FC2ブログ

Home > 2006年07月09日

2006年07月09日 Archive

スペイン旅行?-1出発

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-07-09 Sun 22:23:14
  • 2006 SPAIN




スペインから帰ってきました。

6月下旬から大手旅行会社が企画するスペイン大周遊10日間に参加してきました。

欧州への旅行は、イタリア、フランスに続いて、今回で三度目となったせいかもしれないけれど、以前程感動することもなく、淡々と終わってしまった旅行のような気がしないでもないが、この10日間、仕事の事を全く考える事もなく、延々と広がるオリーブ畑や、ひまわり畑をぼーっと眺め続けられたことだけでも、かなり癒された気がする。

この「ぼーっと」眺め続けれられたというのは、これは旅行する前から予想していたことでもあるが、スペイン大周遊というだけあって、かなりの移動距離があり、特に旅行後半は、ほとんどの時間をバスの中ですごすことになった。

旅行行程は、
?セゴビア、マドリッド?トレド?コルドバ、セビリア?ロンダ、ミハズ、グラナダ??バレンシア?バルセロナ、モンセラ。

ちなみに、?はグラナダからバレンシアまで約500KMをバスで移動した。途中、アリカンテ、サンタバルバラ城に立ち寄るが、これは、観光というよりも、どこかで一服しないと、一日中バスに乗りっぱなしになるため、無理矢理立ち寄ったという感じがしないでもない。

また、?も午前中バレンシアで観光した後、250KMほど北上した。よって、?と?の二日間で750KMの距離をバスで移動したわけである。

今回の旅行の参加人数は僕らを含めて、36人。いままで参加したどのツアーよりも参加人数が多かった。ただ、前回と同じく、参加者のほとんどは60台半ばの、既に定年退職されたご夫妻中心で、40台前半の僕らは、一番若い参加者だった。前回(5年前のフランス)15人くらい、前々回(6年前のイタリア)15人くらいのときも、僕らより若い参加者は何れも一組だけだった。

それにしても今回驚いたのは、参加者の海外旅行の回数の多さだ。ほとんどの参加者は、年に一、二回は海外旅行に出かけているというんだから驚き桃の木である。とにかく、見ず知らずの人と、約10日間も一緒に過ごすことになるのだから、食事や、移動中の際に、色々な人と話す機会もあることも、結構楽しい。とにかく、今回の旅行では、裕福で優雅な生活を楽しんでいる高齢者夫妻に驚かされた。

ある70台前半の夫妻は、年に4回海外旅行に出かけており、次は9月にケニアに行くそうである。この方は宮司をやってらっしゃるそうだが、日本の帰国同日に、お払いの仕事が入っていること、また、空港には離日前に注文していた新品のベンツが迎えに来てくれていることを楽しそうに語っておられた。

今回の最年長者は、83才!の女性で、一人参加だった。この方も、ほぼ2ヶ月に一度の割合で海外旅行に出かけており、8月には既にグリーンランド旅行の予定が入っているそうである。この女性は、気品も高く、旅行中でも、誰の迷惑をかけるわけでもなく、一番元気に行動されていた。ちなみにこの女性と、宮司さん夫妻は、世界三大滝、イグアス(ブラジル)、ビクトリア(南アフリカ)、ナイアガラ(アメリカ)、全て制覇しているらしい。

一方、今までも高齢者中心のツアーばっかりであったが、今回の旅行では、高齢者ならではのちょっとしたトラブルがあった。ある一人参加の女性は、旅行初日に体調を崩してしまい、可哀想に最後まで体調が回復することはなかった。また、ある一人の女性は、散策中転んでしまい、幸い大怪我はされなかったが、足は挫くは、眼鏡にもヒビが入ってしまった。(といっても、私は以前旅行中のタイで足の骨を折ったことがある。。)それでも、今回の旅行、外の平均気温は35度以上(一番暑いところで42度あった)、毎日晴天。雨は一度も降らないし、バスの中の移動時間もかなり長いし、食事も洋食中心(それも結構マズイ)、、と、高齢者にとっては、かなり過酷なツアーとも思われたが、他には特に問題もなく、みなさんの元気さにも驚かされるばかりであった。

これからしばらくの間スペイン旅行をネタにブログをアップして行こうかな。

写真の簡単な説明
行きはアリタリア航空、ローマ経由マドリッドです。
上:この青い空の下には、イラク、アフガニスタン、チェチェンとか広がっていることを考えると複雑な気持ちになります。
中:ローマ空港です。前回来たとき(6年前)は真夜中でした。
下:マドリッドには深夜到着です。機内からですが、かなり大きな空港のような気がしました。

Index of all entries

Home > 2006年07月09日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top