fc2ブログ

Home > 2007年01月02日

2007年01月02日 Archive

効率性




年明け一日目。

今朝は天気がいいということで、

初めて、初日の出でも、撮ってやろうか、、、ってことで目覚ましをかけてみた。


だけど、年明け、第一号のイベントだったにもかかわらず、、、

寒くて、ベッドから出ることができなかった。


あーー なんてこった。


そして、第二のイベント。

ここで書くのも恥ずかしいけれど、、、、

それは、近くのスーパーの初売りの目玉商品:任天堂のWIIを買いにいくことだった。


言い訳けがましくなるかもしれないけれど、僕は別に任天堂のWIIなんてどうでもいいんだけれどね。


とにかく、WIIは販売開始以来超人気商品で、ほとんど手に入らないということだけれど、このスーパーは元旦にあわせて200台を用意。 10時から販売するということである。


僕は、いい加減なもので、この販売に「のこのこ」と出かけていった。


「みんな帰省してて、だれもこなかったらいいのに~」ってちょっとばかり期待していたのだけれど、

それは、すぐに、撤回。 現地に到着したのは10時前だったけれど、もうーーそれは凄い列。


「なんじゃーこりゃああああ」 (といいながら、自分も並んでいるんでね。。)


で、結局は、抽選販売。 

200台のゲームのために、、、 番号は2500番くらいまで付番されていた。

ただ、1000番台はほとんどいなかったので、2500枚抽選券が配られたのではなく、実際1000枚くらいだろうか。。

確率として5分の一くらいかなああ。。


と、いっても、くじ運のほとんどない僕の番号は、、、案の定呼ばれることがなかった。

確率なんて関係がなかった。  ハズレはハズレじゃ。


といっても、


なんで、これだけ集客力がある商品が、これだけ品薄なんだろうって腹がたってきた。 


といっても、別に僕はWIIがほしいんじゃないけれどね。



で、一応、いつも、相手が、友達であろうが、会社内であろうが、悲観的なことや、ひねくれたことばっかり言ってるぼくなので、ここから先は、僕の「たわけた独り言」として、、、、読んでいただければいいと思う。


そもそも任天堂って日本の会社にもかかわらず、Wiiはアメリカで先行販売されていた。

これって何故なんだ?

普通、日本でもそれなりの前人気があるってわかってんだったら、日本の会社なんだから、日本で先に売るのが「筋」なんじゃないの?

右翼の街宣車にも是非、本社に出向いて抗議でもしてもらいたいもんだ。


次に、エセ経済評論家の僕から言わせるとですな、、、

行列が恒常的に出来るというのは、ようは、需要と供給が合致していなくて、これは、経済の観点から見ると、効率的ではない。

簡単に言えることは、まず、ゲーム機の価格が安すぎるということだ。

これは、任天堂が儲かるべく利益を自ら捨てているということになる。

これは、任天堂の株主の観点からは如何なものだろうか。 

株主を無視した価格設定になっている。 任天堂の経営陣は、この捨てた利益を株主に配分するべきだ。


そして、最後に多くの購入したくても、購入できなかった人たちの補填だ。

ちなみに、僕はそんなにほしいわけじゃないけれどね。

任天堂が、そもそも、需要と供給に見合う分だけ、価格を上げていれば、、、需要は減るはずであり、購入したい人間は、行列に並ばずとも、購入できるはずである。

僕は、この抽選のために、元旦の「貴重な」(よう言うわ。)二時間を費やすことになった。 こういう、とんちんかんな価格設定でなければ、もっと効率的に僕の時間がすごせたはずである。 (たとえば、ごろごろ家でテレビ見るとか、、)

とにかくだ、すくなくとも本日購入できなかった800人(1000人集まって200人しか購入できなかったと仮定)の二時間は概ねムダになってしまった。 これを全国規模で、何人*購入するのに費やした時間(他のことにあてられた時間)を考えれば、、、

こういった行為は少なくとも、購入できなかった人たちだけの時間だけではなく、合計すると、国内総生産GDPを押し下げる要因となっているはずで、任天堂はその分、個人にも国に補填すべきである。


何が正しいかというと、任天堂は、行列がなくなるまで、価格を引き上げることが、任天堂の株主、Wiiが本当にほしい人たち、にとって最善の行為だと思うのである。


と、こういううんちくを語っていると、うちの家内から別論がでた。

「少なからずとも、僕等がスーパーに出向くことにより、たとえ、商品があたらなくても、別の商品を購入したり、きたついでに何か購入することにより、スーパーは、ぼくらがWIIを手にする、しない、関係なしに、何頭メリットを享受できてるはずである。」


あっ、そうか。

僕等は、抽選券をスーパーからもらってから、抽選番号の発表をスタートするまで1時間近く待たされたわけで、その間、コーヒーを飲んで待っていた。

結局、僕等は、WIIが購入できなかったばかりか、2時間をムダにして、なおかつ、買う予定のなかったコーヒーまで買わされたことになったわけだ。


国民のみなさんには、任天堂のこういった国民をあざ笑うかのような行為を知ってもらい、是非Wiiの購入をボイコットすべきではないだろうか。。。





そうすれば、今の値段より安く、僕にもWiiが一台回ってくるかもしれない。


最後に、、、まあ、それくらい安くならないと、僕はWiiなんて、別にいらないんだけれどね。

Index of all entries

Home > 2007年01月02日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top