FC2ブログ

Home > マンションのぐち Archive

マンションのぐち Archive

リフォーム・アゲイン? いいえ、まだ先の話です。



先週、中古マンションをフルリフォームした物件の見学に行ってきました。
業者曰く、100平米近くのマンションで、通常だったら1200万くらいかかるリフォームを、
この物件には、これでもかってくらいの仕様を施すため、2400万かけたと話されていましたが、、
流石に、これだけお金かけただけあって素晴らしい出来だったと思います。

P1620626.jpg

まず、広いオープン、アイランドキッチン。 アイランドの方の手前には、鉄板グリルが備え付けられています。
そしてアイランドに並ぶように、ダイニングテーブルが設置されているのですが、
カジュアルチックですが、誰かに自慢するのが目的ではないので、僕的にはこんなのでいいと思います。

P1620633.jpg

キッチンにかなり大きなスペースを取ってしまったので、リビングが、この大きさのマンションにしては、
ちょっと狭いかな、、感じもしないでもないですが、ソファの右側が、
ワインクーラーを備えた、バーチックなスペースになっているのですが、
考えれば、超無駄なスペースなんですけれど、楽しめるのであれば、これこそ贅沢なスペースだと思います。

P1620630.jpg

その上、リビングがちょっと狭いのはともかく、ダイニングテーブルの奥に、
ちょっとしたデスクスペースがあって、リクライニングチェアーが。 
これもいいですよね。 ここにPCとかおいとけば、ダイニングテーブルとかに置く必要がなくなるし。

P1620634.jpg

難を言えば、、冷蔵庫が上の写真で言えば、、左上のパントリーみたいなところに設置されていまして、
これはお料理するときにちょっと不便かな。 
あと、僕的には、リビングが小さすぎて、僕の夢の一つ、ちゃんとしたオーディオが設置できない、、

何れにせよ、近く会社での生活より、自宅で過ごす時間の方がはるかに多くなるのは避けられないので、
自宅で過ごしやすい空間を作るのは、とても大事なんだろうなと、、
そうなれば、やはり一番楽しいのは、、きっと食べるのと飲むことなので、
やっぱりキッチン周りを充実させたいかな。

P1620627.jpg

あとは、鉄道模型を設置できる自分の小部屋!


大規模修繕 バルコニー床タイルはがし



近く、マンションの大規模修繕があり、
バルコニーに敷いてある床タイルを剥がさなければいけなくなってしまいました。
事前説明では、修繕業者が別料金でやってくれる、、と住人の修繕担当者から聞いたのですが
最終的な業者による説明によると、現状復帰はしない、、すなわち、剥がして処分してくれる、、ことが判明。

、、、結構大変そうなので、、もう剥がしてもらうだけでいいかな、、なんて僕は考えていたのですが、、

カミさんは、、そんなのありえない、、私が絶対いや、、の一言で、、
しょうがないので、、、自力で剥がし始めました。。

P1600328.jpg

タイルの下は相当、、汚いのでは、、とある程度予想していましたが、、
全くこの上の写真見たいな汚さではありません。
上のは一番端っこなので、この程度で済んでますが、、、
真ん中の方は、下床なんてまったく見えないくらいの泥が堆積してました。
なので、タイル一枚剥がすたびに、高圧洗浄機で泥を洗い流すといった作業を、、
繰り返し、、合計3−4時間くらいやったかな。。
結局、約25%くらい剥がし終えたところでギブアップしました。

そうそう、、、やっている最中に、高圧洗浄機はいかれちゃいました。。
これなんて、約5年前に買ってから、年に約4回の利用、ようは合計20回くらいしか使っていないんですけれどね。

その上、、、このタイル、一枚、一枚が重いんですよ。。
一度に5枚くらい持つのが限界。 持って歩くだけだったら、もう数枚、一度に持てると思うのですが、
これを床から持ち上げて、次の移動先に、置く行為が辛い。。。

しかし、、剥がしたのはいいものの、、最終的に、このタイル、工事中どこに保存、家の中??
うぅぅん、、それはちょっと嫌かも。。

業者に金払って、、初めから、処分した方が良かったかな。。

P1600334.jpg


ちなみに、今朝も、もうちょっとタイルを剥がそうとしましたが、、、
3枚くらいやっただけで、暑さのせいで、、今日はすぐにギブアップ。。。

ベッド搬入



ちょっと前に、蒲田に行ってきた、、なんてブログに書いたんですが
それは、このベッドを買うためでした。 シングルベッド二台。 
これで、ちょっとだれかが泊まりに来ても大丈夫(と言っても、誰も来る人がいないのだが。。)。
和室を洋間に変えて、そしてダブルベッドが一つおいてあった部屋にベッドを二台入れる、、
これを計画して、、4〜5年くらいたつんじゃないかな。。
ようやく終わりが見えてきました。

P1180229.jpg

で、なぜ蒲田、、というと、
当初は三越か大塚家具で買うことを予定して外出したのですが、
よく新聞とかでシモンズフェアーとか広告に出てるじゃないですか?
道中、そのことを思い出してネットを見調べると、たまたま、その週末は蒲田にある家具屋さんで、
シモンズフェアーをやっていた、、 それが理由で、蒲田に行く事にしたんです。(くっだらねぇ〜でしょ?)

