FC2ブログ

Home > 2006年08月27日

2006年08月27日 Archive

待ち時間

また 愚痴ねた。


土曜日はかみさんの病院に同伴した。

その病院は新宿にあり、乗り継ぎが不便な我が家からは、片道1時間少々かかってしまう。

その病院は大人気で、いついっても患者の多さにびっくりしてしまう。



週末は午前中だけの診察だが、中途半端な時間に到着すると、ほとんど一日仕事になってしまう。


よって、今回は、ちょっとだけ早起きして行く事にした。


朝7時過ぎに家を出て、病院には8時半ちょっと前に到着した。


さすがに、この時間だと、いつもほどの患者はいなかった。

番号札を見ると、135番。


8時から診療開始なので、既に135人の患者が来ているってことになる。



妻は10時前に診療室から呼び出しが入った。


だいたいの流れは、採血して、その1時間後に、採血の結果を見て先生から診察を受ける。


もちろん、採血してから、採血の結果がでるまで約一時間くらいかかるので、ここからの一時間はどうすることもできない。

今日の診察は11時過ぎだった。
よって、あまり、待ち時間はなかったわけである。


しかし、この診察に要する時間は、長くて2-3分。



これで終わるかというとそうでない。 支払いがある。


これにまた時間がかかるのである。


その上、この時間になると、患者全員に行渡るだけの椅子も足らなくなるようで、病院内は、わんさか人であふれかえっている。ちょっと、表現が大げさかもしれないけれど、病院のキャパに対して患者数はちょっと多すぎると思う。



結局、支払いのお呼びがかかったのは、12時半近くだった。




これだけ人気のある病院ということで、たまに、隣に座った人とかと話すと、甲府から特急電車に乗って通院している人がいたり、中には北海道から飛行機通院してしまう人もいるらしい。  会計では、「もう時間がありません」ってことで、次回通院時に合算してくれませんかって相談している患者さんもよく見かける。



これだけ、コンピューター、インターネット、携帯電話、、などなどありとあらゆるハイテクで溢れかえっている時勢である。  ここの院長は、常に高額納税者ランキングにも顔を出しているんだから、もう少しこれら機器を導入して、予約、診察、会計、もう少し、今のプロセスを改善できないものなのだろうか。

Index of all entries

Home > 2006年08月27日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top