FC2ブログ

Home > 2006年04月05日

2006年04月05日 Archive

SHURE E4c


今日のネタはイヤホンである。

あれは2年ほど前であるが、会社の先輩が、Etymotic Research社のER-4S購入し、それを視聴させてもらったのがきっかけで、野次馬精神旺盛の僕は、ちょっとばかし、イヤホンにも興味をもつことになった。

http://kakaku.com/prdsearch/detail.asp?PrdKey=20460410644

今でからこそ、量販店でも購入できるようになったおかげで、値段もは2万円台後半に下がったのだが、その当時は、1、2しかない正規代理店でしか購入することができず、彼は確か3万円台半ば払ったと記憶している。ただ、2万円であろうが、3万円であろうが、僕はその時まで、そんなに高いイヤホンが存在することすら知らなかった。

「このEtymotic社というのは、補聴器専門のメーカーで、、」うんぬんの話を聞いたのだが、さすが、3万円もすることもあり、黒い上品なケースの中に、イヤホンと、色々なサイズのイヤーピースがセットされており、かなりの高級感を漂わせていた。

このイヤホンは、(リンクしたページに写真が載ってます)、カナル型とかいわれるタイプで、耳栓みたいに、耳穴にねじ込むことにより、外部の音をほとんど遮断し、鼓膜に直接音を響かせる、構造となっている。リンク先の写真で見てもわかると思うが、白い三つになった層を耳穴に突っ込むのだから、外部の音は全くといって遮断されるのだ。

ずいぶん、前置きが長くなったが、このイヤホン、とにかく、凄い音なのである。

今まで音の周りに膜でもはっていたようなものが、一気にクリアーになり、耳から音が入るというより、脳の中央から音が湧き出てくるという感じだ。

普通のスピーカーだと、設置場所や自分の聞く場所が、あんぽんたんな所であれば、部屋中の無駄な反射音を聞いてしまうことになり、どれだけ高価なスピーカーやステレオでも、その効果は半減してしまう。しかし、このイヤホンだったら、まず失敗はない。(ただし、耳穴へのねじ込み具合により、実際はかなり音の特長に変化はでるのだが、、、)

具体的な比較は無理なのは承知しているが、ステレオは設置する場所にその性能を相当左右されることを別と考えても、30-40万くらいのステレオより、遥かにいい音がなるんじゃないかと思う。


じゃあカナル型のイヤホンであれば、みんな同じなのかというと、そうではない。

僕はその当時も今も、ソニーのEX71とかいう約4,5000円のカナル型イヤホンを持っているが、値段の差を考慮しても、音質は全く比べ物にならない。 音 vs 音楽 くらいの差はある。





そして、高級イヤホンを紹介してもらってから、2年近くたち、約一ヶ月ほど前に、ついに私も購入する機会を得た。

もちろん、あの頃の無知の私とは違って、僕自身、それなりの情報も得たし、、、
(というより、Ipodが爆発的に普及したことにより、こういった高級イヤホン市場も大きくなって、これら商品の情報が、手軽に入るようになっただけなのだが)


で、この3万円を軸とした、イヤホンでは、

ETYMO の ER-4c
SHURE の E4c (なんでこんなに名前が似ているのだろう?)
ULTIMATE Ears の Super.Fi 5 Pro

に人気が集中している(そうだ)。

ただ、どれを選ぶかとなると、いろんなカキコをよんでも、結局は自分が聞かないと解らないし、かりにお店で視聴できたとしても、だれの耳の穴に突っ込まれてたかわからないイヤホンを自分の耳に入れるのも、ちょっと抵抗があるし、、、などなどで、結局は最後は「えいっ、やあー」の世界になってしまい、

僕は、SHURE の E4c

を選んだ。

というより、実は、このイヤホンはかみさんのIpod用になることが決まっていたので、どの道、このあと、またもうひとつ買うこと(僕の分ね)になるだろうとの憶測から、同じのを買うのではなくて、違うのを選んだほうがいいや、、ってことで、E4cにした。

ということは、私の本命はE4cではないのだ。(私はかなり心の腐った人間です、、、)


で、このE4cであるが、やはりいい音なのは間違いない。
僕が聞いているMediaが IPODのMP3であるので、はじめから、凄い音には期待できないのだが、、、、それでも、それなりの音がでる。

IPODでCD交換のわずらわしさもなく、この音質で聞けるのは、私にとって至福のひと時。 それも、電車の中、通勤途中、散歩中に聞けるのである。(もちろん外部の音は遮断されているので、ほとんど気にならない。(ちょっと危険だけれどね))

Etymo の ER-4cに比べると、低域の音が幾分強いためか、音が少し、にごって聞こえるのと、全般的に音そのものは柔らかいような気がする。ただ、先輩のER-4cは購入直後に聞かせてもらったこともあり、まだエージングもすんでなかっただろうし、僕の言ってることは、あまり当てにならないかもしれない。

確かにイヤホンに3万も払うのは高いと思う。だけど、この3万円は、きっと、貴方の音楽に対する考え方、聞こえ方、感じ方を、すべてひっくり返すくらいのインパクトがあるんじゃないかな。(大げさだなあ)

是非、一度、視聴っていうより、「えいっ、やーっ」の世界で購入してもらいたい。

Index of all entries

Home > 2006年04月05日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top