fc2ブログ

Home > 2020 TAKAMATSU Short Trip Archive

2020 TAKAMATSU Short Trip Archive

花園亭  高松市  香川


P1700315.jpg
P1700316 (1)
P1700324.jpg

せっかく香川に来たので、これだけは絶対に食べたかった。。
あんころ餅が入った雑煮。
京都の白味噌雑煮の丸餅が、あんころ餅に変わった、、だけかと思いきや、
京都は昆布出汁に対して、こちらのは、いりこ出汁だそうです。

P1700320.jpg
P1700319.jpg

わっはっは  高松市  香川



高松の夕食は、こちらでいただきました。
どこかいいお店はないかと、ホテル近くの繁華街を歩き回って選んだのがこちらのお店。
選んだ一番の理由は、この(ちょっとふざけたように感じる)店名ですね。 

P1700265.jpg
P1700270.jpg
P1700268.jpg
P1700280.jpg
P1700282.jpg
P1700289.jpg
P1700290.jpg

しかし、これが大正解。
女店主がとてもいい感じの方で、カウンター越しで色々面白いお話しを聞かせていただいた上、
お客さんの仕切りもうまく、気づいたら、カウンターに座っているお客さんたちとも話が弾むという、
あまり居酒屋や小料理に行ったことがないこともあり、そういった展開ってテレビでしか見ることがないので、
貴重な体験(笑)ができました。

お料理も美味しく、珍しい酒粕の焼酎までいただき、大満足の夕食となりました。



オハラうどん 善通寺 香川


P1700257.jpg
P1700255.jpg

この日、うどん二杯目は、善通寺のすぐ裏にあるオハラうどんさんでいただきました。
きっとオハラさんがやっているお店なのかな。

お昼過ぎ、、に訪れたので、確か、これが最後の二杯だったら、これしか用意ができなかった、、かどちらかだったと思います。
うどん通の人は、釜揚げ、釜茹で、釜玉、かけ、ぶっかけ、とかの違いがわかると思うのですが、
はい、この僕、一体何が違うのかよくわかっておりません。
なので、この写真を見ても、どのおうどんをいただいたのかもわからないのですが、、
とにかく、こちらも美味しかったです。

P1700259.jpg

おやつはこちら、、 僕には、甘すぎでダメでした。 うどんとは全く関係ないです。


太郎うどん  琴平  高松


P1700243.jpg

四国、初上陸でいただいた初めての食事は、もちろんうどん、、です。
こちらは空港から金比羅山に向かう道中、琴平に入ってから2、3番目に見つけたうどん屋さんです。

そりゃせっかく四国まで来たわけなので、有名なお店でいただきたいのは当然なわけですが、
(失礼ですが)一方で、うどん天国にいるわけなので、どこで食べても、それほど差なんてないだろう、、と。
そんでもって、金毘羅さんに近づくほど、観光客でお店が混んでいる可能性もあるので、
街に入ってからすぐのお店でいただくことにしました。

このお店に行ったのは約一年前なので、覚えていることだけ書きます。
初めて見たのは、、え? これって大阪のうどんじゃないの?
ただ、大阪のに比べると、もうちょっと腰があったかな。
出汁はちょっと甘めだったかな、だけど全然くどくなく、とても美味しかったと思います。

P1700240.jpg
P1700246.jpg

うどん二杯いただいても、7,800円くらいだったんじゃないかな。

こりゃ安上がりでいいや!


香川県立東山魁夷せとうち美術館 坂出市 香川


DSC02832_20210919183621f81.jpg
DSC02835_20210919183630412.jpg
DSC02833_DxOPsp (1)
DSC02836.jpg
DSC02839.jpg
DSC02840_202109191836297da.jpg
DSC02841.jpg
DSC02843.jpg
DSC02847.jpg

瀬戸大橋記念館からすぐのところに、こちらの美術館があります。

こちらの建物は、今回の旅行、谷口吉生先生の作品第二弾です。 
一発目はこちら→http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-4038.html


谷口先生の作品といえば、、
葛西臨海公園展望広場レストハウス 葛西 東京
葛西臨海水族館 葛西 東京
Ginza Six
もそうなんですけれど、
コンクリート
シメトリー
壁一面の窓

曲線がない
ゆるやかなスロープ
で、おおよそ日本人が普通に考える現代建築物=谷口先生、、ま、安藤忠雄先生の作品とよく似ている
(こんなことを書くとお叱りを受けること必須なので=あくまでもぼくみたいなど素人がみたとろこで、、ということで
ご理解ください)
んですが、、安藤先生はより知名度が高いからななのか、
安藤先生のは、建物だけじゃなくて、周りの景観まで取り込んだ作品が多数あるって感じですかね。

で、この僕は、建物だけじゃなくて、東山魁夷先生の作品にも興味があるのですが、、
すみません、彼の名前を冠した美術館にしては、、、展示品も少なく、これはいかがなものですか、、ってレベルです。

これで、わずか一泊二日の短い、ぼくの初めての四国旅行は終わりであります。
四国デビュー戦にしては、まずまずってところかもしれませんが、
やはり高知にも行きたいし、まえから、宇和島になぜか行きたいと思っていて
(みなさんもありますよね? 土地名だけがなぜか響いて、とりあえず一度行って見たいところって。

ぼくらは、この後、再度高松に戻って夕食して、その後空港に向かったわけですが、
結局、振り返ると、これが最後にいった旅行、、よって、ほぼ一年近くどこにも行ってないと。

早くまた旅行できるようになるといいですね。


Index of all entries

Home > 2020 TAKAMATSU Short Trip Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top