Home > 2007年08月

2007年08月 Archive

馳走





今週、ある人と食事をしなきゃいけなくなってしまった。


そのある人とは、お客様でもなければ、先輩でもないし、過去に一度だけしかお話したことがないのだが、僕から見れば目上のお方である。


その過去の一度とは、、、、僕の先輩の付き合いとして一緒に来てた、、、、という、、ちょっと不思議な間柄である。



だけど、ぼくの先輩をすっ飛ばして、その人から直に、「お話がしたいので、こちら(僕)の都合のいい場所に伺わせてもらいたい」、、との連絡があった。



相手さんは特に深く考えずに言ったのであろうが、こちら側は先輩の知り合いということもあり、簡単に「へいへい承知しやした」とはいかないのである。



ぼくは仕事柄、業者から接待されることはないし、逆に接待することもない。 また、プライベートでもほとんど飲みに行くことがない僕は、こういうときになると、、、どこに行ったらいいのか、全然検討がつかないのである。。。




そのうえ、いくら、僕の都合のいい場所、、、と言っても、相手は目上の人で、彼の勤務地は、ぼくの勤務地からほど遠い。。。


ほんとに彼の話を鵜呑みにして、こっちに来てもらってもいいのであろうか、、、



悩むことはまだつきない。



食事といっても、おやじ二人だ。。 フレンチとかは避けたほうがいいだろうし、、



イタリアンもちょっと、、、、である。 というのも、前回、その人と会ったときに、頂いたのが、イタリアンだったからだ。


また下手に誘っておいて、お店で、ワインリストとかでてきたりして、自分の教養の無さを暴露するのも恥ずかしい。




ともかく、

向こうは、お話がしたいと言って来てるので、「はい、飯食ったら、お片づけします」みたいなところはダメだし、


店が静か過ぎてもダメだし、 うるさすぎてもダメ、、


女性ばかりの店もちょっと気が引けるし、


好き嫌いもわからないのに、エスニック系も避けたほうがいいだろう。


カウンターだけの店もやめたほうがいいだろうし、、


タバコ煙もくもくでへべれけに酔っ払ってるおやじばかりの店も、、、 避けたい。


あまり良く知らない二人であるので、取り分けが必用になる料理もなるたけ避けたい。  


よって、コース料理みたいなもんがいいかもしれない。 しかし、、、どれくらいを予算のメドとしたらいいのだろう。。





とにかく、目上の人が、こちらまで来てくれるわけなんで、


「何じゃらほい、この店は。。。」  みたいなことを言われないような店にする必用があると思うのだが、、、、




まあ、なんとも、、、、色々考えはじめると、めんどくさい話である。



あんたが話したいんだったら、こっちは、どんな店でも、場所でもいいから、そっちで決めてよ。。。  って言いたいんだけれど、、 まさか、一度しか会ったことない目上の人にそんなこと言えるわけがない。




そして、こういったことにほんとに疎い僕は、なんと、この日のために、どこかいい店はないだろうか、、、って、かみさん連れて、週末にはお店の下見にまでいってしまった。



そして、めざとい店を何件か見つけて、あとは予約だけすればいいか、、、という状態で帰宅した。




日曜夜:8時過ぎ 予約の電話を入れた。。



しかし、、、だいたい想像できると思うが、、、こんなときに限って、、、



「申し訳ありません、その日は既に予約で埋まっておりまして、、、、」



「ええっ。。!」



うそだろう。。。  僕がいいと思った二店(だけだが、、)とも、全滅。



折角、丸の内界隈なんだから、新丸ビルって思ってたんだけれど、、、全滅。





うううううううっ。  



なんでやねぇーん!





で、またまた、ネットで、違う店探しとなった。。。




結局、以前行ったことがあって、その分、安心感はあるのだが、わざわざ遠いところから出てきてもらうのに、ここはどうなんろう。。。 みたいな店になってしまった。




夜10時前だった。




ごちそう 0 【御▼馳走】
(名)スル
(1)「ちそう(馳走)」の丁寧語。もてなし。また、その酒食。
「―にあずかる」「今日は私が―しましょう」
(2)豪勢な料理。贅沢な食事。


ちそう 0 【▼馳走】
(名)スル
(1)〔その用意に奔走する意から〕食事などでもてなしをすること。饗応(きようおう)すること。また、そのための立派な料理。
「―にあずかる」「とてもの―に、酒のあいてをと/浮世草子・諸国はなし 2」
→ごちそう

(2)走りまわること。奔走すること

「これがために―す、所得(しよどく)いくばくの利ぞや/謡曲・歌占」
(3)世話をすること。面倒をみること。
「都まで―して連れ上らんと思ひしに/浄瑠璃・念仏往生記」



、、、なぁーるほど。

Index of all entries

Home > 2007年08月

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top