FC2ブログ

Home > 2013年10月26日

2013年10月26日 Archive

英語のお話



僕が出張が嫌い、、なのは色々理由があります。
何を言っても、そもそも出不精、超人見知り、慣れてないところに馴染めない、、
という理由もあるのですが、
一番いやなのは、、、英語なんですよね。

P1180086.jpg

私の同僚にこれを聞かせたら、、、、「うそ〜、、信じられない〜」
なんて言われかねないですが、、実はこれが本当の理由です。
だって、一日の半分は、海外との仕事やってるわけですから。

P1180087.jpg

だけど、実際、私のゲージンとの仕事は、97%くらい、メールのやりとりなんです。
電話で会話することなんてほとんどないんです。
会話の必要がない、、、んじゃなくて、ある時、メールの方が自分の伝えたいことが一番伝わる、、
って、どこかの時点で気付いてからは、よほどのことがない限り
メールでしか仕事をしなくなったんです。

P1180088.jpg

で、それが出張、と何の関係があるの??  なんですが、
それが、メールであまりにも沢山の人と、ほぼ毎日仕事の連絡をとりあっていることもあって、
海外の人は、僕には英語の問題がほとんどない、、と思い込まれてしまったことが理由なんです。
だから、それと出張と何の関係が?、、なんですが、
実際、やつらと会話すると、そういった思い込みのせいで、全く容赦なく英語で話しかけてくる。
それが困るんですよ。

P1180094.jpg

僕は英語の世界で10年間(といっても30年以上前の話ですが)生活していたんですが、
それはアメリカの中東部で、どちらかというと南部訛りが強く、また、話すスピードも結構遅い。。
何が言いたいのかと言いますとですね、、
ぼくがやりとりする、多くのロンドンで働いている、イギリス英語訛りやドイツ語訛りのゲージンや、
シンガポールや香港で働いている、東南アジア訛りのシングリッシュとか、
全世界のIT系のインド語訛りの英語を話す輩が、僕に容赦なくがんがんしゃべってこられても、
僕が理解できるのは、7、80%くらい。。

P1180089.jpg

恥はかきすて、、 正しい使い方じゃないですね。。  とにかく、現地に行って、
「なぁ〜んだ、お前、たいして英語しゃべれないんじゃん、お前ができるのはメールだけかよ(そうなんですが)」
なんて思われるのが嫌なんです。。
もう、ここまで、みんなをだまして15年近く、この会社でやってきたので、
この会社とおさらばするまで、あと数年、、いまのままで、、、終わりたいじゃないですか。

P1180177.jpg

ちなみに、なんでこんな話をしてるかというとですね、、、
今回の出張、、はシカゴだったんですが、、

自分が10年暮らした街の近く、、ということもありまして、
やつらの言ってることが、ほぼ100%わかるってことを発見したんですよ。
(きっと、これが、今回の顧客のための、うちのシカゴオフィスツアーが失敗に終わらなかった一番の理由。)

街の人たちとも、ほとんど何のギャップもなく、今でもそこで暮らしているようにしゃべれちゃう、、

実は、今の会社に来てから、、、 
僕レベルの英語の能力で、どうやって、アメリカで10年も住んでたんだろう、
なんて思うことが何度かあったのですが、

な、なるほど、そういう事だったのか、、って、改めて気付いたんですね。


今回シカゴの滞在、3日間もなかったんですが、、


そうか、、米国にいた時は、それなりに生活できてたのかもしれない、、

なんてことを思い直すことができた、、、 だけでも、ちょっと嬉しかった旅行になりました。

Index of all entries

Home > 2013年10月26日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top