P1180231.jpg

で、この家具屋さん、、もうフルに「昭和〜」って感じ(街全体が昭和って感じなんですがね。)、
はじめはこんなところで買って大丈夫かいな〜(失礼ですみません。)って思っていたんですが、
結局はメーカー発注なので、どこで買っても商品は同じ、違うのは値段だけなので、
値段をこの時点で聞き比べるのもみっともないし、他のお店にいくのも面倒くさいので、
このまま、このお店で購入することにしました。(配送もタダにしてくれると言うし。)

P1180232.jpg

物置部屋と化していたお部屋が一つなくなったので、少しでも収納スペースがあるのがいいかなと、
はじめは、ベッドの下に収納できるのを考えていたのですが、そんなことをしてもガラクタが残るだけと思い、
通気性のいいフレーム。下はルンバが走るだけのスペースと、ベッドの足が中側にあるタイプを選びました。
ちょっとでもベッドの圧迫感が緩和されるのと、ベッドに足をぶつけたりすることがなくなることを期待して。
そして、思い切って、この部屋にあったほとんどのガラクタを処分しちゃいました。

P1180239.jpg

あれから二週間、今朝配送にやってきました。
で、どうでもいい話なんですが、、
配送の初老のおっちゃんが、、結構キャラクター者で、話を聞くと、やはり大阪出身。
ちょっと話をすると色々複雑な過去がありそうなんですが、すぐに打ち解けちゃって、
「是非今度蒲田に来たら、僕のこと呼んでください。大阪の美味しいお好み焼き紹介します」
それも、最後まで、
「必ず夕方にきてください。必ずお店にいますさかいに〜」だって。



まじで、行ってみようかな。。

棚家具

うちの物置と化してしまった(そもそも子供部屋となるはずだった)部屋のお片づけの続きです。

とにかく、この部屋を片付けるには、3つの大物を処分しなければいけないんですが、
ここまでのところ、

① ベッド

P9150002.jpg

この前、新しいベッドをもってきてもらった時に、家具屋に引き取ってもらいまいした。

P9150024.jpg

年月はたっていますが、全然問題ないベッド、、ってことで、
かなり心が痛みました。 

そして次は、
② ワインセラー、、
こちらは、セラーの中に入っているワインを処分してからでもいいか、、
って感じでおきざりになりました。

③ 最後の大物は、、 本棚っていったらいいのか、、、ばかでかい収納家具。

P1180033_20131006134617825.jpg

買ったのは、もう10年くらい前ですかね。
今の場所に引っ越す前に購入したもの。
いまとなれば、それほどの出費じゃないかもしれないけれど、
あの頃は、たかが棚にこんなカネ払うか〜、、なんて悩んだ記憶があります。

P1180034.jpg

ところで、この家具、まじで重くて、
今のところに引っ越してくる際に、引っ越し業者が落っことしてしまい、ボキって割れちゃったんです。
あの時の、業者の顔、よく覚えています。
「なんにもなかったことにしてくれないかなぁ〜」って。

P1180035.jpg

実をいうと、この棚、本棚を意図して買ったのですが、いかんせん奥行きがありすぎて、
本棚としては機能しない。 だけど、ばかでかくて、一旦設置すると、重すぎてどうにもならない、、んで、
あの時も「修理しなくていいので、いくらか弁償だけしてくれないかなぁ〜」なんて思っていたんですよね。

だけど、どうそれを口出ししたらいいのかわからず、結局修理してもらったんですけれど。。

P1180037.jpg

で、なんで、全体像の写真がないか、、というと、
今朝、引き取りにくるぎりぎりの時間まで、棚の中の物の整理におわれてしまい、
撮る時間がなかった。。  情けない。。

P1180038.jpg

わずか一時間くらいの作業で、家具はバラされてしまい、作業終了。
もったいないなぁ〜 なんて捨てることを、2、3年悩んでいた(長過ぎ。。)けれど、
実際、行動にうつすと、「あっ!」という間におわっちゃいました。


ただ、部屋は、、、家具はなくなったものの、捨てきれなかった中のガラクタだけが残されてしまい、、、

さあ、、どないしましょう。


P1180040.jpg

ところで、今回のカゼは長引いています。

僕だけだったのが、かみさんにまでうつってしまい、

夫婦そろって、絶不調。  





ワインセラー



うちには(小さな)ワインセラー、、があるんですが、
実は、使ったのは、購入してから2、3年のみで、
最後に、ドアを開いたのも、、、、もしかしたら5年以上経ってるかも。

あまりにも時間がたってしまったせいで、
ドアを開ける勇気がなかった、、というのがほんとのところなんですけれどね。
(冷蔵庫と違って、湿度をある程度のレベルで保つ、、のが目的なので、
庫内がかびちゃう時があるんですよ。)

P1170905.jpg

だけど、近く、うちの最後のリフォーム、
今回は去年のようなリフォームじゃなくて、
物置と化してしまった小さな寝室をきちんと使えるように、掃除しましょうと考えていまして、
それには、その寝室に放り込んである様々なモノのの整理が必要。

そして、その一つが、ワインセラーなんですが、、
捨てちゃう前に、、とりあえず、中に入っているもので、もしまだ飲めそうなものがあれば、、
飲んじゃいましょうよ、、と、今日5、6年ぶりに扉を開いてみたわけです。。


ところが、驚き桃の木山椒の木(なんやそれ。。)、全然まとまじゃないですか〜。


一応、外見を見るかぎり、まだ庫内のワインが飲めそうなことを確認した私、、

ケチな僕は、やはり、中でも一番安そうなのを選んで(注:そもそもそんな高いものはありません)、
飲んでみることにしました。


飲み頃をそもそも逸してしまったのかもしれませんが、
それなりの月日を保存しても、安ワインが、高級ワインに変わることは、、、

ないようです。


しょうがないので、たくさんのワインを使うもの、、
で、10分くらいしかかからず、アホでもできる料理は、、


P1170901.jpg

ということで、今晩はこんなもので済ませました。

Index of all entries

Home > マンションのぐち Archive

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top