FC2ブログ

Home > 2013年07月10日

2013年07月10日 Archive

北スペイン 2-2 ビルバオ グッゲンハイム美術館



では、美術館、外観であります。
このグッゲンハイム財団による美術館、ニューヨークやドバイにもあるそうで、
一時は日本にも建設が予定されていたそうです。
(緑のパッチの所は、市電が走っているところです。)

DSC_0218.jpg

その中でも一番有名なのが、本場ニューヨークと、ここビルバオだそうです。
展示物は、近代美術、前衛美術中心ということですが、
そもそも、展示物より、この建物の方が有名?、、、と思うのは僕だけじゃないと思います。

DSC_0226.jpg

この、蜘蛛のオブジェ、六本木ヒルズにもありますよね。
もち、同じ人の作品です。

DSC_0290.jpg

美術館の後ろ半分は、水の入ったお堀に囲まれているのですが、
一時間おきにここから霧がでてきて、美術館が雲の中に埋もれているような光景をみることができるそうです。
たまたま、その時間に当ったので、その光景が見れるかと期待したのですが、
霧の噴出量があまり多くなく、、埋もれているようには見えませんでした。。

P6260073.jpg

はい、そして、こちらが目玉の展示物の一つ。(後ろの方にある色のついた物体です)

DSC_0323.jpg

こちらであります。
花で覆われた「犬」のオブジェです。
作品名はパピー(Puppy)、、ですが、こちらの人はそのままスペイン語の読みで、
プピーと呼ばれているそうです。
ちなみに、英語でこの発音だと、、、 意味することになります。

DSC_0264.jpg

余談ですが、水はオブジェの中から染み出る仕組みになっているそうですが、
この給水時に来ると、溢れ出た水が、口の所から「よだれ」のように垂れるそうです。
それは、それで、一見の価値あり、、とのことでした。

後ろの高層ビルが、イベルデローラの本社ビル。
かなりアグリーだと思います。



Index of all entries

Home > 2013年07月10日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top