FC2ブログ

Home > 2019年09月23日

2019年09月23日 Archive

『アド・アストラ』



土曜日丸一日腹痛で無駄にしてしまった翌朝
こちらの映画を見て気分挽回、、と目論み、朝一に映画館に出かけるものの、、
こちらの映画、、

(ネタバレしてしまうかもしれませんので、、 ご留意お願いいたします。。)

手取り早く話しちゃいますと、地獄の黙示録 の、宇宙版でございます。



しかし、、(単なる僕の意見です)

本作を上回るのは、、ブラピといえど、、ちょっと厳しかったかな。

そもそも、宇宙という設定に無理があります。
まあ、映画なんで、、しょうがないんですけれど、ツッコミどころが多すぎて、、、
といえど、今、地獄の黙示録を見ると、同じように感じるのかもしれませんが、
僕の記憶では、、あちらの方は、もう少し、現実をベースにしたファンタジーというか、
あと、音楽がよかったな。 最後の場面のドアーズの、”The End"なんて鳥肌もんだったな。

話が、違う映画の方に行っちゃっているのですが、
こちらの映画で思ったこと。

映像が綺麗です。

そういった意味で、、これまたずうっと前の映画の話なんですけれど、
その大昔見た、カプリコーン・ワンって映画を思い出してしまいました。



確か、火星に有人探索を行い、人類初の火星着立を果たすものの、帰路に宇宙船の故障で爆発、
三人の乗組員も全員死亡、、となるわけですが、
実はこれはNASAの予算確保のためのすべて芝居、
しかし、乗組員はこの事実を知らされていないので、結局は秘密を守るため抹殺される予定だったのですが、
それに気づいた乗組員が、脱出を試みる、といった映画なんですけれど、、

そんなこと全く知らない国民は、、テレビで放映されるスタジオで撮られた火星着陸の映像を、
みんな本物と信じるわけですね。

何を言いたいのかというと、、 今の映像技術だったら、
そんなことも、いとも簡単にできちゃう、、、、

そんなことを強く感じた映画でございました。。  
(すみません、、、こんなの感想じゃないですね。。)

ちなみに鑑賞後、うちのカミさんとは、この前みた、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 のブラピと、こちらのとで、どちらがカッコが良かった談義に終始。

カミさんは、こちら。 僕は、、圧倒的に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。


くだらねぇ。。













Index of all entries

Home > 2019年09月23日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top