FC2ブログ

Home > 2007年10月

2007年10月 Archive

間違い


先週約5年ぶりに新しいめがねを買っちゃいました。


ここ1、2年の間に、視力がかなり衰え、早々に買い替えなければ、、、と思っていたのですが、

何をするにも、お尻が重たい私です。


思いついてから行動に移すまでは、、、、というより、ほとんどの案件がそもそも行動にまでたどりつかない私でありますので、まあ、1、2年なんて早いほうでしょう。


で、このめがねなんと、6万5千円もしたんですよ。


といっても、いまの若い人たちから見れば、全然高くないのかもしれませんね。


とにかく、僕のめがね人生の中では、一番高い買い物ですね。 (まあ、それで、3、4年もつのであれば、安いもんなんでしょうが。)





と、ずらずら書いているんですが、実はそんなことが書きたいんじゃありません。



今日のネタは「間違い」です。



昨日そのめがねの受取りに店を訪れたのですが、なんと、めがね屋さん、右と左のレンズを入れ間違って、めがね作っちゃったんですよ。 あぁぁぁぁぁっ。 (っていうのは、きっとめがね屋さんですな)。

僕は右と左でかなり視力の差があるんで、左右、全然別物のレンズなんですよ。しかし、こういう差があるめがねって、測定してるときはいいけれど、かなり慎重に組み合わせしないと、凄い使い心地が悪いものができあがってしまうんですよ。 よって、測定された方も、かなりそこらへんをきちんと説明してくれてたんですがね。


しかし、


その僕の目を測定した人が注文書を書き間違えたのか。

それとも、

めがねにレンズをはめ込んだ人が間違えたのか。



特段、ぼくは絶対今日もらわなければいけない事情もないんで、「いいっすよ。 そんなに急いでいませんし、また、できれば連絡ください」で終わったんですがね。



もちろん担当の方は平謝りでした。



僕は、そういう人の姿を見ると、なんか同情しちゃうんですよね。



たとえ不注意であったとしても、故意的に間違いを起こす人なんてほとんどいないでしょうし。
ましてや生命に関することでもないし。




僕の仕事でも、ミスをすると大変です。  いまはジム方ですが、以前フロント(実際、お金をつかって証券を売買したりする仕事)にいた頃は、毎日びびりながら仕事してたもんです。


もちろん、僕もミスをしたことはもちろんあります。(ただ、幸い職場を退場させられるようなミスはなかったですがね)


ミスをしたからって、その損金を自腹で払うわけじゃないんですが、ボーナスの査定には影響するし、その後のエラー報告書、業務改善書、そのうえ上司や違う部署のお偉いさんから説教くらうしね。


しかも、お偉いさんは、実損のでるような実務的な仕事はほとんどやらないので、常に責任とらされるのは、下の実務担当ばかり。。 (これは、うちの会社だけの特長なのかもしれませんがね)



いずれにしても、更なるエラー回避のための根本的な問題の解決を探るなんてほとんどポーズばかりで、次、またエラーしたら、こんなにつらい目にあわせるぞみたいな叱られ方をするわけですよ。  確か、JR西日本では「日勤教育」とか言ってたと思うんですが、あそこまで酷くなくても、同じスタイルの叱られ方ですね。


なんか、そんなことを考えていると、あの店員さん(でなくてもだれかがね)も、同じように怒られちゃうのかなって思うと、どうも人事とは思えなくって。




うーん。 だけど、こんな「間違い」ってありかよっ! (苦笑)

Index of all entries

Home > 2007年10月

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top