FC2ブログ

Home > 2018年03月09日

2018年03月09日 Archive

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜 東京都美術館 上野 東京



先週末に行ってきた展覧会です。
展覧会の詳細はこちら→http://www.ntv.co.jp/brueghel/highlight/

Brughel tower babel

プライベートコレクションで、ほとんど日本初公開、、それに親父からちょうだいしたただ券で、
かなり楽しめるのではと期待して出かけたのですが、、
ぼくみたいなミーハー鑑賞家、テレビとか雑誌でみたような絵の現物を目で確かめに行ってよろこんでるバカ、
には、ちょっと、、期待倒れ、、でした。
一方150年を超えるブリューゲル一族の歴史を辿るとか、もっと玄人っぽいことに興味がある人にとっては、
とっても面白い展覧会だったとも思います。

Brughel winter scean

そのなかでも上の作品はミーハー受けする有名な方だと思いますが、かみさんはこの絵をみるなり、
(左下の氷上の人たちを見て)「カーリングってこの頃からやってたんだわ、、」だって。
はたして、それは正しいんでしょうか。。(画像をクリックするとちょっとだけ大きくなります。)

ただ、、こちらは、そもそも上野西洋美術館所有の物のはず。
それに、こちらは、初代ブリューゲル(父)のではなく、何枚も父の作品を模写した息子の作品。
こちらは保存状態も出来栄えもいい作品と言われているらしいですが、
並べてみないとよくわからないくらい似ている作品が世界中に何十枚もあるそうです。

また、、ご存知な人もいるかもしれませんが、この作品は旧松方コレクションに属するもので、、
この旧松方コレクションに関する話は、いずれ映画とかになるんじゃないかなって思っています。
もし興味ある人はググってみてください。

Brughel flower
Brughel insects

そして、下の作品が、今回の展覧会、ぼくのようなミーハー鑑賞家の目玉。 
完成度は他の展示品対比で、まったく違う出来です。
ただ、、、、今回の展示会でミーハー受けする作品は、、これのみでした。。

Brueghel nouen

というより、、、 悲しきかな、、
この絵より、、、今展覧会のホームページの完成度の高さ http://www.ntv.co.jp/brueghel/
の方に感心しちゃいました。。

Index of all entries

Home > 2018年03月09日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top