FC2ブログ

Home > 2015年08月16日

2015年08月16日 Archive

戦後70年

DSC01131_2015081612454536b.jpg


あの戦争から今年で70年、

確かに節目に相応しいが、別に今年だけじゃなくて、毎年この時期になると、戦争に関する番組が、
どの時間でも、どこかのチャンネルで一つくらいはやっていて、

どの番組もテーマはだいたい同じ。。

たくさんの若い人が「お国のため」って一言のために亡くなり、
空襲や原爆で何万人もの罪もない民間人が殺され、
戦争は悲惨で、二度とおこすことではない、、、、と。


僕も、この手の番組を結構見てるのだけれど、

やはり、この悲惨な戦争については、これからもずうっと語り継がれていくべきだと思う。。


しかし、こういった番組を見て、いつも僕が複雑に思うのは、
ほとんどの番組が、、 戦争の結果、、こんなひどい目にあった、、視点でしか作られていないこと。

ほとんどの番組で、
誰の責任で、こういうった悲惨なことになったのか、、
そして、この悲惨な結果を招いた人は、どう責任をとったのか、、
ってことが語られないのが、不思議でならない。


何の罪もない若い人たちが、何故こんな無謀な戦争に駆り出されたのか、
特攻でなくなった人の悲惨な背景には、どれだけ国民の命を軽視した人たちの戦略があったか、
軍のプライド維持のために降伏をいたずらに引き伸ばし、その結果、さらに何万人もの命が失われたとか、
民間人を拷問にかけたりした特攻警察は、だれの責任で設立されて、その後どんな責任をとったのか、

東亜の植民地支配からの解放、国家の繁栄、存命、
天皇陛下だって、他国の侵略なんてさらさら考えてなかった、なんて語っているけれど、
そんな大義名分はどこえやら、、

テレビの番組を見て思うのは、ただ一つ、、

その当時の指導者が、国民の命をどれだけ軽視していたか、、
(国民だってこんなものなのだから、外人の命はどうだった、、
なんて、中国や韓国から批判される前にだいたい想像できるとも思うんだけれど。。)

話はかなり飛躍するけれど、

原発事故、国立競技場でもそうだ。。

これはおかしい、、他人目線で「そうだよね〜」くらいを訴えることはできているとは思うけれど、
問題の本質の部分、なぜ、だれの責任で、どう反省して、今後はどうする、とかになると、
あいまいのまま放置されているせいで、
ほとぼりが冷めて、気がついたら、問題を起こした人間が居残って、そのまま今迄の仕事やってる、、


戦争が終わって70年、80年、何年でもいいんだけれど、

同じ事を繰り返したくないのであれば、もう少し視線を変える必要とあると思うのだが。。


CI55B79UsAE1CxG.jpg





  












Index of all entries

Home > 2015年08月16日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top