FC2ブログ

Home > 2006年07月14日

2006年07月14日 Archive

スペイン旅行?-3 ツアーでの食事

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-07-14 Fri 00:51:38
  • 2006 SPAIN




トレド観光後は、再び街全体が見渡せる高台にある、トレドのパラドールで昼食。

パラドールとは、古城などを改築し、国が運営するホテルだそうで、質に比べると値段は民間より、かなりリーズナブルで、予約を入れるのはかなり大変らしい。

ツアーでの食事は、概ね、みなさんまずいというのが定番みたいだが、僕は過去2回のツアーでも、それほどまずい物を食べさせられた記憶はあまりない。 今回のツアーも、初日のマドリッドでのTAPASの昼食も美味しかったし、特にとトレドでの昼食は、ホテル、レストランの内装を見てるだけでも、美味しいものが出てくるのに間違いないって感じがする。今回のツアーもかなり期待できるかな?

さてトレドのパラドールの昼食だが、、、、

やはり、おいしかった。

前菜:メイン:デザートどれもかも絶品。普通のツアーでの食事からは逸脱している高レベル。スペイン料理というよりかは、フランス料理に近いような、、、って感じもしないではないが、美味しいから何でもいいや。 それに、ここで飲んだグラスワインは極上に美味しかった。僕は白だけだったけれど、かみさんは、あまりにも美味しいんで、白も赤も両方頼んでいた。

ただ、今回のツアーでの美味しい料理は、ここトレドでの昼食と、次の日、セビリアで頂いたミートボールが最後だった。

この三食をピークに、後はまずくなる一方。ツアー後半になると、正直、うちらだけ別行動させてもらえませんかね、、ってお願いしたいほど、まずい食べ物のオンパレードとなった。 過去のツアーでは、最低1、2日は自由行動ってのがあり、自分で食事場を探しに行く必要があったが、今回はそれも一切なし。すべての食事がツアー料金に組み込まれているから、どうすることもできない。

ところで、今までのツアーでは、ツアーに組まれている食事がそんなに悪くなかったこともあり、自由となる1、2日どこでご飯を食べるのかって頭をひねらなければいけないことは、結構面倒でもあり、かみさんとのけんかの種でもあった。そういった意味では、今回はかなり違ったパターンとなった。

まあ、たかが、現地7,8日間のツアーである。 まともなものを食べるのに、一日千円上乗せしても、1万円にもならない。それだったら、喜んで1万払うんで、もうちょっとまともなもの食べさせてよ、、、って思うほど、まずいもののオンパレードになった。

こういったツアーでは、だいたい、飲み物だけは別料金。 どこにいっても、だいたい、グラスワインが一杯2から3ユーロ(300円から400円)。過去のツアー(イタリア、フランス)でも同じようなものだったが、値段の割には日本では考えられないくらい美味しいワインがいただけた。しかし、今回は、2、3回を除くと、日本でもなかなか味わえないほどのマズイものが多々でてきた。 よって、僕は、途中で、ビールに切り替えた。 ビールもほぼ同じ値段。 笑えるのは、ミネラルウオーター。 この値段もビールやワインと変わらない。 ちなみにコーラの値段も同じ。 もっと笑えるのは、オレンジジュース。 もちろんバレンシアオレンジの生絞りジュースで、それはそれは、とても美味しいのだけれど、こちらは一杯、3-4ユーロ(400円から600円)。バレンシアでは、腐るほどオレンジが取れるにもかかわらず(実際、かなりのオレンジが収穫できないのか、畑にゴロゴロ転がっているのが車窓から見えた)、この値段なのは、ちょっとびっくり。

あと、全日程を通して、レタスなどサラダ類はあまりでてこなかった。ぼくはツアーで出されるマズイ料理に辟易していたが、ほとんどのツアー参加者は野菜が少ない方が気にかかるようで、毎日のように、野菜が食べたいって嘆いておられた。

写真は、
? ワイングラス越しからみたトレドのカセドラル
? パラードールでの食事 パイ生地に包んだ??? と パプリカのソース (とっても美味!)
? イベリコ豚のBBQ? じゃなくて、ちゃんと名前はあったのですが、いまではちんぷんかんぷん。 (ちなみにこの後、スペイン版クリームブリュレみたいなのが出てきたのですが、これは、僕が今まで食べたデザートの中でもトップ近いところにランクしてもいいくらい美味しかったです!)

Index of all entries

Home > 2006年07月14日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top