Home > 2011年04月

2011年04月 Archive

心配 16


牧草から放射性物質
全国初、許容値超す 八街と市原の千葉県施設
2011年04月29日09時42分

 千葉県は28日、八街市と市原市の県畜産関連施設で、家畜の牛の餌となる牧草から、許容値を超える放射性物質が検出されたと発表した。農林水産省によると、牧草で許容値を超える放射性物質が検出されたのは初めて。 県は3月下旬から、畜産農家に対し、牛に生草を与えることや放牧の自粛を要請しており「市販されている乳製品や牛肉に基準を超える放射性物質が含まれている可能性はない」としている。(牧草だけではなく、牛乳や、牛肉そのものを検査した値を同時に公表してあげるとかの発想は?)

 福島第1原発事故に伴い、大気中の放射線量が通常より高まったため、県は3月19日に国からの指示を受け同月23日から、畜産農家に対し、放牧などの自粛を要請していた(この四日間のブランクの理由は? )

 農水省は放射性物質の調査対象を食品から牧草にも広げ、新たに暫定許容値を設定。4月14日に県に対し、検査実施の指示が出た。県が3カ所で調査した結果、南房総市以外の2カ所で許容値を超えた(国から指示できなければ自主的に検査ができないということでしょうか?)

 県畜産課によると、検出されたのは、いずれも県の畜産総合研究センター(八街市)と同センター市原乳牛研究所(市原市)で21日に採取した牧草。許容値は、ヨウ素が乳用牛70ベクレル、セシウムは乳用牛と肉牛300ベクレル、それ以外の子牛5千ベクレル。八街市では1キログラム当たり放射性ヨウ素90ベクレル、放射性セシウム350ベクレル、市原市ではヨウ素230ベクレル、セシウム1110ベクレルが検出された。

(新しい暫定許容値の前の許容値はいくらだったのでしょう? どう考えても暫定許容値は、以前の値より緩和されたとしか思えないなか、それをも上回っている、、ということでしょう? 牛乳や食肉も同時に検査したのでしょうか? 千葉県の牧草ですよ、もちろん放射能性物質は牧草だけにしか降り積もらないってことは、、あたりまえの常識ですよね。)




風評被害を恐れての隠蔽体質 ー> 逆に風評被害を招く 





Index of all entries

Home > 2011年04月

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top