FC2ブログ

Home > 2014年06月15日

2014年06月15日 Archive

Joni Mitchell "California"



「奇才」、、 彼女こそ、この言葉がびったりあてはまる人はいないんじゃないかな。

とはいいつつ、
彼女の音楽は、、そうだなぁ〜、、高校時代の後半に初めて聞いて、さっぱりで、、
大学時代にジャズの奇才、ジャコ・パストリアスと共演してるからと、もう一度聞いて、、
その時も、さっぱりで。
そして、社会人になって、アコギでひとりでペンペンやっている際に、
オープンチューニングの技巧に関する記事を見て再度彼女を聞いて、
そのとき初めて、なるほど、確かに奇才なのかもしれない(遅すぎるわ!)って、感じた次第です。



まあ、オープンチューニングなんて、どうでもいいんですが、素晴らしい作曲のセンスだと思います。
ただ、彼女が世間で奇才と呼ばれる所以は、作曲能力だけじゃなくて、
彼女の生き様を含めて奇才、、と呼ばれる訳ですが、
なかなか日本人にはわかりにくい話だと思いますし(僕もあまり理解していません)、
歌詞も難しくてよくわからないし、、、、
だけど、そんな七面倒くさい話はさておき、、



彼女の奏でるメロディー、、これを聞くだけでも、
十分「奇才」と呼ばれるに値する才能の持ち主だということがわかるんじゃないかなと思います。




Index of all entries

Home > 2014年06月15日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top