
わかりますよね、、
角度によっては、手がファインダーにかかって、それが理由でスクリーンが消えてたわけです。

アホでしょ。

よって、ファインダーを常にオフ状態にして、はい、いままでの問題解決!

まあ、そもそも、なんでこんなコンデジにファインダーが必要やねん、、とも思いますが、、
それと、ぼくの勘違いは、、また別の話ですね。。


そして、この前話していたように、F2.8くらいにちょっと絞って撮り始めました。

前ネタのバルバッコアジャムも、LX100、、の写真です。
バルバッコアの半分くらいから、F2.8まで絞って撮り始めたんですけれど、
だけど、自分が期待していた、、ような写真は、なかなか撮れない。

事前に想像していた通り、
合焦範囲が広がるので、あまり、ピンポイント的にどこに焦点してるかを気にしなくてもよくなったのですが、
このカメラ、3cmまで寄れる仕様ですけれど、
どうも、ここまで寄ると、絞りがどうであろうが、、周辺が流れるみたいですね。
これは、、ちょっと残念ですけれど、、これがいわゆる紙のスペックってところです。

なので、今日のランチ(この記事の写真)から、ちょっと被写体から遠ざけて撮り始めたんですが、、
この被写体でいうと、1、3、4、5、、被写体から5〜10cmくらいの距離で撮ると、
結構綺麗に撮れる、かなってことがわかってきました。

2枚目のような距離(10cm超)になると、逆に絞りを開放にしちゃうほうが、もうちょっと後景がボケるかも。


いままで、XZ2でも綺麗に撮れるって思っていたんですけれど、、
購入してから、はや一ヶ月以上たって、いまようやく、条件さえあえば、
LX100の出来は、別次元の綺麗さで撮れる、、、ことがわかりつつある一方、、

このLX100、色が派手(そして、EYさんが既に指摘してくれた通り青色よりがすぎるかな、、)、
コントラスト強で、いままでの写真とはかなり違う感じしますね。。


ま、まだまだ勉強しないと。。








Index of all entries

Home > 写真やカメラのぐち Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top