FC2ブログ

Home > 2006年03月25日

2006年03月25日 Archive

一周年

私はマンション住まいである。

約一年前に購入:私が始めて買ったマンションである。

で、今日は、入居後一年の定期点検、集中補修の一日で、一日中補修の専門家が、部屋を訪れては、こちらが事前に提出した、補修箇所をチェックし、その場で直せるのであれば補修し、時間がかかるようであれば、後日へのリスケとなるわけである。

で、我が家は、7-8箇所の修理をお願いしたのだが、中には20-30箇所を指摘する人も結構いるらしい。

修理をお願いしたのは、全般的にクロス関係が多い。

剥がれ
クロスの伸縮による隙間の拡大化
クロスの破れ

うちのクロスの素材は、厚手で、かつ凹凸があるため、素人の自分から見ても、かなり扱うのが難しいのが推測できる。

しかし、マンションってのは大体3月末引渡しで、多くのマンションの引渡しが3月末に重なることや、大抵工期のスケに無理があるため、1-3月までに突貫作業をするべく、内装工事も多くの職人が手薄になるため、いい加減な仕事が多発するのである。

うちもその被害者で、入居当時は、その雑な仕事に落胆しぱなっしだった。これは、もちろんクロスだけではない。

全般的な出来(もちろん目に見える部分だけだが)は、ここに入居する前の、月12万の賃貸物件の方がよかったくらい。

もちろん、かみさんもこれには耐え兼ねられないと、入居時から補修を要請。

結局、4月半ばに入居して、落ち着いたのは、6月半ばくらいだった。

補修に来られる業者は、大抵「前任者のことを、下手な仕事ですねえ。どうしても1-3月期は、手薄になって、素人くさいのが仕事やっちゃうんで、こんなことになるんですよねえ」とか言って、補修を始めるのだが、、、、

1-2週間もすると、その補修されたところが、またまた、剥がれてきたりしてね。

それどころか、補修しにくるおっさん等も、結構ずさんというか、、、
工具をそのまま床にゴンって置いたりして、ハイ、床に傷、ありがとうございました。
油汚れの手で、壁に触ったりして、ハイ、そのとれない、その汚れ、ありがとうございました。

ってな感じで2次災害が起きるわけである。

そんな、恐怖概念があるもんで、今回の補修にも結構気をつかうわけである。

もしかしたら、ほっといた方がいいかもなんてね。


で、この続きも、また今度にしてと、、、

いづれ、マンション購入時に発生したトラブルなんかも、今後書いていけたらと思う。
まじで、人生最大の買い物にして、最大の頭痛の種となった。

Index of all entries

Home > 2006年03月25日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top