Home > 2017年09月

2017年09月 Archive

太田記念美術館 月岡芳年 月百姿展


http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/月岡芳年%E3%80%80月百姿

今日は、明治時代の浮世絵師、よって最後の浮世絵師とも呼ばれる、月岡芳年の月百姿展に行ってきました。
詳しい解説は、上のリンク先で読んでください。

とりあえず、この月百姿展というのは、全部で100枚の月にちなんだ物語や説話を題材とした作品で、
平安時代や戦国時代の武将たちや絶世の美女、幽霊や妖怪、滑稽な戯画など
、様々な題材を用いています。
すべての作品に、画題は句がついていて、その解説を読みながら絵を鑑賞するのが楽しいです。

で、中でも今日見たかった作品はこちら、

tsukihyakushi_tukiokayoshitoshi_038.jpg

『はかなしや波の下にも入ぬへし つきの都の人や見るとて 有子』(1886年) 月岡芳年

描かれている有子さんは、琵琶が得意な厳島の巫女なのですが、都から参詣に来た偉い人に恋をしてしまいます。
しかし所詮は報われぬ恋。悲しみに暮れた有子さんは、琵琶を携えながら入水自殺してしまいます。

(大変恐縮です、イタリックは他のブログより無断で拝借させていただきました。大変申し訳ありません。)

とのことですが、、解説はともかく、この作品でどこに月があるかわかります?
月は、絵の波の左側、月の光が波を照らしているところで表現されています。
とてもいいセンスですよね〜。

tsukihyakushi_tukiokayoshitoshi_015-691x1024.jpg

eb39f8e5bd1713f8b1ddf3768a7dc95f--block-art-japan-design.jpg

adec5a37a53a59bb8164e83723a12875.jpg

lgp01a201403031200.jpg

いやあ、とても楽しかったです。

Index of all entries

Home > 2017年09月

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top