FC2ブログ

Home > 2006年08月12日

2006年08月12日 Archive

スペイン旅行 7-? グエル公園

  • Posted by: bonzofire
  • 2006-08-12 Sat 00:58:45
  • 2006 SPAIN




モンジュイックの丘で、バルセロナ市を見下ろす事約5分。


次は、あのガウディのグエル公園に。


またまた、われわれは、バスの最後尾に座らされ、他の客の頭越しに、ガウディのカサ・ミラ邸やカサ・バトリョ邸を見学。 (なんてこった。) もう、ほんとに、テレビで「世界遺産」でも見てるほうが1000倍まし。


そして。バルセロナの市内を横断し、グエル公園に到着。


人それぞれ興味や嗜好の違いはあると思うが、実を言うと、このグエル公園、僕的には、どうでもいいところだと思っていた。 ガウディがデザインしたとか、その歴史の背景や、いかにこの公園が斬新であったのか、、などなど、その功績が凄いことは全く否定しない。 ただ単に、この公園に来るくらいであれば、、カサ・ミラ邸でなくとも、バルセロナ市街を散策する方が、まだ楽しいんじゃないかな、、、ってぼくは思うのだ。

で、その公園なのだが、、


やはり、自分の想像していていた通りだった。


歴史の背景、作られた時期、などを頭の中から取り払うと、僕の目に見えるものだけから感じるものは、たんなる公園でしかないのだ、、、 (いいよ。 バカだとか、見る目がないとか、なんと言われようが)


それに公園は、他の欧州から来たと思われるツアー客でごった返していた。


バス内でのいらいら。
人だらけの公園。
相変わらずの、少なすぎる自由時間。


なんか、後付けの理由みたいな感じもしないではないが、やはりその気持ちが写真に現れているのか、ヘボな写真しかない。 

今日のブログに載せる写真を選んでるだけでイライラしてきた。




だけど、ホントのこと言うと、いい写真をとるには、どんな悪条件があろうとも、とにかく足を動かして、(オシム監督語録じゃないよ)、できる限り、いろいろな角度から、いろいろな物を見る。  これが、最低条件だと思う。

足を動かさずに、首だけ振って、通常の目線からだけで、いい写真なんて撮れるわけがない。




何故か、今回のスペイン旅行、「足」が動かなかったのである。 写真を見てて、つくづく、そう思う。


? あの有名なトカゲのオブジェ。 人があまりにも多すぎて、写真を撮る気すらおこりまへん。
? ガウディって奇抜なデザイン、タイルのモザイク、サクラダファミリア、それよりも、ぼくが凄いと思うのは、この鋼細工なんです。 
? グエル公園の有名処

Index of all entries

Home > 2006年08月12日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top