Home > 2007年09月

2007年09月 Archive

本心


またネガティブパワー炸裂です。



今年は、、、どうも、、、ストレスがたまる一年で。



もちろん、その一番の理由は仕事、、、 なのかな。




じゃあ、「何がそんなに今の仕事がいやなの?」ってことになるんでしょうが、



まあ、それはそれとして。。。





そんでもって、ちょっと「外の世界はどんなもんなんだろう?」って、声をかけたら、

全くの偶然だと思うのですが、声を全然かけてない人までから、その類の連絡が来るようになってしまって。



その上、外の世界との情報交換会だったはずが、、



酒の席だったこともあり、ちょっと息が統合したかと思うと、今度は、とんとん拍子で、相手のピッチで話を進められて、気がついたら、、いつの間にか面接になっているじゃん。。。




だけど、これが一社だったら、まだともかくとして、、




そのうえ、男40超えて、、どこに行っても(今より)楽になるところなんてないんですよ。



「Bonzoさん、今の職場じゃチャレンジ足らないでしょ?それに、貴方の会社、これからもよくなることないですよ、そんなことBonzoさんだったらわかるでしょ?」 
余計なお世話じゃって思いつつも、口からは、「そうなんですよ。もう、今の会社じゃ、どんづまりなような気がして。もっと新しい商品も習いたいですし。」だって。。



「Bonzoさん、今やってる仕事、もっと大きな規模でやってみたいでしょ。もっと人つかって、やりたいと思ってることを具現化していってほしいんです。うちの会社じゃ、そのキャパがあるし、それぞれプロも揃ってるんです」
俺は一人で働きたいんだって。。



「Bonzoさん、あなたの仕事、今の会社じゃ全然評価されてないでしょ。 うちの会社は、そうじゃないんです。 きちんとあなたの仕事の見返りだしますよ。任せてください。」
今の僕の会社の現状を知ってるだけに、痛いところついてくる。しかし、僕の口からは、「いや、仕事さえおもしろかったら、給料なんて、僕はそんなに気にしてないんです。。」



「Bonzoさん。自分の歳考えてください。貴方そもそもフロントの人間でしょ。そろそろフロントに戻らないと、もう戻れないですよ。」
ちなみに、フロントとは、会社では花形部門といわれているが、勝手にそう錯覚してる人ばかりが集まっていることが多い部署でもある。よって、この人は暗に、「バックで働いているのはクズですよ」ってことを言ってる。



「Bonzoさん。うちはローカル主導です(東京主導)。もう日本の顧客のことだけ考えてやってくれればいいんです。くだらないことで、今貴方が多くの時間を費やしてる、ゲージンとのやりとりも必要ないんです。」 
(それはいいかも。。。)



「これからはBonzoさん、海外と会議する際は、ケチな電話会議とかじゃなくて、うちの会社では、ここの部を代表として、どんどん外に行ってもらって勉強してきてもらいたいんですよ。あなたも、そうしたいでしょ?」 
(いや、めんどうなんで、お遊び以外に海外なんて行きたいって一度も思ったことがないッス。)




結局、みんな、僕のことをを知ってる人からのお誘いのため、どこに行っても、今、もしくは、今以上の仕事を期待してるわけですよ。





気が付くと、、、もう外の世界はどうでもいいかなって。


ようは、自分が今より楽になるために、外の世界をなんてことを考えてる、ぼくが「あまちゃん」なんですよね。




しかし、心にはあまりないような回答してしまったこともあり、、、



相手方は、もう止まらなくなってきてる。





もう、ここらへんのスピードは凄いんですよ。






困った。 今までの倍以上、ストレスが増えてる。

Index of all entries

Home > 2007年09月

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top