FC2ブログ

Home > 2006年06月13日

2006年06月13日 Archive

僕にも愚痴を書かせてください。

あーあ。 見事やられちゃったね。(一体、このネタを元にブログ書いてる人間は、日本で何人くらいいるのでしょう?)

プレミアやセリアAで一軍で活躍する選手を何人も抱えているオーストラリアが、何故、マスコミは日本より格下と評価していること次第、個人的にはかなりの疑問を持っていたんだけれど、案の定の結果となってしまった。

確かに残り10分までは勝っていたので、その後の、同点、逆転、更にはダメ押しまでされた流れは、もったいない。もう少しだけ辛抱することができれば、勝てたかもしれない試合だった。

しかし、冷静にどうみても、前半、後半、ほとんどの局面、常に押されっぱなしで、下手したら、6-1とかで負けていてもおかしくない試合展開だったと思う。

オーストラリアは体格の優位性を生かして、始めから肉弾戦でゲームを展開してきた。
それに対して、もし、試合が始まってからの15分間くらいの間で、レフリーがイエローカードを何枚か切っていたら、もう少し、日本の試合運びが楽になったかもしれない。

しかし、問題はそこではなく、そういったレフリーであるにもかかわらず、
日本の当たりはどうかというと、ほとんどの選手が引き気味で、中盤であろうが、ゴールエリアであろうが、だれもプレスしに行かない(この前のマルタ戦と同じだね)。 それでも、後半残り10分までオーストラリアが点を入れられなかったことは、日本の守備がよかったというより(もちろん川口のスーパーセーブもあったけれど)、オーストラリアの決定力の低さに起因する問題だったと思う。

逆に日本の攻撃は、ことごとくオーストラリアの肉弾戦でつぶされてしまい(実際、もうちょっと、レフリーも笛ふくべきだったと思うけれどね)、たまに、ボールがゴール近辺に通っても、いつも通りの、不用意なパス、ボールの持ちすぎで、ほとんど、シュートらしいシュートなんてなかった。

確かに、芸術的なフェイントパスや、スルーパスが決まってゴールにつながれば、それは綺麗だと思う。
だけど、相手が格下だったらともかくとして、そんなものが、決まる確立はどれくらいあるのだろうか?


なぜ、高原にしても、柳沢にしても、もう一歩ドリブルする前に、もしくは、ゴール近くにいる人間にパスすることを考える前に、とにかく、シュートを打つってことができないんだろう、、 そして、また、そういった選手を何故、ジーコは使い続けるのだろう?  とにかくシュートさえ打ってくれれば、たとえ、一発目が決まらなくても、キーパーがはじいたボールを再度狙うなど、芸術的なゴールを決める可能性より、はるかに、こちらの方が高いと僕が思うんだけれどね。


いずれにしても、川口がロングスローに対して不用意に飛び出してきて、はい一点献上。(このドジで、それまでのスーパーセーブも帳消しに、、っていったら、可哀想かな。)
二点目はともかくとしても、
三点目は、何故、守りの枚数が少ないと解っているにもかかわらず、駒野選手は中途半端な守備で、豪選手をゴール前に通してあげたんだろう。 なんで、イエローでもレッドカードもらう覚悟で、体張ってでも、豪選手を止めなかったのだろうか?


テレビで見てる僕でもこれだけストレスがたまるのに、わざわざ?十万払って現地まで応援しにいった人は、まじで可哀想、、、 (余計なお世話だ!?)


もちろん、これだけストレスがたまるのは、これまでのマスコミの報道なんじゃないかな。

どこのテレビみても、先発はだれで、どんな戦術で、、、、うんぬんうんぬん。 

しまいには、実況中継ならず、テレビゲームのシミュレーションまで放送してるし、わけのわからん、占い師つれてきて、「日本が2-0で勝ちます」とか、、、く、く、くだらん。


ま、確かに、日本人の体格で、あんな体のでかい外人に当たるんだから、野球だったらともかくとして、
サッカーの歴史なんてほとんどないんだから、よく、ワールドカップに出れたってことを褒めてあげるべきなんだろうけれどね。


とにかく、ストレスがたまる試合で、かつ、こんな間抜けな話書くのに、2時まで起きてしまったおかげで、明日はつらいだろうし、、、、ううううううううう  早く寝ればよかった。

Index of all entries

Home > 2006年06月13日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top