FC2ブログ

Home > 2006年10月27日

2006年10月27日 Archive

転機?


先週も同じ事書いたかもしれないけれど、

週半ばから、後半にかけては、くたびれております。

しかし、同じ部には、もう2,3人くらい僕以上に働いているのがいるので、あまり大げさなことは書けない。



うちの女の子が、「疲れてるときは、体動かすのが一番ですよねー」って言ってた。

確かにその通りだと思うけれど、10時に帰ってきて、メシくって、風呂入って、それから体を動かす、、、 できないよ。



近くうちには、2人のゲストが2週間ほど遊びにきます。

2人とも外人で歳は70台。 一人は、70年台に一度日本に来たことがあり、もう一人は、初めて。

和食はきっとほとんどダメ。。。 体もどれくらい動かせるのかわからん。

ああああー 色々考えてはいるものの、さすがに、こんな時間になると、もう頭がまわらん。

ということで、近く、このブログも2週間くらい休みにさせてもらいます。



この2人のうちの一人、話せば長いけれど、彼が一番初めに美国で僕の面倒を見てくれた人です。

美国で10年間世話になりっぱなし、、、ということでは、なかったけれど、自分の今までの人生の中で、かなり重要な位置を占める恩人である。



僕はこのゲストをもてなすために2週間の休暇をとった。

僕の勤務先がいくら外資系といえど、日本人がこんな休暇をとる人はそうそういないだろう。

(外人はいくらでもとれるけれどね。)


僕には、このほか、3人、父と言っても過言ではない恩人がいる。

僕は10年間、親元を離れて、美国でくらしたのだが、この期間中、本当にいい人たちに恵まれ、申し分のない生活をさせてもらった。


そのうえ、僕は社会人になってからも、いい上司に恵まれてきた。


自分で言うのもなんだけれど、僕は、あまり「サラリーマン」には向いていない性格だ。

それでも15年近く、サラリーマンを続けられたのは、自分のわがままや、ガキ的な行動を、概ね、許してくれる上司に恵まれたからだと思う。

本当に、今まで、いい人に恵まれ続けたと思う。



この度、ロンドンから新しい上司が配属された。

残念ながら、この上司は、あまりほめられる上司ではなさそうだ。


モラル的に、かなり問題がある。


僕は、一応、金融に働いていて、今は事務職なんだけれど、まあ、業種が業種なだけに、
法律に従う、ルールを守る、ミスを隠さないとかの行動基準は、最低限必要とされるのだが、
どうも、この人は、それをかけ備えていないようだ。


自分の立場や、昇格のためであれば、見つかりさえしなければ、なんでもよし、なんかあれば、下に押し付けてしまうって発想の持ち主みたいだ。 


まだ、直接的な対立はないけれど、影で、もう何度もぶつかってて、何れ表に出てくるのは時間の問題だろう。



この2週間の休みのあとは、きっと先のことを考えて行動を起こさなければいけなくなるかもしれない。

Index of all entries

Home > 2006年10月27日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top