FC2ブログ

Home > 2008年09月21日

2008年09月21日 Archive

日曜日。  今日も朝からiMacとの奮闘。


今日は、朝一にマックサポートに電話したこともあって、スムーズにサポートする人とお話することができて、、、



いろんなことが、正常に戻り始めた。


1 音楽ファイルはTimeCapsule内に作ったiTuneのライブラリーに全回復したように見えるが、はたしてそうなのだろうか?  

        とりあえず、ファイルはちゃんと残っているみたいだった。


2 WAVE形式でRippingした音楽ファイルは、iTuneで見る限り、曲名が残っているのみで、Artist名やAlbum名はなくなってしまっている。 ただ、MP3等圧縮した曲のファイルについては、曲名+Artistなど全部ちゃんと残っているが、これは何故なのか? 

        曲名とか保存されているライブラリーファイルが昔のハードディスクにあるものを読みに行くため、こういう現象になっているのではないか、、ということだが、いまいち私には言ってることが理解ができなかったのだが、サポートの言うとおり設定しなおせば、とりあえず、ごく一部のファイルを除き、Artist名やAlbum名もちゃんと回復することができた。


3 ファイルを回復した今も、iTune使用中に、ライブラリーが保存できないなどのメッセージがしょっちゅうでてくるのは、iTuneのライブラリーをTimeCapsuleに作成してのiTune及びiMacの動作保証をAppleがしていないことから起こる現象なのか?
        これも、ライブラリーファイルの場所がおかしいから、こういうことがおこっているみたいで、2をしたことにより、とりあえず解決されたようだ。


4 iMacのネット環境は復活したけれど、うちの他のPC(xp)やWiiからはWebに接続ができなくなってしる現状。    
        これも回復した。


5 ステレオに直結しているAirMacExpressもつながらないままだったけれど、これも回復し、再びステレオからiMacを通して音楽が聞けるようになった。
     

7 今の状態で、CDをiTuneに読み込ませようとすると、だいたい2,3分くらいで、なぜかネットから接続を解除されてしまい、その後、iMac側でどうやろうがネットに再接続できなくなってしまい、そして、唯一、TimeCapsuleの電源を切ることだけ(リセットボタンもきかない)でしか、ネットに再接続ができない。。。 という新たな問題。

        これも、2の解決方法でどうにか、、この異様な状態から開放されるはずなので、


「確認するために、一枚CDを読み込ませてみましょう」ということになった。




今から考えると、ここが今日のピークだった。。
この時点では、全てがおかしくなる前に(きっと近い)状態に戻ったように見えた。



ここで、CDがきちんと、読み込まれ、TimeCapsuleのHardDiskに保存されると、ほぼ、意図していたことが完結できることになるのだ。。。。







しかし、問屋はそう簡単に卸してくれなかった。 (どないな表現やねん。)



確かに、7で起こったような、途中でネットから解除されることはなく、きちんと全曲PCに読み込ますことができた。。。。





しかし、、、 


曲が保存された場所は、TimeCapsule側のハードディスクではなく、iMac側のハードディスクに戻ってしまった。




ありゃりゃりゃ。




そして。 そして。 また、ここから問題がでかくなっていくのである。



サポートの方「ちょっと、環境設定のiTuneMusicFolderの場所を見ていただけますか?」



そーすると、また、ここの場所が、意図している TimeCapsule側のFolderになってなければいけないのだが、なぜか、またiMac側のHardDiskにあるFolderに戻っているではないか。


サポート 「ここを直すために、iTuneの環境設定でもう一度、ファイルのありかの設定をTime Capsule側に訂正してもらえますか?」


私 「承知いたしやした」



そうすると。。



iTunesの画面上に見えている曲名の左端にある小さなカラムに、つぎつぎと、「!」印がつきはじめ、ライブラリを読み込ませる処理が終わった頃には、ほぼ80%の曲の横に「!」が付され、そして、これら曲については、ファイルが見当たらない、、とのことから、聞くことができなくなった。




あわわわわわわ。



そして、サポートの方は、

「これは、やはり、まだライブラリファイル(曲のファイルそのものじゃなく、曲の属性やファイルの位置などを記録したファイルらしい)が、iMac側のHDにあるものを読み込みにいくからそうなるわけで、

ライブラリーファイルの統合をすれば、、解決するはずです。」



ということで、iTuneの画面から、そのおっしゃるライブラリ統合処理を始めた。




そして、iMacやTimeCapsuleの中で、どうなっているのかよくわからないんだけれど、またまた、ファイルがどこかから、どこかへ移動しはじめたみたいで、終わるまで相当な時間がかかることが予想されることから、一度電話を切ることにした。


最後の確認内容は、

統合処理が終わると、全てが解決されるはずです。


? 今聞けなくなった80%くらいの音楽ファイルもちゃんと聴けるはずです。

? その後、音楽を読み込ませると、きちんと、TimeCapsule側のHardDiskに保存されるはずです。




そして、2,3時間後、ライブラリの統合処理が終わった。



? 聞けなくなったファイルのほとんどは聞けないまま。

? は、確認していないが、、、

? なぜか、iMac側のiTuneフォルダーに、沢山の曲ファイルが移しこまれており、、、


  結果として、全く意図していないことが再び起こってしまった。





そして、私はまた、MacSupportに電話せざるをえなくなった。




しかし、、時間は5時を過ぎていたことから、本日の営業時間は終わったあとだった。







これで、また、火曜日もこんなことしてつぶれるのかと、、、思うと。。。






もう、6000曲のファイルなんて、どうでもいいから、もう一度、はじめからPCにCDを読み込ませていこうかな、、、って心境になってきた。





(注:こんな結果になってはいるものの、Macのサポートの方は本当に親身になって教えてくれていることだけは事実であります。)

Index of all entries

Home > 2008年09月21日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top