FC2ブログ

Home > 2006年04月11日

2006年04月11日 Archive

最強の組み合わせ



つい先週、会社の同僚から「最強の組み合わせ」について面白いWebを紹介してもらった。

「最強の組み合わせ」とは、レトルトカレーを色々組み合わせ、どれが一番美味しいのかを試食した結果である。

筆者は、過去に違う種類のレトルトカレーを混ぜ合わせると、コクが一段と増し、お店顔負けのカレーになるとの話を聞いたことがあることから、それを実践して最強の組み合わせを自分で探してみたそうだ。

詳しくはネットを見てもらいたい。
http://portal.nifty.com/koneta06/02/01/02/

僕自身、筆者のような悠長なことをやってられないんで、早速、お店に行って、彼の勧める「最強の組み合わせ」を買ってきた。

彼が勧める「最強の組み合わせ」とは、

S&B キーマカレー
新宿中村屋 インドカリー

箱が似ているので同じ会社のものかと思えば、全く別物みたいで、双方とも、店に並んでるどのレトルトカレーよりも高かった。

ただ、ネットにも書いてあるけれど、二つ買っても600円にもならない。
これで本当に上手いのであれば文句は言えない。

ただ、僕はあまり、ククレカレー以外のレトルトカレーはほとんど食べたことがないんで、僕の意見は参考にならないかもしれない。

ククレカレー以外ないというのは、ククレカレーが大好き    
 
だからではなくて、

レトルトカレー自体、あまり好きではなく、
一番安い(と思われる)ククレカレーより高いものを買おうという発想がなかったからだ。

あのレトルト独特の匂いと、サイコロの形をしたゴムのようなじゃがいもが大嫌いなのだ。

大抵、レトルトのカレーを食べるくらいだから、ご飯は「サトーのご飯」みたいなものをつかうのだが、あのゴムみたいなご飯も、美味しいと一度も思ったことがない。 僕から見たら、レトルトカレー+サトーのご飯は「最悪の組み合わせ」だ。

よって、いつのまにか、ククレカレーをカレーライスとして食べるのではなく、スパゲッティーにかけて、カレースパゲッティーとして食べていた。おなじ鍋の中に、スパゲッティーとククレカレーをゆでたりして、これぞ「一石二鳥!」とかバカなこと言って、一人で喜んでいた記憶がある。

おっととと。 どんどんと話がズレていってしまった。

何を言いたかったのかというと、

S&B キーマカレー
新宿中村屋 インドカリー

どちらも、ちゃんと、一製品として、僕は食べたことがないので、組み合わせて食べたからといって、どれだけ美味しくなったのか、もしくはまずかったのかなんか、判断の仕様がない。



だけど、結果だけいうと、


結構うまい。


びっくり仰天、天地逆転とまでは、いかないけれど、、、 たしかにレトルトカレーではなくなっており、
家のカレーというよりは、ちょっとした、カレー専門店のカレーを食べてるようだ。

それも壱番屋みたいなカレーではなく、もうちょっと、本格的なカレー屋の味。
(それがどこだ?って聞かれてもわかないんだけれど。。)

きっと、キーマカレーだけ食べてると、スリランカ風味って言ってるくらいだから、ちょっとエスニックくさくて、ここで好き嫌いが分かれるのかもしれない。

一方、中村屋のインドカリーもちょっとココナットミルクが入っているみたいなので、バーモントカレーのような、おうちのカレーからとはだいぶ違う味がするのだろう。

きっと、この二つを混ぜ合わせることによって、お互いのとんがった部分が緩和され、それがコクの深さにつながってるのかもしれない。また、双方のカレーがともに、辛口だったのもいい結果につながっているような気もする。

ただ、その後気がついたんだけれど、筆者の結果を見ても、この双方のカレーはどのカレーと混ぜても、まあまあいい結果がでている。  あ、やっぱりね。  日本の何の特長もないカレーに、独特のスパイス感を加えるのが、いい結果につながってるのだろう。 そして、ともに主張の強い同士のカレーをまぜると、同地域では上手いくのだけれど、地域を変えると、お互いの主張がマイナスになり、わけがわからない味になるのかも。(欧州+欧州=○ : アジア+アジア=○ : アジア+欧州=X)  

次は興味本位で、デミカレー(欧州) + キーマカレー(アジア)でもトライしてみよう。



あーくだらないことで、夜をつぶしてしまった。



今日のケチ: さて、このキーマカレーとインドカリーを混ぜたものが、レトルトだってばれるか否かだけど(筆者は絶対ばれないと指摘)、一方のカレーがひき肉。 もう一方は、肉の固まりが入っているのである。。  よほどのウマシカでないと、疑問に思われてしまうのではないか?  また、この分を差っぴいて、レトルトとしてばれないかというと、ちょっとプロすぎる味がして、事前にスパイスなどの勉強しておかないと、自分で自分のクビを閉めることになる。 (逆にいうと、それくらい、プロっぽい味がするということであるが)

Index of all entries

Home > 2006年04月11日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top