Home > 2010年07月

2010年07月 Archive

イタリア 1-2 バチカン

  • Posted by: bonzofire
  • 2010-07-26 Mon 00:44:48
  • 2000 ITALY


朝の散歩を終えて、本当のツアー開始。
まずはバチカン。 
で、本来であれば、このサンピエトロ広場の奥の大聖堂の観光のはずなのが、
あいにく、この日は、法王参加のミサと重なってしまい、中に入ることができず。
結局、遠目で、大聖堂を見るだけに終わりました。

00030007.jpg

とにかく、初めての欧州なんで、見るもの全てが刺激的。
たとえば、この大聖堂だけじゃなくて、たとえば、この近くにあった、バスの地下駐車場。
地上にはこんな建物が目白押しなんだけれど、地下には大型観光バスが何十台って収容できる、
超近代化された駐車場があったことを記憶しています。
へえーすごいなあ~ たとえば、日本にはこんな駐車場、京都にせよ、東京でも見た記憶はないですよ。

00030009.jpg

そして、ここから、われわれはバチカン美術館に移動するんですが、、
その道中、バイクに乗ったガキに、「ナカタ~ ナンバーワン」って叫ばれましたね。
また、どこかでは忘れてしまいましたが、
ゲージンの子供がNAKATAとロゴが入ったT-シャツ着ていたのを見たときは、ちょっと感動しちゃいました。
へえ~、ゲージンのガキから慕われる日本人なんて、、きっと彼が初めてなんじゃないかな、、なんて。

00030028.jpg

バチカン近くのバス停。 こんなんでも、なんかアートしているように見えるのはなぜ?

00030022.jpg

で確か、ここら辺から、美術館に入るのですが、もの凄い行列が、できているにもかかわらず、
このツアーで使用したJTBの特権です、、とかなんとかで、
長い行列を横に、一分も待たずに美術館に入れました。

00030021.jpg

で、この美術館、、さすがに凄いんですが、
この当時は、まだフィルム写真の時代。 ちょっと暗くなると、三脚なしでは撮れなくなっちゃうんですよね。
もちろん、ミケロアンジェロの「最後の審判」がある、システィーナ礼拝堂
訪れましたけれど、やはり、写真は撮れませんでした。(ここはそもそも撮影禁止でした。)
大学時代、絵画歴史のクラスで、勉強した絵が、、 卒業してから10年超たって、
ようやく目の前に。。 その時の教授の熱弁とかも聞こえてくるようで、
ちょっと感情的になっちゃいました。

これら写真を見て思うのは、、、
、、、ローマには、もう一度行かなければいけない、、、って改めて思います。

00030024.jpg

Index of all entries

Home > 2010年07月

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top