Home > 2006年07月

2006年07月 Archive

スペイン 5-? バレンシア

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-07-31 Mon 02:04:12
  • 2006 SPAIN





バレンシアまでの約2時間。 バスの中は再びサウナ状態だった。

ところで、バレンシア。 街の中に入ると、やけに警官がいたるところに立っており、また、テレビカメラや新聞の報道関係らしき人も多々みかける。 少し物騒な雰囲気だ。  

それに、街のいたるところで、黄色と白色の旗が掲げられており、祭日のような雰囲気でもあったのだが、添乗員さんが、同じ週末にローマ法王がバレンシアを訪問されるから、バチカン王国の国旗が掲げられてるからですと説明してくれた。  ま、だからといって、週半ばから、こんなに多くの警官を配置するのか、、、とちょっと驚き。

バレンシアのホテルに入ると、すぐにテレビをつけた。
これは、今回のツアーがワールドカップと重なっていたからで、毎日部屋に入ると、一番にテレビをつけるのが日課となっていた。

しかし、テレビはサッカーよりも、何か大事故の様子を伝えるニュースばかり。この2、3日前に将軍様がミサイルを発射したとのニュースも流れていたこともあるが、大事故のニュースを追求するまでもなく、夕食まで与えられた約1時間の自由時間を有効に使おうと思い、ホテルのすぐ横にある大きなショッピングセンターに出かけた。  (ちなみにこの大事故とは、なんと、同じ日に、40人近くもの死者を出したバレンシアの地下鉄の脱線事故だったのだ。)

大きなショッピングセンターは、ホテルから徒歩5分くらいのところにあった。 センター内には、カルフールもあった。どうも、このカルチャーは、アメリカ的(というよりグローバルスタンダード化)というのか、お客さんが外人ばかりのところをのぞくと、日本のショッピングセンターにいるのと、ほとんど違和感がない。 カルフールなんて、レジの配置から、商品の陳列方法まで、舞浜のカルフールと全く変わりがないようだ。(もちろん商品はちと違うようでしたが、、)

このショッピングセンターとても大きい規模で、かつ、夏物のセール期間に当たったせいで、ほとんど商品が2-3割引だったものの、やはり、ユーロ高のためか、何を見ても、日本の値段と余り変わらないような感じがした。まあ、こういったショッピングセンターの店だからかもしれないけれど、「これ、絶対にほしい!」というものもあまり無かった。

結局、カルフールで、夕食後のつまみにでもと思い、ここまでスペイン来て食べていなかった、ハモンイベリコ(生ハム)のパック、及び、パン等を買ってきた。

一時間程度のショッピングセンター散策も終り、ツアー客はホテルのロビーに再集合し、近くのレストランに夕食に向かった。 夕食は、パエリア。 スペインに来て、パエリアは今晩が始めて。 かなり、かなり、期待していたのだが、、、 これも%$’#だった。 それも、夕食は、サラダとこのパエリアだけ。 一応デザートはあるんだけれど、これは、プラスチックの容器に入ったアイスで、何故か、今回のツアーのほとんどの夕食、昼食に、全く同じものが出てきた。もちろん、これも’#&%#$(日本の100円アイスの方がまだダントツに美味しい)で、一度も完食したことなし。 まあ、激安ツアー、、、ということで、余り文句は言うべきではないんだろうけれど。

ホテルに戻ってくると、早速、カルフールで購入した、ハモンイベリコを頂いた。


ただ、残念なことに、パエリアを食べた後だし、夕食中に飲んだビールで、一日中サウナ状態のバスに乗っていた疲れが一気に回りはじめたこともあり、たしかに美味しいんだけど、あまり楽しめることはできなかた。

あー本当に残念なことをした。

? サンタバルバラ城の城壁
? 盗み撮り(すんません)
? カルフールでの一コマ (一般家庭でもこんなハム買ってかえるんだろうね)
? 美味しくなかったパエリア (じゃあ載せるな!?)

Index of all entries

Home > 2006年07月

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top