FC2ブログ

Home > 2011年01月22日

2011年01月22日 Archive

ルンバ560 そのニ

ルンバ 続編です。


購入してから二週間目の感想です。


購入直後は、期待値に対して70点かな、、なんて書いた記憶があるんですけれど、

結構使えるんじゃないかなって思うようになってきました。


4万円のガラクタにしては、結構満足度は、今の所高いです。


では、

① 電子頭脳とかいいながらも、結構バカとしか思えない。 同じ所を何度も何度も行ってしまう習性がありますが、結局はランダムに走り続けるので、部屋全部はまんべんなくきれいになったような気がします。

② いない間に勝手に掃除してくれる、、ってのは、やはり嬉しいですね。 一応、ぼくのは、スケジュール機能なんてのがついていますが、そんなの必要ないですね。外出する前に、ポンってスイッチ入れるだけで十分です。

③ 床にある、あらゆる物に絡みます。 特に電源コード、レジの袋、靴下。 そして、ここがルンバの一番凄いところです。 ようは、ルンバを走らすためには、これらを奇麗にしなければいけないので、自ずと部屋を奇麗にしなければという意識感覚が働きます。

④ 一方、一番よくない点は、目に見える部分(ルンバが掃除できるところ)は結構奇麗になるせいで、見えない部分を掃除することが一層面倒になります。 実は、毎日床がピカピカになったせいで、この二週間、掃除機を走らせたことがありません。

⑤ 何故か、認識できる家具とそうでない物がある見たいです。 ぶつかる前に、スピードを落とすときと、そうでない時があります。そして、特に観葉植物などの植木鉢に対しては、思い切りぶつかってくれるせいで、いつも植木鉢がちょっとずつ移動していく、、うえに、絶対に植物にとってもよくないと思います。

⑥ うちのLDKは約20畳くらいあって、今現在週3回走らせています。といっても、勝手に走って、勝手に終わっちゃうんで、自分がすることと言えば、ゴミ箱を空にするぐらいですが、これが結構、埃とってくるんですよね。 どこから、こんなに埃とってくるんだろう、、って感じです。

⑦ で、この埃を空にするのが結構めんどくさいです。 というより、空にする際に、こぼしてしまいます。 もうちょっと、ちゃんとデザインできないもんかな。

⑧ 掃除の時間も、、きっとコントロールできないと思うんですが、だいたい一時間くらい走り続けて、充電場所に戻ってきます。 だけど、電池が、いまはやりのリチウムじゃないので、中途半端な状態で充電を繰り返すと、すぐに寿命がついえてしまいます。 ようは、これが一年に一回、一万円近くする電池を交換しなければいけない、、という所以です。 よって、すこしでも長持ちさせたいのであれば、きっと最安版の、電池がなくなるまで走り続けるのが一番いいと思います。 さきほど言った、スケジュール機能もとくに必要じゃないし、掃除の機能自体は、品番かかわらず、全部同じだそうです。

⑨ 日本の家電メーカーに作らせば、もっといいものができるんないかなって。 電池を少なくともリチウムにして、ゴミもとりやすくして、もうちょっと賢いAIをつめこんで、、などなど。 きっと特許ががんじがらめにかかっているせいで、類似商品が作れないんでしょうね。(なんで、こんなものをつくらないのか、、って不思議に思う程、部屋が掃除機にマッチ(床がガラクタに支配されていない)さえしていれば、便利な家電だと思います)

⑩ あまりにも便利なんで、いまのLDK用に一台と、もう一台、ベッドルームや廊下用に買っちゃおうかな、、なんて考えていたりもしています。

⑪ まあ、よくわかりませんが、掃除機走らせるより、電気代が激安だそうな。 電気代はともかくとして、排気ガスがほとんどないので、なんとなく、それだけでも気持ちがいいような。

⑫ 簡易用、サブの掃除機として、二年前にこんなものを買っちゃいましたが、まあ、用途は違えど、遥かにルンバの方が使い勝手がいいです。

R0012857.jpg

Index of all entries

Home > 2011年01月22日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top