FC2ブログ

Home > 2011年12月12日

2011年12月12日 Archive

グループ面接

本日は、新卒の面接に半日費やされることになった。

書類考査、第一次面接を、終えて、今回が第二次面接ということらしいのだが、そこに残ったのがこの五人。

1 日本人
2 ロシア人
3 韓国人
4 中国人
5 日本人(といっても人生のほとんどを海外暮らし)

みなさん、超一流の大学はもちろんのこと、平均三ヶ国語でお話ができます。 中には4カ国語という強者も。

で、なにをやるかというと、

ある資料を渡されて、決められた時間その資料を勉強してもらったあと、
15分間のプレゼンテーションをやってもらい、
その後、そのプレテンの質問をぼくらがやるわけです。

それが終わると、今度は、グループディスカッションをやってもらいます。

決められたお題を与えられ、5人でそれを討論させ、結論にまでもっていってもらうというものです。

これら、プレゼンテーション、質問、ディスカッション、全て英語で行われます。


こんなことに私がお呼びされていることも???ではありますが、

もし私が逆の立場だったら、、なんてことを思うと、小心者のアタシは、それだけで、もう胸が苦しい。。
(ちなみに、私が逆の立場であれば、まず書類選考で「確実」に落とされてしまいますがね。)

みなさん超真剣勝負なので、こちら側からも気の効いた質問ができなかったら失礼だろうし、
後に控える、こちら側(評価者だけの)のディスカッションでも、それなりの評価を下さないと、
それはそれで、かなりつらくなるの間違いなしで、、

正直、本日のこのイベント、全く参加したくなかったわけであります。


だけどですね、、 今回の面接を終えて、 同じ題目で続けてプレテンとかやると、

履歴書を見る限り、超優秀、、だと思われた人ばかりでも、

プレテンでは、
きちんとお話をまとめられる人、できない人。
何が重要で何がそうでないかを抜き出すことの出来る人。
事実を述べることだけで終わるひと。
聞いてる人の視点を考慮しながら事実を述べられる人。
与えられた資料の中から、要点を何点か抜き出し、さらなるストーリーに発展することが出来る人。
アメリカのドラマによくでてくるような弁護士の様に、やけにアクセントをつける割には、
中身はあまりわかっていなさそうな人。。

と、結構差がでてきます。。

グループディスカッションになると、
どう自分の意見をアピールする、どう相手に譲歩する、どう相手の意見、見方を尊重する、
だれが、グループの中で、どういうロールになる、
また、だれがリーダーシップをとる、その手法は、、、等々を観察するわけです。。


大変だと思いません??



今回の候補者なんて、、そんじょそこらのオツムのいい人じゃないわけですよ。

それでも、ここまできて、まだこれだけの競争にさらされるわけです。。



バブル時代の全盛期、ほとんど顔パスで就職してしまったこの私(今とは違う会社です。。念のため)。

お父さん、お母さん、ぼくを、あの時代に就職できるように産んでくれてありがとう!!


Index of all entries

Home > 2011年12月12日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top