FC2ブログ

Home > 2008年09月

2008年09月 Archive

復活、、、か?

昨日:9月最後の祝日のほとんども、マックと過ごすことになった。


この日も朝9時からマックサポートの人と、、、あれやって、つぎはこれをして、、、





だけど、ここまで、



こっちをやれば、あっちがおかしくなり、


あっちをやれば、こっちがだめになるの繰り返しで、、、





この日もまた、サポートの方の指示に従って、何時間もかかるリカバリーを処理を始めた。  



しかし、結局意図した結果にはつながらず。。。


そして、時間は4時30分。  


彼らの営業終了まであと30分。




急いで電話をかけてみるものの、案の定、人がいっぱいでつながらず。。





そうこうしているうちに、5時が過ぎ、、、次に、サポートを受けられるのは、来週末まで待たなければいけなくなった。





だけど、


ここまでくると、ほとんど全回復することはほとんど不可能に近いように思われ、

マックサポートでも、僕が、ほぼストーカー状態になっている感じもしないでもなく、、、



6000曲全部パーにしても、はじめからやった方が、すっきりするからいいかなって考えに変わってきた。




いまのままである程度なおっても、きっとどこか中途半端な部分が残るだろうし、、、


そのうえ、なおる保証もないのに、今の状態で週末までまつのもいやだし、


また、大事な週末を、電話片手に何時間も過ごすことを思えば、



ダメもとでもいいから、自分の好きなようにいじってみようって。




幸い、ここまでサポートを受けたこともあり、ちょっとばかり「仕組み」がわかったような気もしないでもないし。。。








ということで、好きにやることにした。







で、なんですが。。。






それなりの所に、、、、これが戻っちゃったんですよね。。。。





MP3ファイル等圧縮系ファイルは全回復。


復活させることができなかったのは、80%くらいのWAVE形式で保存した音楽ファイル。

まあ、実際、これもファイル自体は残っているんだけれど、曲の、アルバム名やARTIST名が入っているTagを復活させることができなかった。






何のことはない、マックサポートに一番始めに電話した時の状態に戻った。。。
(注:だからといって、マックサポートに電話した行為が無駄だったといいたいわけでは、ありません)






そして、その80%の楽曲情報を復活できなかったファイル(といっても1000曲はある)に、、いちいち、自分がその情報を打ち込んでいくなんて考えられないけれど、ファイルが残っていると、いずれやろうかな、、って未練がましい思いが残るのもうざいので、




全部、




削除してやった。





ざまあみろ!   って何にたいしてなのかはよくわからないけれど。




とりあえず、ざまあみろだ。 






思えば、


つかぬまの喜びが、頭痛のタネに一転し、

結果、9月の大事な二回もあった祝日のほとんどを、このくだらない作業に費やさせられるハメとなり、、、



それでも、当初意図していたことが、一応できるようになったはものの、


そもそも僕が意図していたことの動作保証をしていない機器で無理矢理やっている感じは否めず、


いつまた、おかしくなるかって状況。



そのうえ、まだ、ステレオの音は、もとに戻らないし、


かみさんが気づく前に、プリンターを使える状態に戻さないと、ぎゃあぎゃあうるさいだろうし、、、




仕事でも私生活でも散々な9月だった。








記録:
1 Time CapsuleにiTunesのライブラリーを作ってのiTunesの動作保証をAPPLEはしていません。 
2 いくらiTunesのライブラリー保存先をTimeCapsuleと指定しても、iTunesを立ち上げた時に、iMacがTimeCapsuleと接続していなければ、更新されるライブラリーは、iMac内HDのDefaultのiTunesライブラリーに自動的に書き変わります。
3 ようはこれが悲劇の発端です。
4 これを知らずに、ライブラリーを二つ作成してしまうと、、それなりにややこしいことになります。(僕の場合、そこに僕の無知な行動が加わり、今回の顛末に至りました。)
5 これを100%回避するには、iMACを立ち上げるか、iTunesを起動すると、自動的に、TimeCapsuleをiMACと接続する設定にする必要があるかと思います。(本でも読まないと、今の私の知識では、、できません)
6 iTunes等でみれる楽曲情報は、MP3圧縮系ファイルだと、ファイル自体に埋め込まれているみたいで、その後、好き勝手に移動しても、楽曲情報はファイルさえあればなくなることはない一方、Wavファイルは、その情報は埋め込まれていないので、たとえば、その後移動するにも、同じソフト(たとえばITunes)を使用して動かさないと、一旦ライブラリーに保存されている楽曲情報と、ファイルのリンクが外れると、、もうWAVファイルには、ファイル名(通常、曲名)しか認識できるものはなくなります。
7 これが原因(と思います)で、WindowPCとiMACから同じライブラリーを読み込まさせると、一気にWAV形式のファイルのリンクがはずれ、楽曲情報はすべて失われます。僕が痛い目に会ったのは事実です。
8 Time Capsuleは熱くなります。こんな熱くなるHDがそもそもBackup専用のHDとして使用しても信頼できるのかどうか疑問に思います。
9 そのうえ、Time Capsuleに 更なる外付けHDをかりに接続しても、Appleは、そちらの動作保証もしていないとのことです。 
  個人的には、この事実をAppleはもっと公にすべきだと感じるのですが。。
10 しかし、やはりCDの交換無しに、CDPLAYERと同レベルもしくはそれ以上の音質で、ステレオで聞ける、Air Mac Express : iTunesのこの組み合わせは、、、もう元の世界にはもどれないです。


最後に。。 APPLEロスレスとWAVE形式では、音質に差があるのでしょうか?(自分の耳で聞きたいのですが、週末まで音量があげられない。。)

Index of all entries

Home > 2008年09月

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top