FC2ブログ

Home > 2006年06月25日

2006年06月25日 Archive

ブラジル戦


あーやっぱ 負けちゃいました。

しかし、玉田選手の豪快な一発が見れただけでも嬉しかったかな。



しかし、今回も、本当に勝つ気があったのかというと、今の日本を象徴しているような試合だったんじゃないかな。

試合前の絶対条件は、

日本は勝たなければいけない。

ブラジルは、負ければ、八百長と非難されるかもしれないけれど、本音でいうと、どうでもいい試合。

ただ、ブラジルは、何がなんでも、主力選手をイエローカードで、次の決勝トーナメントで出場停止を喰らうとか、怪我してしまうことだけは、何とでも避けなければいけない。


汚いやり方かもしれないけれど、日本はここをせめない手はなかったと思う。勝ちたいのであれば。

日本の選手にとって、次の試合、イエローで出れる出れない、怪我で出れない、なんて、まず勝たないと意味がないんだから。(クロアチアとオーストラリア戦って何枚イエローでたんだっけ?)



しかし、またまた、日本の視点がずれていたようだ。



ブラジルは、そんなこともあり、オーストラリアやクロアチアのような、肉弾戦ではなく、比較的日本の選手をフリーに動かせてくれた。

よって、前半戦で、まだ、足が動いている間は、ある程度互角に渡り合っており、その中から玉田選手のゴールが生まれた。


しかし、ここがまた、日本のお人よしとでも言うのか、ブラジル選手が日本選手を倒さないのと同様、日本の選手もブラジル選手を体で倒しに行くようなことはしないのだ。(日本のフェアプレーにパチパチパチ!)


そんな、ブラジル選手に対して、個人のテクだけで、日本選手に戦えるテクがあるだろうか?


あるわけがない。


そして、前半の後半になってきて、日本の選手に疲れが見え始めると、後はやりたい放題。


悲しいことに、こんな状態になっても、まだ、ほとんど体で止めてやろうみたいな選手はほとんど出てこない。


確かに前半の終了間際に失点していなければ、違った展開になったかもしれない。

しかし後半戦に入っても、日本の戦術は結局変わることなく、結果はごらんの通りで、ブラジル選手のサッカーショー。



まあ、色々あって、既に、いろんなところで、語りつくされているとおもうけれど、今回のWCを見ての感想は。(いいんだ、僕のBLOG何だから、好きなことかいても、、、)


ジーコ流の選手自身にゲーム判断を任せるやりかたは、選手が上手くなるためには必須だと思うけれど、それは、やはりある程度、基礎(すくなくとも、ワールドカップレベルの選手と互角に1対1で渡り合えるくらいの能力)がそなわってからではないと、、、  今の日本でそんな先週は何人いるでしょう?

体力、個人技、等でわたり合えないとすると、その分を、「ある程度」補えるのは、戦術だと思う。 だけど、そこを始めから放棄してしまえば、、、 今回のWCは、当然の結果といわれてもしょうがない。

マスコミの日本に対する評価も醜いと思う。 何を持って、日本がそんなに強いと錯覚していたのか、本当に疑問に思う。 もちろん、カネになるから、騒ぎ立てるってのはあると思うんだけれど、この失態を踏まえて、いままでの評価が何故間違っていたのか、評価していたのと同じくらい説明してもらいたいものだ。

中田選手は本当によく動いたと思う。だけど、動いた分、結果につながっていたのかというと、、、、 海外紙での彼の評価も良かったものはあまりなかったのでは。 一方、彼の言ってる事は本当に当たっていると思う。 しかし、彼が真のリーダーになるには、彼の話を他の選手が聞いてくれて、理解してくれて、、はじめてナンボの世界になるのではないかな。彼の言ってることが、何故チームメートに理解してもらえない、何故伝わらない理由とは何なのか?  ここ数年の海外での試合で、彼が目立つ部分は、ゲームの中で彼が孤立する場面だと思う。 何故なのか? テクニックが数倍優れていると思う、プレミアでも、セリエAでも、テクがそれほどでもない日本代表の中でも、彼が孤立する場面が多いのは、何故なのか? ここが変わらない限り、中田選手自身も宝の持ち腐れだと思うし、また、中田選手を要する日本代表としても、彼は宝の持ち腐れだと思う。ようは、この状況が変わらない限り、彼がチームにいようがいないが、余り影響は無いんじゃないかな。

最後は体力かな。 一応コンタクトスポーツなんで、相手に倒されない体力が必須だ。 もちろん、ブラジル選手やアルゼンチンの選手ほどの俊敏性や、テクがあれば、ある程度体力を補えるかもしれない。しかし、このブラジル戦を見ても、そんなレベルに到達するのは、ほど遠い。 単純だけど、体力だけであれば、とりあえず筋力トレだけでもどうにかなるのでは(なるわけないって?)。 とにかく、体力でもテクでもなんでもいいけれど、中田選手も再三指摘してるように、まずは、一対一で勝てる能力を持たないと、、、、

まず、強くなる第一ステップとして、髪型決めて、ブランド服で身を固める前に、是非、筋肉ムキムキで、少なからずとも、見ただけで相手を威圧するような、野獣軍団にでもなってもらいたいものである。

Index of all entries

Home > 2006年06月25日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top