fc2ブログ

Home > 2022年08月21日

2022年08月21日 Archive

松葉杖からサポーターに。


P1810969.jpeg

8月1日から使い始めた松葉杖、昨日卒業して、サポーターに変えました。
結局、ほぼ三週間松葉杖を使ってたとことになります。

しかし、写真、そもそも汚い僕の足の写真、誠に申し訳蹴ないのですが、、を見てもわかるように、
まだ、骨折した左足は赤く色づいていて、少し腫れているのがわかると思います。

これでも腫れはかなり引いたんですけれど、
まだ触ると少し痛いんですけれど、こんな状態でサポーターに変えても大丈夫なのかな。。

実は、先週の水曜日に整形外科に行って、その際に、お医者さんからは、
「レントゲン写真では骨がくっつき始めているのが見えるので、もし、今日靴を持ってられれば、
松葉杖返していただいて、サポーターで帰ってもらって大丈夫です。」って言われたんですね。

しかし、当日、僕は靴は持っていなかったのですが、
それは、その時点では、まだかなり足は腫れていて、
まさか、もう松葉杖が卒業できるなんて、夢にまでも予想していなかったんですよ。

なので、先生にも、そのことと、まだ少し痛みがあるんですけれど、、と話したのですが、
「であれば、自分の具合を見ながら、サポーターにスイッチしてくだい」と。。

そんなこと話さなくても、先生が、直接、足を診てくれてたら、
相当無理をしないと、サンダルでもない限り、足はまだ、靴に入らないくらい腫れていて、
ましてや、サポーター付けたりしたら、絶対に靴履けない、、ってことがわかるはずだと思うのですが、
僕の今回の骨折(くるぶしの剥離骨折)くらいだと、
お医者さんから見たら、時間がたてば自然に治る、、くらいにしかみてないからなのか、
レントゲンの写真で異常が見える もしくは、
こちらから、なにか特別に訴えることでもしない限り、
お医者さんは、レントゲンの写真を見ながらお話しするくらいで、、
患者を見る、部位を見る、触る(僕の足が汚いからかもしれませんが)こともないんですよね。

かみさんに言わせると、きちんと話せない、お前が悪い、なんて詰られるんですけれど、

同じ場所の骨折は今回で3回目になるのですが、
前回、前々回も、お医者さんは違えど、レントゲン写真を見て話す、診療スタイルはほとんど変わらず、、でしたね。

まあ、もうしばらく我慢すると、、元に戻ることを祈りまして。。

P1810970.jpeg

Index of all entries

Home > 2022年08月21日

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top