FC2ブログ

Home > 2006年04月02日

2006年04月02日 Archive

プチ花見














僕はこの季節花粉症なので、あまり外にでるのは、、、好きじゃない。

ただ、今日花見にでもいかないと、明日(4月2日)は天気がイマイチって言ってることもあり、
近所の鏡川沿いの桜をちょっとだけ見てきた。

まだ、桜を樹林してからあまり年がたってないせいか、木は小さく、ちょっと寂しいかな。
しかし、あと5年、10年もすると、目黒川通りとはいかなくても、それなりにサマになってくると思う。

話変わって、今ベストセラー中の「国歌の品格:藤原正彦著」で、桜に対する日本人独特の感性についての記述があった。 

「桜の花が咲いて綺麗なのは、一年でわずか3,4日くらいだが、また、その時を狙ってるがごとく、雨や風が吹き荒れる。 ただ、日本人は、この3、4日で散っていく桜の花に人生を投影し、他の花とは別格の美しさを見出す。」

著者は、日本人は自然を受け入れ、自然との調和を目指す一方、西洋人にとって自然とは、人類の幸福のために征服すべき対象、と指摘されている。 

んー、確かにそうかもしれない。  

よって、欧米人は桜を見ても、「Oh my god! This is Beautiful!」の世界で、まさか桜が散っていくところに人生を投影したりはしない、、、、 欧米人だったら、真っ先に品種改良して、散らない桜を開発するんだろーなって?

んー、確かにそうかもしれない。

この前、今来日中のストーンズのミックジャガーがインタビューで、「桜の季節に初めて日本に来た。桜を見るのが楽しみだ」って言ってた。

ミックといえば、過去の来日では、早朝ホテルを飛び出し、皇居をジョギングしてたとの話が聞かれるが、今の季節だったら、千鳥が淵を横に、「oh, wonderful」って言いながらジョギングしてるかな。

とか

BBQは禁止との張り紙を無視してビール飲んで、焼肉食ってる人たちを見て、彼らは桜に何を見てるんだろう、、、

云々考えながら、鼻をかみ、目をこすりながら、散歩してきました。

Index of all entries

Home > 2006年04月02日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top