FC2ブログ

Home > 2006年07月26日

2006年07月26日 Archive

スペイン旅行 ?-4 グラナダ(アルハンブラ宮殿)

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-07-26 Wed 00:31:26
  • 2006 SPAIN





バスはアルハンブラ宮殿に到着。

停留所には、ラフな格好した現地の兄ちゃん2人が待っていた。 添乗員がバスから降りて、その2人となんか会話している。 内心、こいつら、サギなんじゃないのって心配しながらバスの中から眺めていたのだが、なんと、その2人は現地のガイドだった。それも、とても流暢な日本語をしゃべる。後で教えてもらったのだが、一人はイギリス人だった。

ところで、ここでまたハプニングがあった。 アルハンブラ宮殿に向かう際、ツアー客一人が転んじゃったのだ。元気とはいえど、70を超えるおばあさんだ。口を切ったのか、鼻血なのかよくわからないけれど、口の辺りが血で染まって、眼鏡にもヒビが入っていた。そのうえ、ズボンのひざ当たりのところが破れ、また、そこも血で染まっていた。 ただ、そのばあさんは「大丈夫ですから、心配しないでください」って、みんなに言ったとおり、この日は宮殿入場直前で切り上げられたものの、その後は再び元気を取り戻した。

さて、このアルハンブラ宮殿、アラビア語で「赤い城」っていうらしいが、中世のイスラム建築を代表する宮殿で素晴らしい建造物である。

外からは想像できないけれど、宮殿内の装飾は凄い。壁、天井、どれをとっても素晴らしいの一言。(次の海外旅行こそ、トルコでもいいんで、イスラム圏の国に行きたい!)

宮殿内だけで4-5KMの散策、それも35度の晴天(確かに湿度がないんで、体感温度は日本のような暑さとは全く違うが、、)を歩いたわけだが、全然暑さも気にならないくらい素晴らしい(このブログ3度目)宮殿だった。 確かに、ここまでの道則は遠い、、、しかし、スペインにきてここにこなければ、、、、「嘘でしょー!」ってくらい素晴らしい宮殿。(4度目)。

って全くの説明にはなってないですが、7世紀から14世紀くらいまで、イベリア半島はイスラム勢力に制圧されていたわけですが、キリスト勢力が再び力を取り戻す中、ここグラナダがイスラム勢力最後の砦となったそーです。宮殿は無血解放されたため、破壊を免れたそーです。なお、グラナダ市内は、コルドバのメスキータにも劣らないほどのモスクがあったそうですが、こちらは破壊され、変わりに今はキリスト教の大聖堂が建っています。

? アルハンブラ宮殿 凄い装飾でしょ!
? アルハンブラ宮殿 凄い装飾でしょ!
? アルハンブラ宮殿 凄い装飾でしょ!
? アルハンブラ宮殿の凄い装飾 と 奥深い青空 を一緒によくばったら、やはり、宮殿は超露出アンダーになりました。しかし、せっかくデジカメで撮った写真なので、露出アンダー部分だけ、明るくしてみました。 かなり出鱈目な写真になっちゃったけれど、ま、これはこれでいいかな、、、なんてね。

Index of all entries

Home > 2006年07月26日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top